2011年04月13日

4.10 セタコスクール

ダンナのブログにも紹介されておりますが
4/11って、セタコパークの1周年なんです。
ねー、早いものです。もう1年経ってしまったのですから。

IMGP6410.jpg

そう。
1周年1日前の10日、この日は毎度のスクールです。
天気にも恵まれ、チビッコの多いこと。

いつも通り、集合してスクールを開始します。

IMGP6414.jpg

IMGP6417.jpg

IMGP6424.jpg

写真を見ての通りなのですが、何も変わりません。
全くいつも通り、セタコの、セタコらしいセタコでしかないスクールです。
これが最大であってこれ以上もこれ以下もありません。
まさにこれが完璧な形です。
みんなやりたいことをしっかり自分なりに一生懸命練習して楽しんでいます。
それだけです。
しつこいようですが、これ以上もこれ以下もありません。
今まで生徒だったチビッコも大きくなって先生の仲間入りをした
ってことくらいが唯一の変化というか進歩なのでしょうか。
それもまたひとつのいい傾向です。
それぞれがそれぞれの持ち前、役に立てること好きにやっています。

IMGP6436.jpg

楽しんだあとは、公園の掃除をして、スタンプタイムをもらって終了。
根気よくスタンプを集めたチビッコはバックパックをゲット。
で、また来月みんなでここで会おうね。
って終わります。

IMGP6433.jpg

ここまで。
毎回毎回、積み重ねてきたムーブメントが一つ結実して、形となって
ある程度の時間が経ちました。
あとは、そのいつも通りの動きを研ぎすまして、より潤滑にやりやすくして
先生や生徒、そして父兄の方々もより楽しめるようにしてずっと続けられることが
今後の課題となるでしょう。
いつものことなので課題というほどのものでもないですか。
まあ、教える教わるっていうより、それぞれ見せ合っちゃって楽しんでしまっているだけ
というのがセタコスクールの一番分かりやすい説明だと思います。



実は今回のスクールで校長は一線を退くことになりました。

IMGP6442.jpg

IMGP6440.jpg

誕生日ではありません。
校長お疲れ会を父兄の方々が開いてくれたのです。
かれこれ6年、校長を続けたそうです。
その年月、本人も忘れていたくらいです。

IMGP6441.jpg

お母さん方お手製の美味しいお弁当を用意していただいて
皆さんで乾杯しました。
お疲れさまでした。
今後はOBとしてバックアップのポジションに立つのだそうです。
ほんとよくやったよね。
もうこれでオッケーでしょう。



追伸

時間の流れと共に点は線となり、そして面となる。
発展を続けてある過渡期を持って淘汰される。
そしてその面はまた縮小されてやがて点と認識される。

また今後の後継者によって色は変わるかもしれませんが
あのユル〜い感じは絶やさないで欲しいと思います。

まあ、何か大事件が起きたみたいな印象みたいですが
特に何も変わりません。
ひとつ意識的な区切りがついた。
ってことです。


ただ一つ不安になったのは、今起こっている例の問題が
本当にチビッコ達に影響はないのか?
ということ。
チビッコ同士「のど乾いちゃったから水道飲んじゃおうか?」って話が
たまたま聞こえてきて、結局飲みませんでしたが
こちら側が何と警告すべきか困惑するもどかしさによって
ただ悲しみと怒りが同時にこみ上げたことだけは確かです。

僕らオッサンは毒素満載当たり前なのでまるでどうでもいいことですが
チビッコ達の身体の大きさや抵抗力にはハンデが大きすぎる気がするのです。
posted by sexysugi at 01:06| sk8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする