2015年08月27日

CHIP 'N' DALE オフィシャルファンブック

弊社取り扱いの例のチップとデール製品なんですが、ディズニーデザインブックから
更に飛躍したのか、チップとデールのオフィシャル専門誌に掲載されてしまいました!

IMG_3453.JPG

か、かわいいじゃあありませんか。。。
チップとデールのストーリーや、様々なグッズが紹介されており、弊社のものも
載っております。
いろいろ勉強になります。

IMG_3455.JPG

IMG_3454.JPG

デッキの横のこけし、気になりますねえ。
構成してくださった方のセンスに感謝いたします。
どうもこのチップとデールさん、最近やたら人気者だそうで、ディズニー好きの
方からの支持が増えているのだそう。
僕もたまにはディズニーランドに行って、チップとデールと一緒に
写真を撮ってこなきゃな!
ですぬ。

弊社のディズニーシリーズは完全に一人歩きしたみたいです。
bluth+ディズニーの製品打ち合わせ初日に言い放った
「うち(bluth)は三流だから、チップとデールみたいな脇役がいいです。できますか??」
って言葉から、製品になるまでの期間が1年半。
そして今やこんなことになるのですから、世の中わからないものです。

飽きのこないマスターピース。
とても気に入っています。
チップとデールのキャラはじつに弊社のイメージとバッチリなのです。
弊社も同様、いつまでもこの脇役スタンスですので
僕自身の、ものづくりに対する意欲や純粋な面白みが失せるまで
bluthというブランドが終わることはないでしょう。


コンセプト。
という言葉を軽々しく発する事のないよう
常に自らはどういったことを成してそれをいかように世の中との接点を保ち続けているか?
と、自問しながらタイミングをみて製品を企画して生産を実行します。
「どう在るか」
この言葉、bluth的にとてもとても大事です。
自然と文脈に沿った商品構成になっている気もします。
bluthの製品を手にしたお客様が自由に、文字ではない眼に見えない文章を詠んでいる。
そうであれば幸いです。


サテ、難しい話はこのくらいにして
かわいいかわいい我が子のようなbluth製品をご利用頂いている
全てのお客様にここで厚きお礼を申し上げます。

いつもありがとうございます!!!
みなさまの日常の良きパートナーとなれますよう、恥のないものづくりに向けて
一層精進してまいります。
posted by sexysugi at 02:48| bluth skateboards | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

徳島夏休み4

僕は徳島に行く前、鞄屋に釣りをしたいので釣り場のチェックをするように
お願いしておきました。
メインのターゲットはブラックバス。

徳島のブラックバスが釣りたい。
という思いが、今回の夏休み最高の思い出になりました。

RIMG2397.jpg

田んぼの周りの用水路。
あちこち歩いてはルアーを投げ、様子をみます。

RIMG2396.jpg

鞄屋と、のんびりテクテクおしゃべりしながらの釣りも楽しいもんです。
2回ほど出ましたがフッキングせず。
でもこの釣りはそれでも楽しいのです。
そういうもんです。

そしてとある野池。

僕はフローターと言う浮き輪を借りて、鞄屋はサップで池に入り日没のつかのま

IMG_3272.jpg

こんなのが釣れました。
入水して10投ほどのハプニング!
ノイジーにバッコリ出ました。
こりゃーやめられませんよ。
初めての釣り場、鞄屋がガイドして僕が釣る。
このドラマは1年くらいしゃべり続けても風化しないでしょう。
なんせ僕にとっては鞄屋が釣りにハマってくれたのが最大の幸福なわけでして
こうしてこの2人がまた新たな共通の趣味で遊べるってのが嬉しかったのです。

IMG_3325.jpg

魚が綺麗なんですよ。
台風が近づいていたため天候も悪く土砂降りの中やっていましたが
嬉しさもひとしお。

帰りの支度をする時にした固い握手がこれまた感動。
次回は秋、スズキ釣りでお世話になると思いますが、また最高のドラマが待っていると
思います。

本当にいい夏休みの時間を過ごせました。
ありがとう。
posted by sexysugi at 00:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳島夏休み3

友人2人が家族と共に徳島に移住してかれこれ1年半が経過しました。
1人は鞄屋で1人はビンテージスクーター屋。
現在ではほぼ地元民として毎日自分のなすべき事をやりながら楽しく
暮らしています。
サーファーでもある彼らにとっての徳島もまた天国のような場所なのです。

IMG_3287.jpg

鞄屋は住居の一階をアトリエにして、渋谷にいた頃と同様に注文を受けては
鞄をこさえています。
弊社とほっぽらかしになったスケートバッグもまた再度企画することになりそうです。
おたのしみに。

IMG_3291.jpg

ラビット屋は各地からラビットを見つけては集め、工場とは別に倉庫を借りるほどの
ストックを持つようになりました。

IMG_3296.jpg

四国では古い車やオートバイを趣味とする人が沢山いるそうで、そういった人が
訪れる場所になってきたそうです。

IMG_3315.jpg

これは長い事放置されていた為、植物のつるが絡み付いてしまったもの。
このまま機関を直して外装をそのままで乗るのもいいかもしれませんね。
キンフォークにも展示販売していますので、一度じっくり見にきてください。
納得のクオリティです。

こうして毎日がゆっくり流れる中、仕事と自然の趣味を楽しみながら
上質な食材を使って自宅でちゃんと調理して生活する。
こんな贅沢はほかにあるでしょうか。
posted by sexysugi at 00:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

徳島夏休み2

次の日は海水浴をしにビーチへ。
家から車で5分と言う、超ご近所での海水浴。
夏の鳴門は初めてだったのでかなり期待していきました。

RIMG2384.jpg

めちゃくちゃ綺麗です。
しかもガラガラ。
数組のグループがおりましたがそれで大混雑との事。
普段は全く人が居ない日もあるとか。

RIMG2380.jpg

FullSizeRender.jpg

鞄屋が最近手に入れたサップというイカダで遊びました。
なにげに安定感があり、立ってパドルで漕いで進むわけなんですが
浮力があるので2ケツもできて、僕は沖の岩場まで渡してもらって
そこで釣りをしました。

泳いだり日焼けしたり、のんびりしていると、鞄屋が岩陰でゴソゴソやってます
ほどなくすると

RIMG2385.jpg

こんなに沢山の岩牡蠣が!
鞄屋は海女さんになったそうです。

IMG_3231.jpg

で、家に帰って殻をムキムキして

IMG_3237.jpg

炭で焼いて食う。
これぞ地産地消の自給自足ライフ。
こんな簡単にですよ。

IMG_3260.jpg

しかもご近所の釣り師のおじさまからこんなお裾分けがあったり

IMG_3276.jpg

でこうなる。
すばらしいったらありゃあしない。
これらのお魚もボートでちょっと沖に出ればすぐにゲット出来てしまう。
釣り師にとっては天国のようなところなんですね。

IMG_3312.jpg

鞄屋号のトラックもありますので、運転すればどこでも行けるわけで。
近所にはコンビニが2軒しかありませんが、この何も無き状況こそ
なんでもあるのだな。
と実感させられます。
この暮らしは完全に我々の理想と呼ぶに相応しい。
posted by sexysugi at 23:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳島夏休み1

今年の夏休みは鞄屋が移住した徳島県鳴門市へ行ってきました。
新大阪まで始発の新幹線で行き、そこで大阪の案内人と合流し車で徳島へ。

IMG_3138.JPG

IMG_3140.JPG

朝っぱらからかなりウキウキでございます。

IMG_3151.jpg

到着すると案内人自慢の地元のポン酢を献上し、いざ川遊びへ。

IMG_3201.jpg

鞄屋は全く変わった様子もなく、サンボも元気にしています。

IMG_3170.jpg

RIMG2373.jpg

とても綺麗な川です。ここには沢山の鮎が泳いでいて、僕の他3名はモリで
捕まえようと必死です。

RIMG2372.jpg

炭に火をつけてちょっとした暖をとったり、楽しいピクニックでした。

RIMG2376.jpg

僕は川釣りの道具を用意していたのでちょいとミノーを引いてみると
こんな魚が釣れました。ハヤの種類でしょうか。
山の空気を吸ってリフレッシュのあとはここいらの温泉に入って
市内の阿波踊り祭りへ直行です。
かなり詰め込んだスケジュールですがみんなでくだらない事をしながら
爆笑の一行でした。

IMG_3173.jpg

IMG_3178.jpg

徳島の阿波踊りはもうこれで2回目となりますが、本家だけに異様な盛り上がりを
見せていまして、それに釣られて我々もナゾな盛り上がりでした。
鞄屋もこのメンツにすぐに打ち解けたようで、いつもどおりの動きでよかったです。

で、家に帰ってひとしきり飲んで電池切れにて就寝。
posted by sexysugi at 23:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

月曜オヤジ会

今回のオヤジ会は恒例の鉄腕です。

IMG_3104.JPG

みんなでレッツゴー!!

RIMG2338.jpg

はい到着。
でもってすぐに宴会開始!

RIMG2345.jpg

ドリンクバーもございます。

RIMG2346.jpg

カンパリソーダにフルーツをブチ込んで、秋山式フルーツパンチの出来上がり。

RIMG2344.jpg

カツサンドもあります。

RIMG2347.jpg

で、ようやく肩ならしをしつつ、ボウルでグイングインします。
アキ秋山40周年モデルのテストライド用サンプルデッキを乗らせて頂きましたが
これまたご機嫌です。
これはゲットさせて頂きます。

ガッツリ滑ったその後は
お待ちかねのアフタースケート飲み屋さんへ。

RIMG2358.jpg

RIMG2359.jpg

新小岩の店なんですが、最高なんですよここ!
みんなで乾杯して本日も納得のマンスケでございました。
いつもありがとうございます。
充実しまくりです。

ちなみに今回参加して車を出してくださった師は
20年くらい前のアポロで、親方、ダンナと一緒にバイトをしていた方なんですよ。
先日のスクールにもいらして、ラムネの差し入れを持ってくださいました。
親方とは17年くらいぶりの再会だそうで、今もこうして一緒に同じ遊びで楽しめるのは
実に素晴らしい事と感じます。

むーかしーのーとーもーはーいーまーもーともー♫

俺とお前と! オヤジ会〜!

いつまでもよろしくお願いいたします。
posted by sexysugi at 00:01| sk8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

セタコスクール

毎日暑いですね。
今月もスクール、バッチリやりました。

RIMG2282.jpg

お盆シーズンのアレでしょうか、今回は生徒も先生もちょっと少なめです。

RIMG2293.jpg

でも皆さんマンツーマンに近い状態でがっつり滑って。。。

RIMG2307.jpg

スイカ割りがありました!
毎年夏のスクールではこのような行事も行っております。

RIMG2333.jpg

ラムネの差し入れも!

RIMG2319.jpg

さーさー、ブチ割っちゃってくださ〜い。

RIMG2334.jpg

ご父兄の方々、スタッフの協力、いい人の輪がこのスクールを維持している
秘訣でしょう。
本当にそう思います。いつも皆さんありがとうございます。

RIMG2336.jpg

納得の展開。

IMG_3084.JPG

先輩も毎回参加してくれております。

IMG_3063.JPG

ちょっと汚れてるからキレイキレイしましょうね。
と、こうしてごみを片付けてくれる妖精もいるんですよ。
ありがたいことです。
やっぱり子供が転げ回る場所に吸い殻があったらイヤですよね。。。。

IMG_3094.JPG

んでもって、親方が仕事でスクール欠席だった為、みんなでなぎ屋に押しかけました。
このメンツ、結構レアなんですよ。
分かる人にしか分からない、歴代アポロのスタッフがズラリ。

IMG_3096.JPG

さいごは雑炊でシメて終了です。
人々が集まる、寄り合いってもんはいいですぬ。
また来月もよろしくお願いいたします。
posted by sexysugi at 14:02| sk8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シイラ釣り

先日、シイラ釣りに行ってきました。
じつに4、5年ぶりなものですから久々ブチ上がります。
毎年の楽しみで、船上での冷えたビールが最高の夏のイベントです。

RIMG2255.jpg

三浦半島の長井港から出船し、相模湾の沖に出ます。

RIMG2256.jpg

猛暑日。かなりの炎天下、ショートロッドで猛ファイターに挑みます。

RIMG2264.jpg

5.5フィートの長さというショートロッドは腕の延長として巧みにルアーを操作し
スレたシイラにスイッチを入れます。
ルアーはバスプラグに海水対応の針に交換したものが多いです。

RIMG2269.jpg

タックルはこんな感じです。

RIMG2276.jpg

オスのメーターオーバー。
このくらいのサイズになるとものすごいダッシュとジャンプを繰り返し、結構な
ファイトタイムを要します。
それがおもろいのです。

RIMG2281.jpg

キープしたシイラはフライなどにして頂きます。
いわゆる、コンビニ、スーパーで売られている「白身魚のフライ」の正体は
ほとんどこれだそう。

かつて10数年前にこの釣りに参加させて頂いた頃、相模湾は世界一シイラが釣れると
話されていました。
僕も初めての乗船の日、ポイントに着いた1投目にして釣れてしまい、次第に船に群れが
付いてしまい終日入れ食いという状況もありました。
しかし最近ではシイラも漁の対象魚に加わったそうで、激減したみたいです。
こういった釣魚に対する魚の見方は釣り人にしか持っていないもので
釣れなくなってくるのは安易に理解出来ます。
実際に魚が少ない。

自然科学の本のいうとおり、大げさな話ではなく、資源というものの限りは
こうしてすぐに解ってしまうのであります。

ちなみにこの日は5バイトの3キャッチでした。
かつてのどんなルアーにも反応した、連続バイトの腕パンパンの日は
戻るのでしょうか??
posted by sexysugi at 13:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする