2014年05月29日

立石ツアー

先日、料理長とその幼なじみのN師と立石ツアーに行ってきました。

RIMG0085.jpg

肉豆腐。こういう定番酒場メニューばかりなのですが、それもそれぞれの
お店のスタイルを出しておりまして、やっぱこの店かな〜
なんつて評論家ぶっております。

RIMG0087.jpg

料理長の奥さん、ご懐妊なのはとうに知っておりましたが、もうすぐ生まれるそうで
楽しみもまた増えましたぬ。
料理長本人にはパパとは呼ばせないそうで、お父様だっけかお父上だったか
オールドスクールなお父様になるそうです。

RIMG0091.jpg

とりあえずどぶろく〜

RIMG0092.jpg

こっち系のハイボールがあるのですが、おなじみさんの飲み方はこれ。
トマトジュースをちょいと入れます。
優しい飲み口に変身してグビグビいけてしまいます。これはアブナイ。

RIMG0096.jpg

連れて行って頂いたお店はお刺身も各種いろいろありまして、このカツオなんか
身も厚いですし、ショウガとニンニクを乗っけて激烈うめいでした。

RIMG0099.jpg

この日は僕を案内する為に頭を丸めて気合い充分の料理長!!
さくっとやってさくっとアウト、次の店へ。
串揚げ屋さん。

RIMG0102.jpg

紅ショウガの串揚げ。ってまあまあ有名ですよね。
ここんちのはチト違う。
いや、かなり違う。

RIMG0104.jpg

でもって中華料理屋さん。
ウーロン茶で茹でたこのゆで卵がまじ別物。

RIMG0105.jpg

これこれ。ここ立石にはこれを食べにきたようなものです。
もつ焼き屋さん、立ち食い寿司屋さん、その他いろいろ有名店はありますが
そこはそこの良さはもちろん知っていますのであえて置いといて
こうしたいつもどおりある普通のお店なのに、あれ? あれ? あれ?
っていう、やはりここにしかないメニューがあるお店ってあるんですよね。
やはり案内人の攻め具合がズッポシツボに入るわけなんですよ。
いつもありがとうございます。

RIMG0106.jpg

終電も遅くありませんし、ガンガン回って店の滞在時間が30分以下という
この江戸前短気スタイルがここの飲みかたでしょう。

RIMG0107.jpg

はいまだあります。
海ぶどうですよねこれ?
ってことはここは沖縄料理店。
最後にここでお腹は完全にいっぱいです。

RIMG0109.jpg

道ばたでばったり会う知り合いの方も一緒に来て一緒に飲んでしまう。
そんなのは中目黒にもありますが、こうして電車でやってきて攻める立石も
ケツが見えているだけに時間をうまく使って、4件ハシゴしちゃうのが
楽しいわけです。

実は立ち食い寿司屋さんを始めの1件目にフォーカスし、5時半くらいを
目指して立石駅に着いたのですが、その時点でのれんが片付けられて閉店して
しまっている。
という状況を2階連続してメイクしておりますが、やはりハンパない店は
すぐネタが切れて終わっちゃうんですよ!

次回はランチタイムから攻める予定です。
posted by sexysugi at 16:02| gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

タマッシー??

ときおり、都会の喧噪から離れ、暇を見ては多摩川の川面に映る夕日を見に
出かけております。

RIMG0083.jpg

ごみとクラゲ。

RIMG0078.jpg

うーん。綺麗な夕日。。。
ん? 夕日の下のところに何か顔を出しています。
人?ではなさそう。
未確認生物でしょうか?
ってことはネッシーじゃなくってタマッシー??
たまたま写っていましたタマッシー!!

RIMG0082.jpg

拡大すると....
なんじゃこりゃあああ???

RIMG0084.jpg

帰りがけ、ダンナのところに寄ってちょっとおしゃべりして帰りました。
posted by sexysugi at 02:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

bluth skateboards MISSION Shoulder Bag

またまたディズニーのニューアイテムの登場です。
もはやディズニーさんのキャラクターアイテムメーカーになってきそうです。

C&D-CRANK2-500.jpg
bluth skateboards

MISSION Shoulder Bag Made by CRANK 32×60×12(cm)
-CHIP & DALE-
DISNEY COLLECTION
コピーライトマークDISNEY

Tシャツと同じチップとデールのグラフィックでバッグになりました。
生成りの帆布にバッチリのデザインですよね!
ベルトは長さ調整出来ますので、軽いメッセンジャーバッグ的にご使用頂けます。
口の真ん中にはスナップボタンがついていますので、身体にフィットしていれば
中のものが飛び出したりする心配もありません。
オールコットンですので何度でも洗濯してギタギタにしていけば味も出てきます。

C&D-CRANK1-500.jpg

バッグそのものは鞄屋がこさえました。
オリーブグリーンのパイピングの配色はグラフィックの森に合わせた、というわけです。
出来映えもかなりいい!!
以前作った、ヴィンテージテントでリメイクした小さいメッセンジャーバッグと
おサイフも好評でしたが
こんなブランドがあんな鞄屋とで、これほどまで素敵なものが出来るとは信じられますか!

C&D-CRANK3-500.jpg

裏面には鞄屋のタグと弊社のパッチがついております。
これぞ奇跡の3ネーム!!
ちょっといい歳こいてグラフィックが可愛いすぎてちょっとなあ、、
なんていう無骨で男臭さしかないむさ苦しいオッサンでも
裏面の無地のほうを見えるように背負えばバッチリ問題ないと思います。

で、ちょっと人に会って居酒屋とかでおもむろにグラフィック面を見せるように
隣の席に置いちゃったりすれば、お連れさんの女性から
「なにこれかわいい〜 ◯◯君、オチャメなんだから〜♡」
ってな具合にちょっと株が上がるかもしれません。ってか上がると断言します。
そしたらこう言うのです。
「じゃあもし僕たちが付き合っていたら一緒に使えるかもね(ニタニタ)。。。」

あと、この絶妙な深さのズッポリ物入れバッグは湾岸オカッパリの釣りに重宝しそうです。
それは自分がちょっくらテストしてみたいと思います。
いつものルアーケース2個と予備のリーダー、スナップ、ペンチを入れて
ベルトを搾って脇の下に来るように背負っていれば
キャスティングとリトリーブの邪魔にはならないでしょう。

てなわけでお店でごらんあそばされてくださいまし。
posted by sexysugi at 23:13| bluth skateboards | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

bluth skateboards Tee collection

いよいよ南西風が吹き始め、昼間は初夏の陽気となってまいりました。
お滑りの時は着替えのTシャツを1、2枚用意する季節です。

さて、ブルースのTシャツですがなんだかんだ6種類ものグラフィックが
揃いまして時を重ねつつ企画が決まり次第、季節に関係なく
新たなニューフェイスが登場しております。
最近ではチップとデールがもっぱらの話題となっておりますが
「すごくいいの出来ましたね、でも大丈夫なんですか?」
と、みなさんは弊社がディズニーのブートを作っていると勘違いされているようで
それがまた話のネタ的に面白いので適当に話を濁してそのままにしています。

bluth_tee_collection500.jpg

どうですか?
これだけあればお店に並んでいてもおかしくはないでしょう?
いっぱしのブランドっぽいでしょう?
いつ作ったのかは忘れちゃいましたが、それぞれのデザインコンセプトが
バッチリ詰まったイキのいいデザインどもでございます。
古くささを感じさせない、消費されきることの無いイメージであることを
最重要視して企画生産しています。
自分もそこが気に入っています。

左上段から右へ
“IT WAS”*, “Pushmaster”, “Hibluth”**
左下段から右へ
“You fake fuckin' piece of shit”*, “Blues Is A Feeling”, “Chip & Dale”***

デザイナー
*madsaki design
**zenone design
***コピーライトマークDISNEY design
その他:弊社 design

あと、ブルースと言うブランドがアメリカにあって、僕がその代理店をしている
と思われている方もいらっしゃいましたが
それもまた話のネタ的に面白いので適当に話を濁してそのままにしています。

っていうことは、アメリカのブランドとして存在しているもの(実際の半分はそうですが)
に見える。
ってことを逆手に取って、今後のブランドイメージの一人歩きがどんなふうになるのか?
しばらく様子を伺ってみようと思います。

是非今年こそ、どれか1枚いかがですか?
6.2オンスのやや厚みのある柔らかい生地が病み付きになるはずです。
リブも伸びにくく、毎日着て元取れます。
posted by sexysugi at 14:37| bluth skateboards | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイフェス

代々木公園でやっているお祭り系ですが、これほど人気の祭りってあったでしょうか?

RIMG0040.jpg

すんごいでしょう! ここまでごった返していると人酔いします。
このタイフェスで親方勤務の焼き鳥屋さんの系列店、ピーマイというタイ料理店が
出店しているとのことで、行ってきました。

RIMG0029.jpg

ここです!
既に行列で並ぶの一人だし買うのめんどくせえな、と思いながら数分後。。。

RIMG0033.jpg

トムヤムヌードルパクチー抜き!
ちなみにここのお店はパクチー入れ放題でしたが僕は苦手なのでいつも抜きです。

RIMG0035.jpg

ブースの裏からこんにちは。
パクチー刻んでいます。 なんせノンストップでフル回転なのですごいです!

RIMG0043.jpg

キンフォーク月曜日のバーテンダー、オレ君もやってきました。
オレ君はリッキー(親方)のことが大好きで、しょっちゅうなぎ屋に行っています。
僕より会っている回数が多いみたいです。

RIMG0038.jpg

続いてガパオ。
ピーマイのガパオはうめいですよ。なんだかわかりませんがちょうど良く肉に馴染む
ハーブが入っていて、後味と香りが良いです。

おこがましくも語ってしまいますが、タイ料理の魅力と言いますと、メニューの豊富さ
にあると思うんですね。
麺類ご飯もの、炒め物からツマミ系までいろいろあります。
どれもそれほど脂っこくないですし、けっこう何皿も食べれてしまいます。
ナンプラーなどの魚醤はいわゆるダシのような役割をして
味覚に馴染みやすい気がします。
で、さらに各お店によって同じメニューでも味の違いが良く解ってしまう。
だからお気に入りの店が出来るわけなんです。

僕は一度気に入ると同じものばかり食べてしまう極一途な男なので
ガパオ、カオマンガイ、ガパオ、カオマンガイ、ガパオ、カオマンガイ
の順番でタイ料理を楽しんでいますが、せっかくなので
いろいろと味見して試してみたいと思います。

やっぱりこのての祭りには数人でいってそれぞれいろいろ買ってシェアするのが
一番ですよ!!
posted by sexysugi at 12:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コマザワンヌ

ほぼ習慣的な動きなので、たいした話題はありませんが
やっておりますコマザワンヌ。

RIMG0021.jpg

憩いの場として皆さんと一緒に滑ったりおしゃべりしたり、いつも交流を楽しく
過ごさせてもらっています。
お、今日もいますねえ、あんたもすきねえ〜
あれ、今日は来てないな。仕事忙しいのかな?
なんて感じです。

RIMG0022.jpg

最近では夜な夜な釣りに行かれている師もいらして、釣果報告などしたりして
楽しみがまた増えました。
やはりハマるとズッポシいってしまう性質はスケーターならではでしょうか?

RIMG0024.jpg

そんなこんな、時間が来たら学芸大学か中目黒でフルタイム風呂タイムして
キンフォークをオープンさせる、といった動きであります。
身体を動かすと、脳の働きも良くなります。
で風呂でスッキリ身を清めて仕事にかかることが一番気持ちよく
1日を過ごせるわけです。
posted by sexysugi at 03:07| sk8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

タナゴ釣り

伝説のログハウスをあとにして、江戸前の粋な遊び、タナゴ釣りに
行ってきました。

DSC05895.jpg

魚から釣り竿から道具まで、全てが小さい!
世界一小さな釣りです。
かつては江戸時代の大名から街の遊び人ダンナ衆に好まれた釣りで
その道具のドシブっぷりったらありません。
以前からお世話になっている、この釣りを教えてくださった先生みたいな方に
久々お連れ頂いて早速釣り開始!

DSC05896.jpg

バラタナゴのメス。
意外と非常に繊細な魚で、ちょっとプレッシャーがあるとすぐナーバスに
なってしまいます。
うきにアタリがあるのですがなかなかフッキングしません。
そういったところがゲーム性の高い釣魚として、釣ってておもろいのです。
しかもこっちの世界では小さければ小さいほど良しとされ、手のひらに100匹
乗るほどの大きさ、おちょこに30匹入るのが粋なのです。

DSC05901.jpg

こっちのカラフルなのがオス。
アワセ命のこの釣り、バンバン釣って行きます。
タナゴ研究会と言うクラブでは専門の大会もあるそうで、釣りの言葉で一束(いっそく)
という単位がありまして、ちなみに一束とは100匹の事なのですが
おじいさんクラスの名人は6〜10朿釣るんですって!

DSC05903.jpg

今度は小さいのを。
こうして大小釣り分けることが出来るのもウデの見せ所です。

DSC05904.jpg

このクラスになると、市販の針をさらに小さく研がなくてはなりません。
10数年前、タナゴ釣りの名人のお宅に仕掛けを分けて頂きにお邪魔したことがあります。
名人の作る仕掛けは、針を顕微鏡で見ながら小さく研いだ極小の柿の種サイズの
タナゴも釣れるもので、さらにウキは漆塗りの研ぎだし、おもりは金を使った
最高に贅沢なものでした。
その名人の存在感たるものもハンパなかったです。
その方は既に他界されています。

img15910_PC080001.JPG

こうした手作りの和竿もありまして、この世界の道楽はかなり奥深いものがあります。
あんまし見ちゃうと、病気が始まってしまいますので程々に。
江戸の粋な遊び人が使う遊び道具ってのは、こうしたところにこだわりが満載なのです。

タナゴという魚は普通にそこらへんの池や川にいるというものではなく、卵を産みつける
二枚貝がいなくては生存出来ません。
二枚貝がいる場所は水質が良くてはなりませんし、例えば田んぼの用水路など
人間が作った場所であっても動植物が自然に近い形でバランスよく生息出来る
条件が整わなければならないそうです。
連れて行って下さった方はかれこれ50年近くはこの釣りをしている方で
昔の環境ではいくらでも釣り場はあったが
現在ではタナゴが生息出来る場所がものすごく限られてきている、と言います。

そんな消滅しつつある、限られた資源、そこにいるタナゴという魚と
その遊び道具として果てしなく必要以上のスタイルを出しまくったタナゴ用の道具。
それを使ったこの遊びの真骨頂こそ、知る限りですが僕が説明出来る日本の遊び人の
文化のひとつとして、諸外国のお友達によく話したりしています。

この小さな小さな世界観に、道具立て、シチュエーション、プロセス、釣果が
びっちり濃厚に詰まった江戸前の釣り道楽者の魔境がここにあるのです。
元気のいいちっこい奴がちっこい竹竿を通じてブルブルってくるんですよ!

興味の無い人からしたら全くどうでもいいところがそれまた最高にいいのです。
同じ好きな者同士にしか通じない魅力ってのが特別な想いがわき起こるのです。
posted by sexysugi at 05:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

千葉

久しぶりに休みを使って千葉へ行ってきました。
僕にとっては15年くらい前からよく千葉方面(内房の海岸線)へは
釣りやキャンプなどで通っていたこともあり、わりとなじみの深い場所でもあります。
この日は千葉県内のとある場所にある知人のログハウスにお邪魔してきました。

DSC05868.jpg

こちらも以前からお邪魔させて頂いているところなのですが
5年ぶりくらいの時間が経っていますが中は何も変わっておりません。

DSC05870.jpg

DSC05872.jpg

午前中、シトシト雨の降る中
僕は1人で中でくつろがせてもらい、素晴らしいオーディオシステムのある部屋で
独りがけのソファに座りながらジャズのCDを聴いていました。
この日は午前中から雨が降っていてログハウスの周りから漂う木々の香りと
カエルの鳴き声、そしてゆったり流れるジャズの音色に時間を忘れて
のんびりさせていただきました。

DSC05877.jpg

すきなCDをかけてのんびりうとうと、時間の経過を忘れます。
僕もいずれはこんな家で田舎でひっそり生きるのも悪くないなと思ったものです。

DSC05875.jpg

冬はこの薪ストーブで暖をとります。
ストーブの暖かさと炎、流れる音楽と美味しいお酒。
完全にここは別世界なのです。

DSC05878.jpg

実はこのお宅の主は数年前に他界され、生前のままの状態でこうしてたまに人が
訪れています。
僕もこうしてお邪魔してお線香をあげてゆっくりさせて頂きました。
この方は、あるブラックバス釣りのスタイルの世界では知らない人はいない第一人者で
釣りのブランドの社長でした。
釣りはもちろん、アメリカンスタイルのアウトドアライフ、ハンティング
そしてジャズミュージックの評論まで
完全にこの方のスタイルを貫き通した人で、本当にカッコいい方なのです。
もちろんこだわりもすごいことになっていて、雲の上の存在そのものでした。
ブランドの製品も見れば一発で分かります。
全てが本気でカッコいいものを作っています。
僕もファンとして愛用させてもらっています。

DSC05879.jpg

DSC05881.jpg

僕はここでゆっくりお茶を入れてただただ音楽を聴きながら
ゆっくり過ごしただけなのですが、以前来た時とそのままの状態のこの部屋は
故人の魂がそのまま宿っている気がして、なんだか一人でいる気がしなかったのが
不思議でした。
「バカヤロウ!おまえなあ!」
ってはっきりと物事を言う強い口調の方でしたが、釣った魚を料理するのを手伝って
お返しにマティーニを作って頂いて緊張しながら飲んだ記憶が昨日のように思えます。

DSC05886.jpg

今から40年ほど前、カヌーをフォルクスワーゲンのタイプ2の屋根に積み
トップウォータープラグのタックルと本物のアメリカンスタイルのキャンプ道具を
満載にして釣りとキャンプを楽しんでいた人がまさにこの人であり
今でもそのまんまカッコいいことをそんな過去からしていたと思うと
この場所は永遠に時間が過ぎないカッコいい場所なんだな、と思えるわけです。
知っている人ならこのログハウスだけで誰なのかわかるはずです。

「一匹の魚とどう関わるか」
これは故人の言葉でしたが、この言葉って夢がいっぱい詰まっていて
釣りに興味が無い方でも、この言葉になにか感じると思うんですね。
いきなり究極な言葉にも感じられますがこの言葉こそが釣りの楽しみ方の原点であり
禅問答のように自分に問われる大切な言葉のような気がするわけです。

そしてなんだか気分がスッキリしたところで、お昼過ぎにお迎えが来て
幸い雨もやんで、僕たちは釣りに出かけました。
posted by sexysugi at 02:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

セタコスクール

いよいよ初夏でしょーか?
暑いのなんの。
お日柄も良くなりますと人も沢山集まります。
日曜日は公園も人が沢山です。

てなわけでスクールスタート!

DSC05702.jpg

この日はけんちゃんが新婚旅行のため欠席しておりまして、青木教頭と
初代校長、乳首風親方が仕切っておりました。
あとなんと、T19のオヤブンも!

DSC05706.jpg

はい〜
こんな感じでついてきてちょーだいね

DSC05748.jpg

ヨチヨチからスイスイまで、みんなでプッシュレース的なのをやりました。

DSC05661.jpg

セクションのコーナーではアールで飛び出すのを練習しています。
ほうきをハードル代わりに、スポーンと飛んでいきます。

DSC05765.jpg

終了後、シールのお土産がありまして、皆さん一枚ずつもらって帰りました。
スタンプ以来でしょうか、こんなに並んでいるのは久しぶりの光景です。

DSC05770.jpg

いつもとちょっと違ったスクールでした!
はいおつかれさんっ!

DSC05795.jpg

で、おっさん達は芝生でビール飲んでごろごろして
例のアウトドアブランドのマヌカンが作ってきてくれたサンドイッチを頂きました。
とても美味しかったです。
またお願いします。

その横でセタコ噴水の妖精が花輪を作っていました。

DSC05805.jpg

すると狂乱した村人がナタで一家をめった切りにしている状況を偶然妖精が見てしまい
その光景の酷さにショックのあまり言葉を発することが出来なくなってしまった。
という、金田一シリーズの役者で出てきそうなファッションがいいですぬ。

DSC05837.jpg

そして犯人は金田一の推理で捕まって村にはまた平和が訪れました。
めでたしめでたし。
posted by sexysugi at 19:49| sk8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする