2010年04月30日

城南ジャム

ゴールデンウイークはいかがお過ごしの予定ですか?
僕は一足お先に、城南島で行われたお祭り、城南ジャムを楽しんできました。

天気も最高!
ライブ、スケート大会、美味しいお食事などなど、1日では盛りだくさんすぎて
遊びきれない程の内容でした。
あの芝生エリアでノンビリ初夏を満喫するのには最高のシチュエーションです。

DSC03831.jpg

先日の秘伝のタレを現場で納品しまして、息子、もとい発注主は納得のご様子。
いやーよかったよかった。
そのままふんだくってどこかへ行ってしまいました。

DSC03829.jpg

キャンプ場に行くと、秋山シェフのブースがあり、炭火でハンバーグを焼いています。
しばらく眺めていると

DSC03859.jpg

なんとアキバーガー完成!
皆さん晴天の下、美味しそうに食べておりました。

DSC03861.jpg

大量オーダー間に合わず、アキさん手こねバーグをペッタンペッタンしております。
おなじみ大田クルーおしどり夫婦もペアルックでご機嫌です。
ここが僕的にはノンビリ落ち着けるスポットですヌ。

DSC03892.jpg

ライブ会場はこんな感じ。
広々してて、風邪が気持ちよくてみんな仕上がって踊ってブチアガリでございます。
こちらのクルーのサウンドシステムも気合いバッチリで、JBLの巨大スピーカーを何本も積み上げ
ズコンズコンやっております。
当然、音も最高です。

晴れた、風の気持ちいい日に恵まれて、海の方へぶらりしたりパークで滑ったり
出会いも様々ありまして、ホントにいいパーテーでした。
実はここ2年程雨の為やむなく開催できず、大井町のクラブでのパーテーとなっておりましたが
やっと城南島で開催出来て感無量だったと思います。


そんな素晴らしい催し事に、弟もすっかり満足げなご様子。

DSC03866.jpg

とても年下とは思えぬ貫禄出まくっとりました。

ちなみにこの辺りの砂地地帯では潮干狩りも出来るそうでアサリなんぞ掘り起こせるのだそう。
近々、大潮周りを狙って、潮干狩 to パックリ醤油チョッコリスタイルのBBQ
なんてのも素敵すぎですよね。


どうも最近、東京湾奥も自然が回復しつつあるようで、ウキウキしてきますヌ。
極秘情報によりますと、アゲハ近辺ではクロダイが獲れるそうです。
信じがたい聞いた話ですが、ヘチで57cmってのが出たそうです。
ポールダンスも捨てがたいですが、こりゃやべい!
いっそのこと、ポールダンス釣り船企画したいッス。
ダンサーに航海士をやってもらいましょう。

気水域って昔から好きなんですが、本来の状態に戻っている証拠だと思います。
いつかは品川、大森あたりの海苔漁の復活、アオギスも戻ってきちゃったりしたら
マジ最高なんですけどね...。
まあ自分が生きているうちにそのくらい期待したいですね。


多摩川、荒川水系のパトロール、行きたくなりました。
杉丸出船も近いうちに。
今のうちに教科書見て復習しておきます。
只今、浮輪持参実験台船員、募集中。
posted by sexysugi at 00:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

お写真勉強

毎度毎度毎度毎度毎度毎度毎度毎度毎度
ってほどのあきる野なんですが、最近様々なアングルで思考をこらし写真をパチリンコしています。
写真家セクシースギ、と言っても疑われぬように、アーティスティックでいい感じに見える
白黒にしてみました。

先日なんて、ばったり5050ダンナに遭遇しまして、嬉しさのあまり目線入りグラインドです。
ダンナらしい力の抜け加減、いつもぶいしーな滑りをありがとう。

DSC03700.jpg

こちら、あきる野サティアンヌは細かいところが進化していまして、現在このようなエクステウォールが出来ています。
これまた僕は地味に転んでデッキが踵に当たり、さながら痛風患者みたいになりましたが
何気に夢中になってしまうセクションです。

DSC03785.jpg

もちろんゴリッつあんも。
このコーピング、最近はスムーズに育ってきまして割とやりやすくなってまいりました。
コーピング継ぎ目の溝に何か埋めて、これまた進化しとります。

DSC03747.jpg

DSC03742.jpg

皆さん揃って「アンタも好きねぇ〜」です。
なんでこんなしてサマーランドの先まで毎週行かずにいられないのか未だナゾですが
中毒患者であることは間違いなさそうです。

どんだけ遠いかといいますと、子供の頃、父にサマーランドへ連れて行ってもらいました。
その時父は何を血迷ったかおもむろに都心でタクシーを拾ったのです。
1時間後、到着すると運賃は当時の価格(初乗り3〜400円)で15000円でした。
ってなくらいの無駄な遠さです。

でもなもし、行っちゃうんですヌ。どうしても。
で、チョロっと滑ってオッサンすぐに疲れちゃうので、休憩中は仲間をモデルに写真の練習をしています。


ここまでの写真は僕が撮影したものですが、当日、現場でばったりスタイルで会った
大田クルー写真家T師による写真がこれです。

df7_o.jpg

この写真いいでしょ?
でも被写体の躍動感の無ささ加減にイヤになっちゃいますよね。

ドゥフ


観ればみるほどに、撮る人によって構図や光の強さや色みが、ぜーんぜん違うわけなんですよ。
この難しさがまたさらに写真の魅力に取り憑かれてしまうわけです。
頭8分目くらいにしておきたいところですが、苦悩はしばらく続きそうです。

う〜ん写真。
楽し難し勉強中。
posted by sexysugi at 00:28| sk8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

フラ汁4.0周年

先日、某原宿5階のクラブで行われた、フラジールチェア4.0周年パーテーに行ってきました。
なぜチェアかと思うでしょ?
最近はファニチャーの取り扱いもあるそうで、現在オシャレチェアを販売されているとの事。
チェキラッチョメン、替え玉ハリガネでお願いします。

自慢ですが僕はオープン当初から足蹴く通っておりますのでいわば常連と言って過言ではありません。
入り口の強面店員さんからゲストネームをチェックされ、写真家のスギです。
と言うと、あっさり入場できました。
当日、会場では杉さんの写真展をやっていたのです。


到着するといつもの3人衆がお出迎え!

DSC03789.jpg

左から、フル君、ヤスロー君、ヨウヘイ君です。
いつもお世話になっております。
コールテンのズボン、近々買いに行きますね。

会場は皆さんお酒大好き全開で、仕上がりまくっております。

DSC03798.jpg

踏切女神の姫も久々登場して、相変わらずの硬派っぷりを出しておりました。
セクシー亭、寿司師匠に瞬間移動雑誌での写真掲載の件を報告したところ、混乱が多いので
今後セクシースギでのクレジットは今後止めて欲しいと、念を押されてしまいました。
どうやらセクシー亭はクビらしいので、今後はsexsisugiに変名となりそうです。

DSC03792.jpg

壁には杉さんの写真が飾られていましたが、やっぱり「写真」としてのクオリティが高いのです。
初めて師の作品を見ましたが、発見が沢山あります。写真は奥が深いのです。

DSC03790.jpg

お祝いですので、色んな方がいらっしゃっていました。
もちろん、パーテーといえば絶対かかせない、IK師も当然いらっしゃいます。
そんな素敵なパーテー、盛り上がりすぎてすぐに5時になってしまいます。


帰りは渋谷駅ガードしたのそば屋で、ざるを1枚攻めてアウト。
お連れの方が店員さんのお友達だったらしく、唐揚げをサービスして頂きました。
このパーテーの前にあきる野でお滑りしてきましたので唐揚げの美味しさはひとしおでございました。
posted by sexysugi at 15:31| party boy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

ドシブ定食

古いものばかり、掘り下げすぎて....。


現代のテクノロジーにやや取り残され気味だった僕はETCなるものを愛車に装着しました。

するとどうでしょう。
いちいち料金所でお金を出したりせず、そのまま料金所をスルー出来てしまうのです!!!
す、す、す、素晴らしい。
こんなにも便利な機能があったとは。


実を言いますといちいち車載器を取り付けて、登録だのメンドクサかっただけなんです。
最近ではシガーソケットで利用できるものが出回っており、使わない時はしまっておける。
という便利ETC車載器をゲットできたのです。



てなわけでランチを食べに小田原へ。

DSC03679.jpg

かなり古い建造物です。明治26年創業の登録有形文化財なのだそう。

かつて網元であったここのお料理はお刺身、天ぷらなど美味しい和食がいただけます。

DSC03686.jpg

店内の装飾もドシブ!!
この窓の飾りとかヤバいですよ。

DSC03682.jpg

こんな素敵な内装を眺めながらお食事が出来ます。
値段もリーズナブルです。
こんな古くからある建物が壊れずに保たれているのってすごいですヌ。
まだ観た事が無いやたらでかい大広間とかありますので行くたびに発見がありそうです。

DSC03680.jpg

気取っていなくて、でも上品で魅力的。
すんばらすうい!!
食事も美味しいので速攻で食べ終わりランチ終了。
小田厚〜東名で戻ってきます。

僕のカワイコちゃん、町中では4000回転くらいしか回さないので、ここぞとばかり
6000弱まで引っ張り上げます!
良い排気音しますよ!!
たまにはこんな昼食もアリでしょう。


フランクロイドライトが設計した帝国ホテルとかもいいですヌ。
箱根の富士屋ホテルでは師が訪れた記念で創られたオリジナルカクテルがあるのだそう。
こちらのカフェのフレンチトーストが絶品らしいので今度はここを攻めようかと思います。
だいぶ先輩の知人で、朝このフレンチトーストを食べて厳寒期の芦ノ湖の湖上で
ホットウイスキーにバターを少し浮かべて飲まれる、という師がおりますが
その行動に対しての関心が増してきた気がします。


箱根の峠を車で攻めてホテルでお茶するとか
趣向がだんだんオッサン臭さを増しつつある今日この頃でござんす。

来年あたりにはジジイになっていますので今後とも末長いご愛読、宜しくお願い致します。


追伸

古いものばかり追い求めているとはいえ、僕はノスタルジーに浸っているわけではありません。
歴史の順番としては過去のものと認知されますが
現に、明治時代を体験しているわけではないですし、自分自身にとってみれば
未体験なものに触れているわけで、感覚としては「新しさ」を体験しているような気がします。
実際、過去のものを堀り下げる程に新しい発見が山ほどありますし、現在起っている現象のルーツに
たどり着いたりもします。
物心ついた頃からなんの疑いも無くこのような思考をし続けておりますが
僕はおそらく、死ぬまでやっている事でしょう。


温故知新という言葉はとてもシンプルで解りやすく、使いやすい言葉なのですが
もはや、この言葉だけでは語りきれない
許容範囲を超えた「感覚的な理想」があるのです。


なんとなくですが「歴史をDJプレイしている」ような頭の中身なんです。
posted by sexysugi at 14:36| gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

秘伝のタレ受注

土曜日のフラジールのパーテーのチラシに「photo sugi」とありました。
最近写真のオファーを頂いて、自意識過剰な僕は
ちょっと出すなら事務所通してよお!
先に言ってよお!
と、スタッフY師に電話したところ、とんだ杉違いという事が発覚しました。
杉さん、というフォトグラファーが存在していたのです!!
失礼しました!!ごめんヌ。
自意識過剰と勘違いだけはカンベンですヌ。
これでまた、sexysugiのニセモノ加減が際立ったような気がします。

てなわけで、みなさん当日盛り上がりましょう!!



さて。
先日、某ダンナより秘伝のタレの受注がありまして、じっくりまったりヌリヌリさせて頂きました。

以前もご紹介致しましたが、ここはあえてもう一度作業工程アンコールでございます。

朝(?)曲がり軽合ドロップバーをちょん切って、ぶるホーンに変更し。
そして秘伝のタレ仕上げ。
という、内容です。

別の大森某ダンナもカーブボックスの制作工程を紹介しておりましたので
僕もそれに肖りまして真似しました。


DSC03672.jpg

まず、ドロップバーのいらない部分をカットします。
このパイプカッターも4代目です。
さんざんぶった切ってきましたので、おかげさまですっかりパイプカット名人です。
この工程は切り口のやすりがけが一番楽しいです。綺麗に仕上げます。

DSC03675.jpg

バーテープをマキマキします。コットンは伸びが無いので、曲線部分の巻き具合にコツがいります。
端は麻ひもで止めるのですが、だいぶ職人的な動きになってまいりました。

DSC03676.jpg

例のタレをヌリヌリします。
異なる濃さの原料を継ぎ足ししていますので、だいぶ色も熟れてまいりました。
この照りがエロいわけです。

DSC03677.jpg

アルコールで溶いているため乾きが遅いのですが、じっくり時間をかけて
薄く、何層にも塗っていくのです。
すっかり蒲焼きやの主人になった気分です。

DSC03687.jpg

塗って乾燥を繰り返し、バーエンドキャップを差し込んで完成です。
アダルトなエロさがにじみ出ていますヌ。
このツルツルのバーエンドキャップがなかなか無いので、今や貴重な存在となっております。

これを装着して、日々使用していますと、紫外線による劣化や、手あかやら何やらで汚れて
ドシブバーになるのです。
是非、チャリ見酒をしていただきたいものです。




いや〜でけた!!
すっかり完成してお疲れさまのピザタイム。

DSC03674.jpg

ナポリスタイルとか、各種様々なピザがあるなか、やっぱり僕はここですかね。
ドミノスパイシーデラックスとトロピカルの半々で注文します。同席者の要望が無いかぎり100%これ。
これにタバスコをがっつり振って、コーラと共に頂きます。
生地が厚いのがいいです。
コストコの食堂のピザも好きです。

ドミノって日本で始めた宅配ピザ元祖って知ってました?
かなり昔からあった記憶があります。
小学生の頃、近所の外国人の友達のお宅でごちそうになりましたが、食べる以外英会話が全く出来ず
ほとんど手話。
お邪魔して食べて帰るという奇跡のコミュニケーションをメイクしました。

まあ、そんな淡い思い出に浸りながら食べるトロピカルピザはまた格別なわけです。
posted by sexysugi at 18:51| bike | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

MMMMM AAAAA YYYYY

先日、友人のアートショウのレセプションパーテーに行ってきました。

4.12UC5.jpg

可愛い作品がいっぱい!!
キャラクターの形にシェイプされたデッキ、良かったです。
あと、メガネをかけたゾウさんとか。これ必見!!

仲間が企画して友人が作品を出展するという、とても素晴らしい内容です。
皆さんワイワイで、チョインすぅ〜な感じ。
当然、いらっしゃる方々も仲間が仲間を呼んで大盛り上がりでした。

みんな飲みまくりで、ちゃんと作品を観ていたのでしょうか?
もちろん、女性陣も多数出席されて、男性陣の眼の色がギラギラと血気盛んな様子が見てとれました。

4.12UC6.jpg

実は僕は回転円盤師をやらせて頂いたのですが、120分の予定が180分に延長され
久々3時間の立ち仕事で気合いが入りました。
フロアはノリノリで良かったです。
ありがとうございました。


終了すると、皆さんかなり仕上がっておりまして、主役本人も救急車to病院outをメイクし
いいの出てました。某原宿5階の店は、最近いいの出まくりです!!

4.12UC1.jpg

このアートショウ、陰の仕掛人って人間ではありませんが、カッパが仕掛けているのです。
今年は色々なアーティストを交えて様々なショウを行うそうです。


レセプション、と聞いてウズウズしてしまうパーテーピポーはお見逃し無く!!!



追伸

私事で恐縮でありますが、今週金曜日、ギャルの街渋谷で回転円盤師をやりますので
お暇でしたらお立ち寄りください。

CAVEの5階です。
ここの場所はこじんまりとしたバーなんですが、ナゾで熱気が凄いんです。
人が多すぎるせいか、いつもガラスが曇っています。
しっぽりといきたいところなんですが、どうやらそういうわけにはいかないようです...。


*********************************
4/23(fri)
@渋谷ROOTS
22:00 open

GUEST DJ
sexysugi (MATANKI CRUE)
and more

djs
TAKAYAMA(vulture Journal Standard)
http://vulture.journal-standard.jp/
NOMURA(stussy harajuku chapt)
fujihashi(united arrows)
ari-chan(jines)
and more

渋谷ROOTS
渋谷区宇田川町34-6M&Iビル5F
www.roots1988.com
03-6273-2345
*********************************
posted by sexysugi at 17:19| party boy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

にくにくにく

29日は肉の日。
なんて誰が決めたのでしょうか?
んなもん関係ありません。
セタコー、あきる野と、スケートボードによる運動量が著しく増えておりますので
タンパク質を摂らねばなりません。

うっかりお迎えが来てしまい、川崎方面川向こうにある、肉がでかい焼き肉屋を攻めて来ました。

DSC03662.jpg

たまに行くのですが、ホントものすごい量なんです。罰ゲームですよ。
キャベツもこのとおり。これで1人前。

DSC03663.jpg

タンってこんなでしたっけ?
厚みがありすぎて、焼けるまで時間がかかります。レモン汁、刻みネギなんてありません。
焼けたら頬張るのみ。

DSC03665.jpg

はい、肉来ました。やたらでけえ。1枚iphone以上の大きさです。
これで3人前ですが、5人前くらいあります。
これまたなかなか焼けません。

DSC03668.jpg

ごはんも頼んじゃって、お食事モードです。飲み物はウーロン茶。
ちなみにこのお店、換気扇があまり機能しないため、店内はモックモク。
着てきた洋服もすっかり、焼き肉フレーバーです。

DSC03670.jpg

わんぱく坊主は自分の胃袋の大きさを過信して、やたら注文してしまいがち。
「先輩、もう自分食えねえっす。ギブっす!!」
まあ、残しちゃってお行儀悪いわね。
なんて事があっても大丈夫。
ここのお店は、食べきれなくなって余ったお肉をお持ち帰りできるのです。

DSC03670.jpg

このホルモンは来年の花見BBQの為に冷凍保存しておきましょう。

今回は店のオヤジさん、機嫌が良かったです。
もっと良い事があると、うまい肉を出してくれるんですよ。
ここ、北京というお店なんですが、同じ名前の偽物も存在するそうなのでご注意ください。
posted by sexysugi at 13:10| gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

あとぅい!!

毎度毎度のスケートボードネタばかりで恐縮であります。
雨の無い日は世田谷公園、夜はあきる野。
といった、ズッポシスケートの日々を送っています。

最近気づいた事は、二日酔いをする程アルコールに対しての抗体が衰えているようで
いよいよ僕も健康的な生活にしなくてはならないのかもしれませんね。
盲腸の時に医者に宣告された

「あんたの肝臓ねえ、盲腸どころじゃないよ!このままじゃ10年後にはアウトよ!」

という脅しは伊達ではないようです。
でも滑って汗かいて水飲んでればでーじょうぶっしょ!!

DSC03641.jpg

今回は、某家具メーカーの元スタッフの方々と再開しまして、結構な盛り上がりでした。
かつて天王洲にあったその会社の倉庫敷地にあったプライベートミニランプで
さんざんお世話になりまして、左足複雑骨折までメイクさせて頂きました。

DSC03650.jpg

ちなみにこの方も僕の骨折に付き合って頂きまして、僕の後、ポッキンチョメイクしていました。
骨折患部ねじ止め兄弟です。

ってなメンツで皆さん、がーーーーーっつりやってまーす。
特に例のプールコーピング、満員御礼です!!

DSC03626.jpg

僕の地元の仲間は、僕以外全員が奇人変人なんです。

こちらの赤帽師はいつも膝に装具を付けて滑っていますが
今回転んで膝の間接が外してしまいました。
しかしまたはめ直してまたお滑り再開するという凄い特技を持っています。
将来的には、身体全ての間接を外して、ミカン箱に収まり、ギネスで食べていく。
という全人生をかけた挑戦をメイクするのが目標なのだそうです。



そんな熱いスケートの後は
こんな熱いお汁粉で心も身体も暖まりたいものです。

DSC03608.jpg

吉野葛のおしるこでモチは入っていません。
葛のトロトロがモチみたいで、フーフーしながら頂きます。甘さも控えめでとても上品なお味です。
やっぱこういうのがいいですヌ。

あっさりと、上品に....。
posted by sexysugi at 18:28| sk8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

やーっと、やっと

出来たわけですよ。

ようやく。
世田谷公園SLパークが。
SLというのは、もちろん汽車ぽっぽの事の意でもありますが
Setagaya Localの意も含めたダブルミーニングなのですよ!

11時集合にも関わらず、1時間早く
記念すべきオープニングセレモニーに行ってきました。



じゃーん!!
パークはこれです。

DSC03339.jpg

広場にカラーコーンを立ててセクションを置いてご自由にお滑りください。
収納時は先輩の住まいになっておりますので、お互い思いやりの精神でご利用ください。

をいをい....

って。んなこたあ、知ってますがな。
いやもとい、ここが今日までの出発点ですので忘れてはなりません。

この廃屋こそが努力と気持ちが詰まった我々の遺跡なのです。

DSC03340.jpg

ウイールも新品にしまして



セレモニー開始っ!!!

DSC03351.jpg

いやー
おめでとうおめでとう
ありがとうありがとう

ものすごい人だかり。しかもほぼ知り合いという、大祭りでした。
飲んで食べて滑って仕上がって、最高のパーティです!!!

DSC03357.jpg

親方も嬉しそうです。
みんな嬉しそう。
正直出来上がった事が未だに信じられません。
関係者一同、想いのたけをスピーチしております。

DSC03393.jpg

デモはアキさん股割け全開です!!
フラットのフリースタイルデモはスケートボードの楽しみ方の可能性を広げてくれます。

DSC03409.jpg

チビッコもぶっ飛んでおります。これまた楽しそう。

DSC03408.jpg

セクションはとても優しい設計となっておりますので、チビッコやビギナーは
ここで基礎を学べば上手になる事間違いナシ!!

という、世田谷区環七の内側にスケートパークが出来上がりました。
本当に良かったネ。




要約しますと、このパークはチビッコのおかげで出来たようなものなのです。
スケートスクールを行ったところで、チビッコが集まってくれなければ意味がありません。
長い時間をかけて、次第にチビッコが集まるようになり、ついにはキャパオーバー。
そして彼らと共に行政に働きかけた事で叶ったパーク計画だったのです。

ですので当然、パークにはチビッコが沢山来ています。
基本彼らチビッコが中心です。
コドナ(大っきい赤ちゃん)は彼らに混じって滑りましょう。
もう少しお兄さんのあなたは、チビッコの手本となるようなマナーを持って
彼らにいい過ごし方を教えてあげて下さい。

とてもゆっくりとした時間の中、気持ちのいいチョロッツアンが出来ますよ。
特にこれからの季節、お弁当もってピクニック気分で行けばマジ最高!!



追記

しかし、問題がありますと、行政は厳しいので一発で閉鎖に追いやられてしまいます。
チビッコと共に泣かねばなりません。
チビッコ達の大人不信をこれ以上増やす行為は断じてなりません。
皆さん一人一人の心がけが、より良いパークづくりに直結しますので
今後とも、ご協力よろしくお願い致します。


最初の写真のアレがコレになった。
ってホント凄い!!

成せばなる
成さねばならヌ


親方スピーチを、仲間が感慨深く見守っております。

756.jpg

photo:D
posted by sexysugi at 14:31| sk8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

プールでコリッコリ

毎度おなじみあきる野サティアンヌですが、今回行きましたところ、例のトイレ前のランプが
片面プールコーピングになっていました。

DSC03314.jpg

これヤバイですよまじで。
さすがに出っ張りもハンパないです。
ストールも1からやり直しです。
でも、ちょっと「コリコリ」できると嬉しいもんです。
しかし連れや、その場にいらしてた皆さんはゴリゴリとやっています。

DSC03310.jpg

毎度毎度ハードルは上がる一方ですが、それに向かう姿勢が大事なんですヌ。
なんせ、スケートボードは出来ないが前提ですから骨が折れます。実際に骨折もします。
したがってナゾな燃え加減で、わざわざサマーランドの先まで車で1時間もの時間を使って
行きたくなってしまうのですよ。

DSC03319.jpg

これでまたちょっとどころかかなり燃え度がアップしまして、男気で頑張りたいと思います。
素晴らしい。
そのうち両面プールコーピングになるのでしょうか?



がっつり滑った後は、お楽しみのこれ。

DSC03303.jpg

ソビエト連邦のヴォトカのソーダ割りです。
レモンを入れて出来上がり。
なかなかまろやかで美味しいですヌウ。
実はヴォトカ、とんと昔にポーランドで発祥した。
という話を最近ポーランドの方から聞きました。
ズブは知っていますが、普通のヴォトカも試してみたいです。


で、ツマミ。

DSC03299.jpg

某D師がまたお土産を持って来てくれました。
池尻大橋に納豆専門店があるんですよ。そこの土産です。
このドライ納豆、あまりにうますぎて2時間程で完食しました。あと、おかきもやばいです。


酒ネタついでに先日の杉バー@キンフォークは殺人的な混雑でお送りさせて頂き
誠にありがとうございました。

結果的に喜んで頂けまして、あらためてオーナーよりオファーがありました。
近日中平日にまたカウンターでお会いしましょう。
詳細は追ってトゥブヤキますのでお見逃し無く。


次回はじっくりシュッポリーヌでやりたいです。
暖かくなってまいりましたので、キュートなあなたにはピニャカラダなんぞ洒落とるかと思われます。
あと、杉式ジンジャーミントモヒートは甘さ控えめ。
きりりとした大人の味となっております。
posted by sexysugi at 18:24| sk8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

4/7 Ben Rayner Photo Exhibition Openning

1232.jpg

BEN RAYNER師という写真家の方のエキシビジョンが、キンフォーク主催で行なわれます。
場所は池尻大橋の弊社すぐそば。

今日ちらりと会場の準備に顔を出してきましたが、いい感じです。
4/7、オープニングレセプション、アフターパーテーがあります。



【作家詳細】

1985年にロンドンで生まれ、14歳の頃から写真を撮り始め、インディーズロックやパンクバンドにインタビューや撮影をしながら、バンドのファン雑誌の製作を手掛けていたというベン・レイナー。現在はフォトグラファーとして「Dazed and Confused」や「VOGUE」、「VICE」に「Nylon」など、実に様々な雑誌で活躍している。そんなベン・レイナーのエキシビション『California Screaming / Don`t tread On Me』がANNEX Galleryにて開催される。

カリフォルニアを舞台に美しい昼間の風景からクレイジーな夜を切り取った「California Screaming」。人々が内に秘めている怒りや浮かれた気持ち、人間の純粋な喜びの瞬間が、写真のディティールから浮かび上がってくる「don't tread on me」。本展では2009年にリリースされたこの2冊の写真集で構成され、ベン・レイナーだからこそ捉えることのできた生々しくも美しい人間味に溢れた作品の数々が展示される。




本人は気さくでロックが好きそうな感じの方でした。
4/7は、オープニングレセプション、アフターパーテーもございます。

ちなみにレセプション開催時、スタッフは現地へ出払っておりますので
18時〜24時まではなんと、“杉バー@キンフォーク”となっております。


もしかしたら、僕もアフターパーテーで円盤回転師をやるかもしれません。
是非、レセプション to 杉バー@キンフォーク、青山Le-Bアウトをメイクして頂けましたら
祝着至極に存じます。



Ben Rayner Photo Exhibition
『California Screaming / Don`t tread On Me』
日程:4/8〜4/14
営業時間: 14:00〜19:00
入場:無料
会場:ANNEX Gallery
住所:東京都目黒区大橋1-6-4 2F
http://www.benrayner.com/

オープニングレセプション
ANNEX Gallery
日 程:4/7
時間:18:00〜22:00
Free drinks by SINGHA

アフターパーティ
場所:Le Baron De Paris (青山)
日程:4/7
時間:22:00〜late
DJ:Ben Rayner、Ryan Carney、Das Moth、Gui Martinez、**pus Le Baron Resident DJ
http://www.lebaron.jp
posted by sexysugi at 18:36| party boy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またナカメ

はい。
またまた中目黒に戻りまして、ぶらり花見です。

DSC03276.jpg

天候にも恵まれ、この日の目黒川沿いは大賑わい。
食べ物屋さんなどが軒を連ね、ついついつまみ食いしてしまいます。

樽っつあんもこの日とばかりに、露店をブチかましていろいろおつまみとか売っています。
甘酒100円というコストパフォーマンスについついやられてしまいました。

DSC03274.jpg

しかも美味しい。
寒空の下、熱い甘酒をフーフーズズズ〜っとやるのは大晦日の豊川稲荷を思い出させてくれます。
米みたいなツブツブが多く入っているタイプが好みです。


僕、以前とあるお友達に「ナカメのオヤジ」という異名を付けて頂いた事がありますが
実はそれほど中目黒という場所の事、あまり知らないんです。

飲み屋なんていつもいつも決まった店しか行きませんし、タイ料理で美味しいところを尋ねられた時
自分がいかに無知であったかを思い知らされた次第です。
もっと予習せねばなりません。

DSC03279.jpg

皆さんこれはご存知ですか?
なかめTシャツ。こんな中目黒グッズもあるんですよ。
これは知りませんよさすがに。かなりレアだと思います。
こんな記念品にもなってしまう中目黒....。そのうち饅頭とかもリリースされそうな勢いです。
さすがです!!
中目黒愛好家必修の1着!!

でもってブラブラしていると、ナカメのオヤジの名付け親達に遭遇しました。
たまに会う仲間ですが、皆さんとても気持ちのいい人たちです。
みなさん方々で活躍中の有名人ばかり!!

DSC03283.jpg

彼らのお仲間の美容室で飲んだり食べたりしています。
通りすがりの方々が珍しそうに店内を見て行きますが
その視線がなんとなく、外界と仕切られた特別な空間への羨望の眼差しとして
受けてしまったのは僕だけでしょうか?
そんな皆さんで大貧民トランプゲームをやりました。
罰ゲームですか?
う〜ん、それはちょっと大きな声では言えない事ですヌ。

美容室だけに壁に大きな鏡があるので向かい側の方のカードが鏡越しで丸見えです。
おかげさまでプロレタリアートから逃れ、ブルジョアジーを維持する事が出来ました。
インチキしようが何しようが勝ち残ってこそブルジョアジー。
勝ったが勝ち!!
嗚呼、そんな力こそ正義な言葉に酔いしれながら頂くホットワインは格別です....。

まだまだ目黒川の桜も綺麗に見れますので、まだいらしてない方は是非。
明け方の時間帯は特に綺麗です。


話は変わって、実はこのグループの中の一人が近日アートエキシビジョンを行います。
近くなりましたら、詳しくお知らせ致しますね。
posted by sexysugi at 04:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

ヨヨコー

DSC03245.jpg

って最近の若者は呼ぶみたいです。
こんなに人がごった返しているのは毎年この季節のみでしょう。
みんなさん、あちこちで宴を催しているそうなので、花見ハシゴして良い酒を頂いてきました。
この日ばかりは先輩も総出で動きまくり。都会浴を楽しんでおられるご様子でした。

DSC03253.jpg

自転車を沢山駐輪している集団のところにくると、いましたいました、セレブ集団ご一行のお花見。
ここではビアボングをやられております。
もはやビールも底をつき、ワインボングになっております。

DSC03254.jpg

さすがはセレブ。
ロマネコンティの紙パック2リットルお徳用が使われます。
僕の持参したゴートチーズにはいささかマッチしませんでしたが、素晴らしい味わいでした。
次回はラトゥールかモンラッシェあたりをご用意致します。
自転車クルーの花見なども回ろうかと思った瞬間、いきなりの雨。みなさんゴザを撤去したり
大あらわです。ちなみに僕はそんなこともあろうかと、ポンチョを取り出し散策は続きます。

当日はレースもやっていたんですね。
あちこち、色んな人に出会います。


まあまあ、とにかく色んな人が仕上がって、特に血の気の多い若者が折り畳み椅子を
ぶん投げたりしていましたが、それを見かねたテキ屋のあんちゃんと先輩にお仕置きされて一件落着。
花見は楽しくやりましょう。飲み過ぎですか?
救急車も沢山出動していました。

DSC03248.jpg

帰り際、先輩と軽くセッションしましたが、何故か眼が輝いて見えました。
食べ物にありつけた。
のか?と錯覚しそうですが、もはや「やあやあ、家の庭にようこそ」
みたいな
お客さんいらっしゃいませお迎えスタイルがウケました。


もしかすると、ヨヨコーは地下壕とか存在しそうです。
posted by sexysugi at 16:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

ご近所さんセッション

「杉ちゃん、今日はいらっしゃいますかい?」

今日は水10やサティアンヌで顔を合わせるD師が焼き鳥片手にいらっしゃいました。

本日はバーではなく、居酒屋杉屋です。

DSC03240.jpg

実はD師、弊社のご近所池尻大橋で勤務なさっていて、仕事帰りにひょっこりと
アフターファイブってかエイト?スタイルでいらっしゃいました。
ひとまずチコチコ始めます。
例の大森の弟と僕を同一人物と間違っていたのは師のことで、それが発端で弟は弟になったという
エピソードがあります。
これは大田クルーにしか分からない話ですがご了承ください。

お土産有り難う!
と、すかさずパックを開けておっ始めます。お腹も空いていたので大変助かりました。

DSC03241.jpg

ん〜うめい!
お互い同世代で、方々で顔は合わせるものの、あまりお話が出来なかったので今回はがっつり
お話しできてよかったです。
ネクタイは仮の姿で、D師のダーク&楽しいお話を色々聞かせて頂きました。
お互い生まれ育ったところも近かったのでなおさら話が盛り上がります。
あれはああだった。とか、こうだった。とかとか。
ここ最近、じーっくり、サシ飲みして語る事もめっぽう無かったので言い刺激いただきました。
苦労をものともせず、人情で生きて来られた方とは以外とズッポシ話し込んでしまうので
こういう時間の有り難みを感じますヌ。

DSC03242.jpg

で、お飲物は大森の弟から頂いた沖縄土産の泡盛ロックをチビチビやるります。
弊社でお持ち帰りつまみをアテにじっくりやるのもいいもんなのです。

そういえば、池尻大橋駅そばでの爆発騒ぎがあったみたいですが、送電線がショートしたそうです。
「んまあ、あらそうなの?」
そんなご近所御夫人的な話も色々あるのです。


今後は中目ばかりでなく、ここいら池尻周辺のリサーチをしてみたいと思います。

まさかの名店、発掘してみせます。
posted by sexysugi at 00:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

こまごま

先日、仕上がったお友達を車に乗せたら、こんな忘れ物をしていきました。

DSC03237.jpg

しめしめ、と置き引きメイクで毎日1本ずつ飲んでいます。
これ飲み始めたら身体の調子がいい!!
こまっしゃくれたカクテルなんぞ卒業して、そろそろ養命酒か!?
なんてお身体ご自愛モードでごぜいやす。


最近は、またまた更なる自転車お勉強中。
20世紀初頭も当然、部品が色々有りまして、とんでもないブレーキとか存在します。

DSC03238.jpg

これはクランク、チェーンリングのページ。デザインがかわいい。
3アームに惹かれます。


そしてまたまた追加されたこれ。
今度は削って作って頂きました。
ナベっつあんはこれで揃いました。

DSC03239.jpg

もはや工業製品の域を超えて工芸品です。
トンガリ部分のシャープさはハンパ無いです。
触ってると指に刺さります。

DSC2826.jpg

あとこれ。
80歳くらいのテイラー爺さん。20〜30年代生まれ。

現代の物とコラム、クランプ共にサイズが異なっていたりしますが、この手のステムも色々あるのです。
これも近々にキレイキレイしようかとおもいます。
最近はこれも価格が5倍以上に高騰して買いづらくなっていますが、こんな重くて何の役にも立たない
ゲテモノ、誰が欲しがるのでしょうかねえ?
スキモノと変態だけの楽しみとして、放っておいて欲しいものです。



実は最近、とても素敵な地平が見えて来たので、今年は面白い事になりそうな気がしています。
早速4月も催しがありますので追ってお知らせ致します。

花見もがっつりやりたいですヌ!!!
posted by sexysugi at 16:16| bike | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする