2017年02月11日

狭い葛飾、遠い親族

先日、いつものごとく葛飾へ行ってきました。
前々から知っている、いつもの面々の人脈の狭さにいつも感心?
驚かさせられて?
いるわけですが、なんでかっていうと

毎度のN師とJ師は母方の従兄弟同士、料理人のほうのN師とD師は実の兄弟
また別のN師とY師は実兄弟、ヒゲのJ師と最初のN師は同級生でJ師の嫁さんは
最初のN師と幼なじみ、マンションは違えど家はマンションの近所。
これはここら辺の仲間では一部なんですが、このうち5人は同じマンションで
生まれ育った幼なじみというこの狭さ、赤ちゃんだったのをだっこしていた事もある。
しかも30過ぎた今でも地元の飲み屋でばったり出くわして普通に一緒に飲んでいる。
この繋がり、狭さはすごいですよ。
何丁目ってレベルのエリアで引っ越しもせずにずーっと一緒。
もちろん彼らの両親も一緒。
現在もそのまま。
立石のうちだで自分のお父さんと普通に別席で飲んでるレベル。

IMG_1439.JPG

これが例のマンション。


さて、この日はたまたまなんですがこのマンションのあたりで飲むかってことになり
N師とJ師(従兄弟)とマンション(N師の実家)の向かいの焼き鳥屋で飲んでいました。
当然ここは彼らの家族ぐるみで小さい頃から知っている店です。
するとJ師の両親がいらして一緒に4人で飲む事に。
N師からすると親戚のおじさんおばさんになるわけです。

で、そこをあとにこれまた家族ぐるみのお付き合いのある近所のお寿司屋さんへ
行きました。ちなみにこのお寿司屋さんで、N師とJ師(従兄弟)は出前のバイトを
していました。お寿司屋さんの息子さんはN師の姉と同級生。

IMG_1440.JPG

美味しい刺し盛りをつまみに飲んでワイワイしていました。


ここからが本題です。
そのお寿司屋さん、店主は70歳くらいで僕が目黒から来たと言うと店主も出身は
目黒だと。店主は3中で僕は4中。
まあ、そのくらいは偶然と言えるレベルだと思います。
住まいはと聞かれ三田だと答えるとやはり3中の区域なので店主はその辺の地理に明るい
わけです。
僕の自宅の近所に路地があって、そこに空き家のボロ屋がいまだにあって、そこの人は
同級生だったそうで、さらにその並びにもう一件友達がいたそうでその人の名前を聞くと
僕の母方の親戚だったのです。
その家は、僕のひいおじいちゃんの兄弟の親族なので遠い親戚になってしまい
直接には面識はありませんが、表札も確認していますし親類の人がいることはこちらも
わかっていました。
母方のルーツは長野に本家があって、お寿司屋さんの店主も母方の親戚もまだ子供で
戦争のときに疎開してその長野の家で一緒に過ごしたと言っていました。
お寿司屋さんの店主と母方の親戚は中学を卒業し、疎遠になって50年後、
お互いどこで何をしているのかも知らぬまま、たまたま母方の親戚は奥戸にある
このお寿司屋さんに知人と入ったところ、店内に飾っている店主の表彰状の名前で
気づいて長らくの時間を経て再会したそうです。

そしてさらに何年か経った後に友人の地元に招待されて
僕がそのお寿司屋さんに行ったという、経緯です。



、、、長い文章になりましたが
奥戸と言う縁もゆかりも無い場所に
縁の濃いい家族親族幼なじみの輪に引き寄せられたのか
こんなご縁が生まれました。

N師もあんな目を輝かせてた店主は久しぶりに見た。と言っていました。
長い時間を経た太い絆に、関わることのできたわずかな細い線ですが
繋がった感がなんだか偶然では片付けられないちょっと特殊な驚きがありました。
店主の嬉しそうな顔が惹き付けられる力がありましたね。

おそらくですが疎開先で店主と僕の母親は会っていると思うんですよね。
夜でも長野から見た東京の方の空は真っ赤に燃えていたそうです。
posted by sexysugi at 06:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元難民の残党

この日もいつものごとくコマザワンヌでお滑りをしてパークが閉園したあと
ちょっと今日もやっちゃいますか。
と、いつものお家へ。
メンバーは難民時代の初期の面々。

IMG_1418.JPG

で、この日は飲みをメインというより、おかずとごはんが食べたい!
というみんなの希望により、親子丼のおかずバージョンと豚の生姜焼き
そして豚汁。
という、男の子なら誰でも好きなやつを作って頂きました。
この日のシェフはローカル女性のS師。
美容師さんなんですが、お料理の腕もランプでのF/Sハリケーンもハンパない!
さらにケーキもつくっちゃいます。

IMG_1419.JPG

激烈うめい。。。
この一言以外、食べ終わるまで口にしませんでした。

このメニューに関してもそこらの定食屋じゃ再現出来ませんよ。
自分たちの為に作ってくれた嬉しさと、食べときの美味しさの歓び
嬉しすぎて泣きそうになります。


もうね、なんていうんですかね、僕のような一人もんはせいぜい家で
納豆ぐらいしか食わないので、こういった人様による手料理、いわば人の家のメシ
まさしくそれに飢えていた自分に気づいちゃったわけですよ。

僕は小学生の頃から人の家のメシが好きで、しょっちゅう友達の家へ遊びに行き
夕飯をごちそうになり、友達と銭湯で風呂に入り、さらにはそのお家に泊まってしまい
翌朝着替えに家に帰って登校するのを良くやっていました。


外食とは違うのですよ、その人の日々の実生活や生き様、積んで来た経験とか
ひっくるめて
職業的でない、ナマのその人の部分も一緒に食べているような気がするんですよね。
いちいち大げさなんですが
美味しい、うまい、以外のなにかに気づいたんですよ。
posted by sexysugi at 04:47| sk8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

難民その後

コマザワンヌもリニューアルされてはや1年経ちましたが
難民時代の家飯会が現在でも継続されておりまして、プロ級主婦の手料理から
素敵なデザートなど、毎回更なるグレードアップにハートをシャウトさせられます。

IMG_1374.JPG

ローカルのM師。弊社スケートバッグを入手されて歓びの感情を
フェンスに登ってあらわしておりました。

お滑り終了後、参加者は買い出し班と荷物預かり先に家で待機班に別れ
それぞれの任務に就きます。

IMG_1379.JPG

買い出し班が家に戻ると早速仕込みからスタートします。
M師は入手したスケートバッグを早速買い物バッグとしてネギ入れに使用して
僕もクリエイター冥利に尽きる瞬間に触れる事が出来ました。

IMG_1386.JPG

あとはシェフに全投げして、飲むなりおしゃべりしてごちそうを待ちます。

IMG_1387.JPG

さあさあ、出来ましたよ!
シェフはお子さんもいる本物の主婦で、献立についての人数分の材料の量と
プライスレンジをも考えて作ってくれます。
この日は鍋でしたが3回転して3種類の鍋が出てきました。
全員それぞれいい具合の満腹加減で満たされ、きれいに完食しました。

IMG_1384.JPG

男性の参加者の1人は嬉しさのあまりついお戯れになっちゃったりと。。
そりゃあ解ります。完全に胃袋つかまれます。

さらに
この日はお誕生日の人が偶然2人いらっしゃったのでケーキまで出てきました。

IMG_1399.JPG

このケーキもなんと手作りで、2人の女性が1つずつ別々に用意してくれました。
ガトーショコラとチーズケーキの2つ。
これでみんなでお祝いして楽しい時間を過ごしました。

IMG_1398.JPG

皆さん全員、スケートボードで繋がったお友達でこんなアットホームな会。
楽しくてほっこりするんですよね、不思議と。
それって女性が作る手料理だからなのでは??
あながちはずれじゃなさそうですよ。
僕は鍋の温かさの他に、母の愛情を感じています。
posted by sexysugi at 04:18| sk8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする