2014年06月28日

HIDDEN NIGHT スペシャルメニュー

昨晩のHIDDENマガジンリリースパーティは大盛況に終わりました。
皆様楽しいお時間を過ごせましたでしょうか??

さて当日のスペシャルなんですが、ちょっとご説明させて頂きたいと思います。

photo.JPG

今は梅雨時。
湿度の多い夜にさっぱり味が欲しかったので、ライムを多く入れられるカクテルを選びました。
メインのカクテルは2種類です。

◯ HIDENN pirinha ヒドゥンピリーニャ

雑誌のタイトルと掛けた名前のカクテルです。
カイピリーニャのレシピをちょいと変更を加え、甘さを隠(HIDDEN)した
さっぱり味となっております。
通常のカイピリーニャを飲んだことがある方ならお分かり頂けると思います。
ライムはもちろんしこたま入れてすりつぶしています。
ちなみにこちらの飲み物は完売しました。


◯GIN LIME BOMB ジンライムボム

同じくライムをしこたま入れた、定番ジントニックのレシピ配分を大幅変更した
カクテルです。
トニックウォーターのスパークリングとわずかな甘み、ライムの香りが
飲んだ瞬間爆発する、そんなイメージで作りました。
ある程度は氷が溶けてもジンの味わいが消えぬように
楽しくおしゃべりしながらゆっくり飲めるようなものにしました。


◯SWEET SHOT スゥイートショット

あれ? なんだこれ? でも美味しい。
ベースのお酒が半分入った、まるでレモンジュースのようなお酒と
分からないショットです。
しかしあとからお酒が利いてくる、これもまた楽しい飲み物です。
みんなで乾杯するのに気構えを必要としないものを考えました。


カウンターの中から皆さんの楽しい時間を眺めておりましたが
雑誌関係者の方々や、いきなりの珍しい来客まで楽しい一夜だったと思います。
僕も次々来る注文とお酒の評判に感無量です。
狭いバーですが、お祝いの場とみなさんの良き交流の場となったこととなれば
幸いであります。

またゆっくりどうぞ。
ありがとうございました。
posted by sexysugi at 16:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

HIDDEN CHAMPION Issue#33 リリースパーティ

つい先月くらいからキンフォークでも取り扱いを開始し、飲みながら読んで
そのままお持ち帰り出来るフリーマガジン、HIDDEN CHAMPIONの新刊リリース
パーティを行うことになりました。
バーでも外国のお客様にかなり人気で、あればすぐに無くなってしまいます。
毎回面白い切り口でさまざまな内容をお届けするこの雑誌は今回も期待出来ると思います。

HIDDEN_33ReleaseParty.jpg

HIDDEN CHAMPION Issue#33のリリースを記念して、中目黒KINFOLKラウンジにて
リリースパーティを開催いたします。みなさまお誘い合わせの上ぜひお越し下さい。

今号では、カバーから独創的かつDIYなスタイルのスケートフォトを手掛ける
ボスニア・ヘルツェゴビナ出身のSergej Vutuc(セルゲイ・ヴトゥック)を
フィーチャーしています。また、Dope Ladiesと題し、ドープなアートワークを
制作している女性アーティストを4名招集。そしてフランスの書店「0fr.」が
東京中目黒にショップをオープンしたことから、オーナーを務めるDIYなアーティスト
Frank le Petit(フランク・ル・プティ)のインタビュー。さらにHurleyが
グリーンルームフェスティバルで行ったPrinting Pressに来日していた
DIYカルチャーのキングでありDogtown and Z-boysの脚本家であり
Bones Brigadeの名付け親でもあるCraig Stecyk(クレッグ・ステシック)
のインタビューなど、「DIY」というキーワードが世界各地から
自然と集まった号となりました。その他にもまだまだ注目のアーティストを紹介しています。
ぜひ手にとってご覧ください。


--
HIDDEN CHAMPION Issue#33
Release date: 2014.6.28 Sat

-Art
DOPE LADIES - Interview with Clara Lacy, Karolina "Pistolina" Wojcik, Linda Linko, Mica Still
NOA-
Teebs
Aimi Odawara

-Photo
Sergej Vutuc

-Skateboard
“&” - feat. Yoshinosuke & MURAKEN

-Space
0fr. TOKYO - Interview with Frank le Petit

-Fashion
WHO IS MATIX? - Inerview with Chase Stopnik, Mike Anderson
The Vision of SUPRA
Street Essentials Summer 2014

-Focus
Hurley Printing Press - Inerview with Craig Stecyk, Ben Grillo
posted by sexysugi at 05:13| party boy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜の部

RIMG0408.jpg

久しぶりに夜の部行ってきました。

最近雨が多く、この日も天候が良くなかったのでめちゃくちゃ混んでおりました。
でも久しぶりに会うお友達がいまして、その人は岡山でお世話になったのですが
こっちに引っ越してきたのだそう。
しかもここFUGの店長さんともお知り合いだったとか。
毎週きてるそうなので今後もよろしくお願いします。
な再会でした。

RIMG0413.jpg

さらにセタコスクールでおなじみのA師も近所だということでわりと頻繁に通っている
ということも分かり、世間は狭いなあと実感しました。

RIMG0414.jpg

前日のなぎ屋で飲んだアルコールを全部排出するくらいのオヤジ汁出しまくり。
いやー、実にやりましたよ。

スクリーンショット 2014-06-25 2.20.46.png

そしてFUG店長さんもbluthCAPをゲット!!
ありがとうございました。
posted by sexysugi at 02:22| sk8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サプライズ誕生日プレゼントもろた

RIMG0383.jpg

丁度休みだったので親方に連絡を取り、車で迎えにきてもらい、そのあと原宿の
アウトドアウエアのショップに親方が用事があるとそこに車を止めます。
ほどなくして戻ってくると明治通沿いで親方とお友達の店員さんが紙袋を僕に。
誕生日プレゼント。
おーまじか! 嬉しい!
そのまま店員さんを拉致って千歳船橋で飲みました。

RIMG0389.jpg

せっかくの誕生日なんですからたーっくさん飲んじゃいますよお

RIMG0398.jpg

ポン酢をアテながら飲みだすとまあだいたい仕上がっております。
実は僕はこの光景覚えておりません。

RIMG0401.jpg

けっこう記憶にござんせん。

RIMG0406.jpg

僕が着ているベストなんですが、これを誕生日プレゼントにいただきました。
ノースフェイスのフィッシングベストです。
ってかこの写真撮ったのもあんま覚えておりません。

RIMG0407.jpg

これです。
ポケットが10個もついているんですよ。
ウエーディング時に、どうしても電話と財布を収納する場所に困っていて
これでもうバッチリ!
むねの上の部分の止水ファスナーのとこに入れて、さらにフローティングベストも着れますし
オカッパリでもなんでも大丈夫そうです。

むしろ、普段バッグに入れているカメラやらなんやらをこれに入れて着れば
手ぶらでいられるわけで。
まあ、使い勝手無限大っぽいこのベスト、ありがとうございました。

ちなみに僕の誕生日は5月19日なんです。
posted by sexysugi at 02:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

毎度ですタイ8

前回の記事ではちょっと高級は中華料理を頂きましたが、やっぱり常食のこれも
食べてやっぱり、バンコクに来たなあ〜って実感が湧くのであります。

RIMG0347.jpg

いつもの近所の食堂のバミー。
鶏でも豚でもお好きなトッピングでかなり美味しい。
もちろん鶏をご飯にのせてカオマンカイも作ってくれます。

RIMG0247.jpg

あとは街中あちこちにある屋台。
ここはパッタイがイチオシの有名なお店。

RIMG0248.jpg

盛りつけもシャレてて、味も美味しい。
細いモヤシみたいのがシャキシャキしてて美味しい。
箸休めにワケギみたいなネギを食べるのですが、これも美味しい。
どこで食べても同じく感じるのが生鮮野菜の鮮度がかなりいいんです。
気候のせいもあるでしょうか、生でも調理されたものでもなんでも美味しい。

瓶ビール飲みながら外でこれを食べるのが最高なのです。

当然何事も値段が高けりゃ美味いのは当然ですが
こうした料理とそれを食べるシチュエーションが、完全に一致している環境こそ
日頃日本で出来ない(うそ。夏の浅草地下街ならできます)最高に贅沢な
体験が出来るのでは??
としみじみ感じとるのです。
posted by sexysugi at 15:40| gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎度ですタイ7

なんか、おいちーの食べていなあ〜
って言っていたら、中華料理店に連れてって頂きました。
以前も激烈うめいカニカレーのあるお店に行ったのですが、今回はまた別のお店。

RIMG0374.jpg

トムヤムスープ。
まろやかな酸味がチトちがいます。 かなり美味しい。
中華料理店なのですがタイにあるだけにメニューもフュージョンされているのかも
しれません。

RIMG0376.jpg

きたきたどどどどどどーん。
中華牡蠣オムレツ、チャーハン、カニカレー、2人で食いきれるのでしょうか??

RIMG0377.jpg

これがカニカレー。実際には正式名称があるのですが忘れました。
甲羅ごとぶつ切りにしたカニを炒り卵とあえたカレー味の料理。
これが半端なくうめいのです。
カニのダシがバッチリ出てます。

RIMG0378.jpg

こっちは胡椒バージョン。かなり胡椒がきいて辛いです。
緑色のツブツブが入っているのですが、これは生の胡椒の実。
日本へは輸入されていないんですって。

RIMG0379.jpg

辛くなったお口直しにマンゴーシェイク。
これまたファンタスティックトロピカルテイスト。
かなり贅沢気分を味会わせて頂きました。
posted by sexysugi at 15:28| gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎度ですタイ6

は〜 お滑り楽しいなあ〜

RIMG0367.jpg

汗ビッチョリになった洗濯物を洗って乾かしております。
そんな洗濯物を前に、ガンガン滑りまくっとります。
前回はバックサイド、今回はフロントサイド、とコーピングにトラックを当てることが
出来て、さらにルーティンが広がってブチ上がっております。

で、疲れた身体をクールダウンしにプールに行きましょう!
とお友達とプールへ。

RIMG0369.jpg

なんとここはお友達の住むマンションの屋上なのですが、とても素晴らしい
場所でした。
完全に街の喧噪から離れた別世界です。

RIMG0370.jpg

熱帯の夜に冷たいプール。なんて贅沢なのでしょう。
あたしゃあこんなんはじめてだあよ。

RIMG0371.jpg

ブルックリンのワイズホテルの屋上ラウンジもかなり素敵な場所ですが
ここはプライベートですからねえ。
ここに小屋建ててバーでもやったらさぞ素敵でしょうに。

RIMG0373.jpg

翌日に迫った帰国日、なんとも名残惜しい。
あっという間に過ぎ去った
そんな3日間でありました。

いやー、しかしすごい場所に来てしまったもんだ。。。
posted by sexysugi at 04:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎度ですタイ5

バンコクスケーターの重鎮、N師に会いました。
ついこないだまで日本に旅行にきてタイフェスでも会いました。
その後北海道へ旅行に行き、イクラをしこたま食べたそうです。
彼はラッパーで本人は謙遜されておりますが、かなりの有名人。
日本のラッパーやスケーターもかなり繋がっております。

RIMG0352.jpg

そんな彼からタイへ行く前に連絡があり、お互いのデッキを交換しようと。
デッキとTシャツ、それぞれ交換しました。

RIMG0362.jpg

夫婦いつも一緒で、3人でランチを食べました。
ここはトンローという東京で言う青山みたいなお洒落エリアで
ここにあるタイベースの洋食フュージョン系レストランへ連れて行ってもらいました。

RIMG0364.jpg

ここのガパオを注文しましたが、かなり美味しかったです。
エカマイ、トンローは隣どうしのお洒落エリアで、バンコクに市内に行かれた際は
ここら辺で食事されるのがおすすめです。
なぎ屋もここにあります。

RIMG0345.jpg

街を歩くとこのような新しいビルが建築される予定の工事現場を数多く
見かけます。 あと数年でさらに街が発展するのでしょう。
こういう、ぶっ壊して新しいものをぶっ建てるのもまた、ワクワクする魅力が
感じられます。
かつての上海を思い出させるものがありました。
posted by sexysugi at 03:46| gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎度ですタイ4

この日はなぎ屋の系列店の「虎圭」(とらよし)へ。
知っている方も多いと思いますが武蔵小山に同じお店があってそれの
バンコク店というところ。

RIMG0336.jpg

日本街という和食中心のレストランモールに入っておりまして、こっちのは
かなりでけいです。

RIMG0339.jpg

メニューもかなり分厚く、焼き肉から寿司まであります。
かなり悩みます。

RIMG0341.jpg

今回は焼き肉を頂きました。
店員さんが焼いてくれます。
店の奥の壁に金宮のラベルが貼ってありましたが、それが千歳船橋のそれと似ていて
親方インスパイアーなのがよかったです。

日本人の旅行者やグルメなタイ人に人気のようです。
たまたま現地のテレビ番組を観ていたのですが、タイの方が日本にきて旅館に泊まったり
和食を食べたりする日本紹介番組的なのもやっていて
タイで和食が人気なのが良く分かりました。

たまに親方が武蔵小山にいるのでタイミングをみて是非虎圭にも行ってみてください。
こっちは居酒屋メニューと串揚げがございます。
コンセプトが大衆酒場なのでおサイフにも優しいです。
常連のお客さんもかなりヤバいです!!!
posted by sexysugi at 03:35| gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎度ですタイ3

釣りに出かけました。
ダーゲットは前回同様ピラルクに加えピーコックバスも。
前日の夜はあまりに楽しみすぎて眠れませんでした。

RIMG0308.jpg

バンコクから1時間半くらいの場所にある釣り場。

RIMG0311.jpg

田んぼには牛が泥まみれでゴロゴロしています。
かなり田舎な場所です。
開始から5、6時間投げっぱなしで1バイトのみ。
ああー、もうダメかなー??
なんて半ば諦めかけていたら!!

RIMG0315.jpg

きました! ピラルク! 前回同様のサイズです。
5.5フィートのショートロッドでのファイトはかなりのものです。
シイラのようにスピードはありませんが、原チャリを釣っちゃったみたいに
力強い泳ぎでラインをどんどん出されます。

RIMG0314.jpg

ランディングするとフゴーフゴーって鼻息が荒いんですよ。
これでもまだ子供。バッタンバッタンすごかったです。

RIMG0319.jpg

お次はピーコックバス。
激ショートバイトが6回ぐらいありましたが、やっとの1キャッチ。
バイブレーションの高速引きのリアクションで食わせた感じです。
水草の上にワームを乗せて、シッポをピロピローんってすると水面を割って出てくるのも
いたのですが、なかなかフッキングしません。
あとは引いてきたルアーを追ってはくるのですが引き上げるときに反転してしまう
のもいました。
釣り方はブラックバスに似ています。
これもこれで次回の宿題が出来ました。

RIMG0321.jpg

でもってお次はこれ!
アリゲーターガーです。
ファイト中はピラルクかと思いましたがあげてビックリ!
140センチの大型です。
歯がすごいので1発でルアーはボロボロに。

RIMG0322.jpg

目がかわいいのですが、実際はかなりかわいくありません。

RIMG0382.jpg

ランディングしたあと、99lbのスナップがこんな形に。
上は通常の形。
45キロまでの負荷に耐えられる規格なのですが、パワーがこんなにすごいとは。
60lbのリーダーも歯でやられていて、強く引っ張ったら切れてしまうくらいの
キズがついていました。
ワーヤーリーダーを使う人のわけがわかります。

RIMG0331.jpg

今回は2人での釣行でしたが10時間ばかりガッツリやりました。
自分で用意した道具立てで狙って獲った喜びは何物にも代えれぬものがあります。
用意した釣り竿の設計者が知り合いなのですが、本人にもこの写真を見て欲しいと思いました。

またいい思い出が出来ました。
そしてさらに深みにはまってゆくのです。

12.jpg

ロッドでなく、自分が後ずさりしながらポンピングしてます。

11.jpg

しかしこのガーはでけい。
posted by sexysugi at 02:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

毎度ですタイ2

がっつり滑って飲んで食って、翌日は街をお散歩。
ってか買い物。

RIMG0254.jpg

なに屋でしょうか?

RIMG0255.jpg

なんと釣り具屋さん。
アメリカのブランドとタイのブランドと日本のといろいろあります。

RIMG0256.jpg

前回は竿を貸して頂いてやりましたので、今回は自分の竿を2本日本から持ち込みましたが
さらにもう1本買っちゃいました。
おそらくはMHのスチールヘッド、サーモン用の竿だと思うのですがこいつを予備に
使うことにしました。
グラスが多い粘りのあるアクションが好きなのでこれはバッチリ。

RIMG0265.jpg

そしてさらにこれも。
これはバンコク発のピラルク用ハンドメイドウッドプラグ。
お店で勧められたのでこれもゲットしときました。

RIMG0305.jpg

3セットのタックルが出来ました。

RIMG0306.jpg

左から
SAURUS Blue Water Plugger’s 55 International Class / Daiwa Tournament Z 3000
SAURUS Deck stick Hyper Twitchin' 55 International Class / PENN Levelmatic 930
7.0 MH Steel head Rod / PENN Levelmatic 920

日本から持ち込んだSAURUSのタックルは以前からシイラ釣りに使っていたものです。
それを持ち込みました。
ベイトタックルはピラルク用、スピニングタックルはピーコックバス用
という道具立てで攻めてみたいと思いました。

対象魚から妄想を重ね、道具立てを考えて用意するのもまた
釣りの楽しさのひとつではないでしょうか?
前回獲った150センチを超えるサイズのピラルクを取り込んだとき
自分の持っている道具でリベンジしたい。
と思ったわけです。

さて、釣りを翌日に控えてわくわくドキドキで眠れませんでしたが、結果はいかに?
posted by sexysugi at 17:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎度ですタイ1

またちょっくらタイランドへ行ってきました。
わりと定期的な行事になりつつありますが、行くたびに素晴らしい土地であることを
実感しております。

では今回も夜の部スタート!!

RIMG0271.jpg

大きなスーパーで買い出しです。
みんなでお滑り&BBQをやってくれました。
みなさん私ごときで大歓迎してくださって恐縮です。

RIMG0279.jpg

主役の座を頂きましたので焼き台ブースで僕がどんどん焼いていきます。
その間、みなさんはボウルでスイスイやっております。

RIMG0281.jpg

みなさんかなり攻め込んでおります。

RIMG0286.jpg

こちらはバンコクローカルのR師。 激烈速いです。
ビュン〜 ビュン〜 ガリガリ〜
やべい人けっこういます。

RIMG0284.jpg

ほいほい〜 焼けましたよ〜
こっちの鶏肉ってかなりレベル高いんですよ。 かなりの量を焼きました。
塩こしょうレモンでも抜群ですし、BBQソースなんて洋式の味も用意しましたが
これまた激烈うめい!!!

素晴らしい歓迎会であたしゃこれで充分だあよ。
posted by sexysugi at 16:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

x-ray sexysushi exhibition "sneaking with eyes number one shut"

寿司の写真展にお邪魔してきました。
x-ray sexysushi exhibition "sneaking with eyes number one shut"
こっそり優しく教えてくれるカメラの先生でもあり、勝手に弟子入りして自らで名付けた
sexysugiの元ネタの師でもあるのです。

RIMG0235.jpg

レセプションは5時からの予定でしたが僕はフライングして4時前に行きました。
ちょっと作家本人は外出しておりましたが、ほどなくしてやってきました。

RIMG0236.jpg

花輪! でけー! 超目立つ!
ご本人も納得の展開のようでした。

RIMG0231.jpg

彼が切り取った過去が垣間みれます。
自転車シーンを中心に沢山の写真があり、あー、このときの、懐かしいな〜
ってのから、アメリカ生活の時の情緒ある写真などいろいろありました。
師の作品は、柔らかく時間が止まった感じのが多い気がします。

RIMG0229.jpg

この日はオリジナルの作品集も販売されており、僕も1部購入しました。
自転車繋がりで知り合った沢山のお友達がいますが
またあの頃の熱い想いをぶちまけたい衝動に駆られます。。。
じつは最近、いいブルホーンをゲットしたんです。
そしてベストライディングフォームを決める為、何種類かの長さのステムを試しています。

RIMG0226.jpg
posted by sexysugi at 06:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OODLES of DOODLES by MADSAKI

六本木のCLEAR EDITION & GALLERYにて行われている、MADSAKIの新作個展
「OODLES of DOODLES」にお邪魔してきました。

RIMG0218.jpg

いきなりこれでぶっ飛ばされました。

RIMG0219.jpg

前回となにが違うのか??
これがかなり重要な見所と読み取れます。

RIMG0221.jpg

なにかが洗練された。
という印象を受けました。

RIMG0223.jpg

ギャラリーという空間に、一見してバラバラなイメージがそこにあることが
ひとつの世界観を表していると仮定するならば、前後左右同時に全イメージを観たい!
という衝動が起こるのですが、しかしそれは目玉が耳の位置と後頭部に無ければ出来ません。
そんな人間の身体的制限がこれまたイラっとさせつつ、そんなことはおかまい無しに
作品はなにかに訴え続けている。
で、気づくと観ているはずの自分がすっかり作品共に包囲されてしまっている。
気がしたんです。
「ああ、こっち(後頭部側)にも目ん玉があればなあ〜」って。
そしてそうこうしているうちに会期が終わればここの展示は無くなってしまうんですよ。

美術鑑賞って難しいですぬ。。。

madsaki.jpg

直訳すると、らくがきどっさり。
ダブルミーニングが含まれるので、その通りの意味ではないんでしょうね、きっと。
posted by sexysugi at 05:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WOODEN TOY 展示会

先日、原宿の古着屋さんでWOODEN TOYの職人さん達が手がけたデッキの
展示受注会に行ってきました。

RIMG0210.jpg

かなりウエストコーストの古き良きを感じさせるお店です。
懐かしい〜 ってかよくこんなもん見っけてきたな!
てくらい年代物のVANSなど、普通に売ってます。

RIMG0209.jpg

弊社のおなじみbluth skateboards Master shape シリーズのデッキもこちら
WOODEN TOYさんの制作によるもの。
こちらは一人の職人さんによるオリジナルシェイプ。
オイルフィニッシュのものや、変わったシェイプのクルーザーなど
これどんな乗り味なんだろ? って思う、アイデア満載のデッキばかり。

RIMG0211.jpg

こちらはまた別の女性の職人さん。
デッキに押し花なんて東洋的でかなりイケとると思います。
ノーズを短くズバっと水平にぶった切ったクルーザーも指が入る持ち手つきで
幅広のウイールなんか付けちゃったりしたらずんぐりでかわいいのでけそう。

RIMG0214.jpg

コーシーのサービスもありまして、のんびりくつろいでしまいます。

RIMG0215.jpg

職人さん、こんなステンシルなんかもこさえてるんですよ。
4版でこのグラフィックが出来るそうです。しかしまたこれが仕事細かい。

RIMG0217.jpg

組長のO師は多忙で出払ってしまっておりましたが、職人さん達としばし団欒して
楽しい時間を過ごしました。
近々工場見学をしに行ってみたいと思います。
posted by sexysugi at 05:24| sk8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

納豆命

だいたい毎日か2日に1度は食べている納豆なんですが
しょっちゅうしょっちゅうインスタでお目にかけているかと存じます。
そこで初公開。
今回はみなさんに作り方をご紹介したいと思います。

RIMG0206.jpg

市販の納豆(僕の好みは久米納豆)を2パックどんぶりに入れ
刻んだねぎ(万能ねぎ1本を0.3-0.5cm幅に刻む)と
卵黄、付属のタレとからしに醤油適量を入れてかき混ぜます。
今回は撮影用に3パックいっときました。

普段は
スーパーで3パックが1セットで売っているものを4〜6セット偶数個買います。
時間があったら賞味期限の長いものを選びます。
基本4パック(1セットと1パック)冷蔵室に入れといて
残りは全部冷蔵室にストックしています。
1食に2パックずつ使います。
1食食べたら順次冷凍室から2パックずつ冷蔵室にうつしていけばいつでも食べられます。
うっかり1日2食食べてしまうこともあるので常時4パックあれば問題ありません。
仮に3セット買うと9パックになりますよね。すると2パックずつで4食できますが
1パック余ってしまうため、偶数数買うのです。
うっかり冷蔵室に移すのを忘れて冷凍のままでしたら、無理に解凍などせず
冷蔵室に入れ、次の日まで待ちます。
納豆をおざなりにした自分を戒める想いと、無理にレンジなどで解凍して
味に遜色が起こるのをさける為、ここは我慢します。

RIMG0207.jpg

ごはんをレンジで温めてそのまま上に乗っけて出来上がり。
ご飯は炊飯器で炊けるだけの量、5合を炊いて、茶碗1杯分ずつビニール袋に入れ
冷凍しておきます。
これで8食分くらいできます。
暖かいうちに袋詰めして冷凍室に入れるのがコツで、レンジで温めると美味しくいただけます。

RIMG0208.jpg

汁ものはわかめスープで。
これがまたあっさりスッキリ飲めて美味しいのです。
ここにも最初に刻んだねぎを少し入れます。

忙しくて時間に追われる社会人のあなたに。
2分で完食。
是非お試しを!!
posted by sexysugi at 00:36| gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

ハッスルけんちゃん

またすぐなぎ屋へ行ってきました。
この日は親方もお店に出るとのことで親方とけんちゃんが同時に店にいました。

RIMG0181.jpg

この日は僕たちは予約をしていたので大丈夫でしたが、お店は満員御礼で
お客様がごった返しとりました。

RIMG0183.jpg

焼き台はフル稼働で、焼き鳥マシーンになっていた親方。

RIMG0186.jpg

けんちゃんがんばってます。威勢のいい店員さん達の声が響いておりました。

RIMG0195.jpg

僕は小腹が空いていたので、途中の段階で鍋にご飯も入れて雑炊にして
食べました。

RIMG0198.jpg

現在、月曜日のキンフォークでバーテンをしているOleも一緒に来ました。
みんなで親方が焼いた焼き鳥を頂きました。

RIMG0200.jpg

かつての上司とまた同じ職場で働くことになったけんちゃん。
本人もこの職場でやりがいを感じて毎日毎日頑張っています。
この日の忙しさ具合で言うとアポロの年末レベルだとか。
額に汗しながら豆絞りをきりっと巻いて毎日がんばり中です。
一歩一歩着実に仕事を覚えて次期店長さんの右腕くらいになってほしいものです。

RIMG0201.jpg

RIMG0202.jpg

任務と目的に一直線に向かっている人の眼というのは、美しいと思いませんか?

RIMG0204.jpg

今年のタワシオブザイヤーはこれで決まりだぜよ!
posted by sexysugi at 20:23| gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

bluth skateboards Master shape “Standard phase2” リイシュー

リイシューだなんて、まるでギターみたいじゃないですか!
当ブログの過去記事をご覧あそばされてください。

phase2へモデルチェンジして1年半ほど経つんですね。
リイシューと言うにはまだ年が浅い気もしますが。
セカンドロットっていう言い方のほうが正しいのでしょうか? 

tumblr_mn6y1pcdgL1qa808co1_r1_1280.jpg

こちらのモデル、たま〜にお問い合わせをいただくのですが
先日ダンナのところに頂いたお問い合わせが、かなりアツかった。
とのことで、こりゃイッチョ作んべ!
と、また再生産するはこびとなりました。
完全にお客様からケツ蹴っ飛ばされたかたちです。

もうすでにウッデントイさんには発注済みなのですが、梅雨に入った為塗装に
時間がかかるそうなので、しばし待たねばなりません。
夏には間に合ってほしいところです。

10425116_793080594037631_1691387884616290311_n.jpg

さらに、こちらのTシャツのほうもナゾで今頃人気が出てまいりました。
まさにこのデッキとTシャツ、あと帽子もなんですが
最初期のモデルに火がついたみたいなんです。。。
Blues Is A Feeling.
この言葉は、読んで字のごとくそのまんまですが、bluthにとっての哲学そのものを表している
と言って過言でない大切な意味合いを持っているので、弊社なりには重めの1作です。
書体の選択から文字組、構成、プリント位置、何度も微調整をして完成しました。
また、THE TRICK LESS WONDERの書体がタイプライター風味になっているのも
のちにブロック体に変更となる前の未完成な部分が垣間みられ、ちょっぴり
恥ずかしい気もしますが、それもまた振り返るほどの活動時期を積み重ねた証拠である
と、ダラダラやってきたわりには感慨深い気持ちです。

ちなみに
弊社のホームページ最近の画像が一番トップに来るようになっており
したがって過去に掲載したこれらのデッキとTシャツは一番最後のページで見ることができます。

ロックバンドしかり、ファースト、セカンドアルバムあたりが名作が多いように
初期の作品は始まったばかりの若さや必要以上の気合いが入っているのかもしれません。
そして3枚目でおかしなのを作って、4枚目でポピュラーソングになり
5枚目6枚目あたりで昇華して解散。みたいな。

てなわけでようやくbluthの価値はある意味一周した、と仮定します。
二周目はあるのでしょうか?
あるとしたら、さらに面白くなってきそうな気がします。
posted by sexysugi at 03:35| bluth skateboards | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

大森ツアー 次男棒

RIMG0161.jpg

そしてフィフティからの、次男棒。
以前アキさんからジンギスカンを始めた、という話を聞いていたので
早速攻めてきました。

RIMG0164.jpg

新しい家族、スキップもいました。初のご対面。
かわいいでしょ? でも結構身体がデカいんですよ。
毛がフワフワです。

RIMG0166.jpg

悩み無用。いきなり注文。

RIMG0170.jpg

ラムのクオリティがいいんですわ。
タレも青森から取り寄せているスペシャルだそうで、一味をブチ込んで
激烈うめい。
一人でこれやっちゃってるんですから、贅沢ですよ。

RIMG0172.jpg

現在の渋谷ヒカリエとなる前の東急文化会館には、30年前屋上にスケートパークが
あったのですよ。
実際僕も子供の頃見たことだけあります。
ボトムが無い完全なハーフパイプで、ローラースケートをやっていた人を見ていた
記憶があります。
そこでアキさん達が滑っていた。

10261728_578625585584087_1112698088_n.jpg

というお話など、昔の日本のスケートボードシーンの話を聞きながら
美味しくお酒とジンギスカンを頂きました。
この写真、30年前のヒカリエですよ。 信じられないでしょ?
アキさんFacebookからお借りしました。
この当時は田園都市線もまだなかったそうです。

ってかジンギスカン凄い量なので腹が破裂しそうです。

RIMG0175.jpg

この日はチケット2回転して大満足。

RIMG0178.jpg

しばらく来るのサボっていてすみません!
今やこんなタコスまであるんですよ。
しかもでかい。
また行く楽しみが増えてしまいます。
また近日中にお邪魔します。

大森も立石パターンと同じく、仕上がって帰れなくなってしまうの魔境の地なのです。
ご一緒したい方は帰りは知りませんが遠慮なくついてきてください。
posted by sexysugi at 03:20| gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

憩いの店

現在、キンフォークのほうは木曜日から日曜日の週4日の出勤をし
残りの月曜日から水曜日まではbluthの営業やキンフォークの事務的なことを
やっております。

RIMG0157.jpg

この日はダンナのところに営業マンしました。
フィフティのライダーT師も居て、しばしご歓談。
ここに来るとついつい長居してしまうんですよねえ。
外のベンチに座ってのんびりするのがつもつい季節です。

RIMG0160.jpg

弊社製品もここんとこ継続していい動きでして
売れちゃあ納品、売れちゃあ納品、売れちゃあ納品、売れちゃあ納品
の繰り返しです。
例の鞄屋のバッグも好調で、肩ひもを締めた時のあまりがブラーンとなってしまうので
それをスマートにまとめる方法をお客様にお伝え出来るように、説明をしてきました。

そのやりかたはまたこのブログでも解説しますね。

そんなこんな、大森ツアーは続きます。
posted by sexysugi at 18:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする