2017年10月12日

シアトルご案内

無事空港でM師をピックアップし、シアトルの街を観光しました。
まずはお友達のブティックへ。

IMG_4845.JPG

先週開店したてのホヤホヤで、奥にはカフェスペースも出来るそう。
ちなみに弊社の製品もおいて頂けそうな雰囲気が。。。
シアトルにも今後用事が増えそうです。

IMG_4848.JPG

そこからフィッシュマーケットへ。
かなり賑やかなところで、沢山のお店がひしめいています。

IMG_4847.JPG

オススメのフィッシュアンドチップスのお店。
ハリバットのフライが激烈うめい。
カレイの仲間なんですが肉食で2メートルぐらいの大型になるんですよ。
ザブトンどころか、フトンサイズですよ!

IMG_4850.JPG

アメ横っぽくて楽しい場所です。
シアトルはこういった魚介類が名物で、生活もしやすそうで気に入りました。

IMG_4854.JPG

でもって、M師の故郷へ行くんですが、フェリーに乗って対岸のポートタウンゼント
というところへ行きました。
そこがまた自然が沢山あってのんびりしていて、ものすごくいいんですよ。
posted by sexysugi at 08:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JIMI HENDRIX MEMORIAL

IMG_4829.JPG

僕が16歳のときに初めて彼の音楽を聴き、それまでのギタープレイが一変し
過去の音楽にどっぷりハマったきっかけとなったのがJIMIでした。
それから彼についての興味は衰えることも無く今でも聴いていますし
まだまだ聴いていない音源もあります。
聴き始めた頃ですでに他界し、シアトルと言ったらジミヘンの墓。
くらいしかこの土地についての知識はありませんでした。
なので、時間を作って行ってみました。

IMG_4830.JPG

IMG_4831.JPG

この下に彼が眠っているのかは解りませんが、大きなモニュメントがそこに
ありました。

IMG_4832.JPG

大きなストラトの彫刻、ちゃんと逆さまさん。
これこそジミヘンです。
ポートランドからここまでの道中、車の中で彼の曲を聴き続けてやってきたのが
なんだか自分にとっての素直な彼への思いだった気がします。

初めて聴いてぶっ飛ばされた、海賊版のRADIO ONE
未だ練習中の名演、RED HOUSE LIVE AT WOOD STOCK
聴くたびにしんみりのんびりする、ELECTRIC LADY LANDの2枚目

これらを車中で流しながらやって来ました。

IMG_4833.JPG

来て細々見て回り一服し、そこにあったストラトのヘッドにタバコを一本お供えして
きました。

10分ほどの滞在時間でしたが
ギターという楽器(道具)を使って、唯一無二の音を出した天才に
敬意を表すことができたのが、今回の旅の大きなイベントだったと思います。
posted by sexysugi at 01:45| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シアトルへ

IMG_4816.PNG

ポートランドから2時間半ほど車で北上すればシアトルへ行けます。
そこは先日結婚したM師の故郷で、師が僕を地元案内しにわざわざニューヨークから
来てくれる予定になってまして、僕がシアトルの空港へ迎えに行くという流れで
車で向かったわけです。

IMG_4819.JPG

アメリカでの車の運転は基本的に、右側通行左ハンドルにさえ慣れてしまえば
簡単です。道は広いし、だいたい縦横なんで。しかも、グーグルマップの案内で
カーナビが出来ますし、迷わずどこでも行けます。

IMG_4823.JPG

家だってそのまま運びます。
キャンプのトレーラーハウスにさらにSUV車を繋げて引っ張ったりしています。
アメリカはどこえでもなんでも運びます。

IMG_4824.JPG

ほどなくして到着。
到着時間も早いので朝ご飯ですが、いきなりメヒコ料理屋でプレート。
これまたうめい。

IMG_4825.JPG

ちょいと早めに到着して行きたかったのがここ。
シアトルの丘の上にある墓地です。
posted by sexysugi at 01:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釣り TILLAMOOK BAY

ここポートランドに、お友達がお仕事で移住しておりまして、師も釣りやられるので
是非! と、連れてってもらいました。
ティラムーク湾という川の河口部に出来た大きな湾で、そこでキングサーモンが釣れる
との言葉に自分が釣られて行ってきました。

ポートランドから2時間くらい。やっぱアメリカはデカいですよ。
こんなのは全然余裕の距離です。

IMG_4785.JPG

着きました。朝まずめ狙いでいきます。

IMG_4786.JPG

相模川くらいの広さの河口で、ゴロタ場になっています。
ゴロタ周りには根魚がいるとのことで、早速バイブレーションを投げると

IMG_4790.JPG

はいキタ!
これは希少種だそうですぐリリース。

IMG_4791.JPG

IMG_4811.JPG

時合いだったのか、ぽんぽん釣れます。
これはブラックロックフィッシュという魚だそうで、速攻シメてキープ。

それからサーモン狙いでしばらく粘りましたがなんもなし。
目の前をレイクトローリングをやっている船が何杯かいたのですが、反応は無さげな
感じでした。

IMG_4809.JPG

湾の内部へ移動すると、このくらいのベビーサーモンがスプーンでぽつぽつ釣れました。
ルアーが届くくらいの沖にいたレイクトローリングの師が90センチくらいの
ブリブリ太ったキングサーモンを釣っていてこっちの活性が上がりましたが
居るは居るってことだけは分かりました。
やはりやつらはボトムらしいです。

てなわけでロックフィッシュのお土産が出来ましたし、小さいけどサーモンも10匹
くらいキャッチしたので、これでオッケーと言うことで終了しました。

帰り道、ポートランドのダウンタウンにある南部料理の店で食事をして解散。

IMG_4813.JPG

ガンボ乗せライス

FullSizeRender.jpg

アメリカン健康食品セット。
バーベキューがでかいしうまい。
かなり大満足でした、

初のノースウエスト、楽しませて頂いております。
posted by sexysugi at 01:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PIAR PARK

やはりポートランドにもパークが点在しておりまして、おすすめのパークに行ってきました。
ここもボウルが小から大と3つあり、大が結構な気合いの入れ具合でびっくりします。

IMG_4750.JPG

これか。
いきなり上からは無理なので、フルパイプのところでターンを繰り返してスピードを付けて
カービングしにいく、といった動きなんですがこれまたおもろい。
このボウルも良く出来ていて、端から端に向かってやや斜面になっているんですよ。
なので低い方へ向かって漕いで行けばスピードも出て、下からやっても783640。

IMG_4751.JPG

この辺の小、中ボウルも非常にやりやすくて楽しく出来ます。

IMG_4754.JPG

ストリート系セクションもございます。
ここは公園の中にあるパークで、まわりが芝生なので、飲み物食べ物とゴザを持って
ピクニックしながらみんなで遊べそうなところです。

やはりここにも同世代かちょっと下の主みたいな人が居て、なんとなくそれぞれの
パークには管理人的な役割の人が居るんだなあ、と思いました。
posted by sexysugi at 00:45| sk8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BURNSIDE

IMG_4743.JPG

いつからスケートビデオを通してこのパークを知っていたことでしょうか。。。
ついに来ました!
基本的に、初めてのパークは人のいない朝から貸し切り状態で攻めるのがよろしいかと
存じております。
で、昼過ぎからローカルが来始めて、皆さんの滑りを見て研究するといった動きになります。

IMG_4738.JPG

いやーブチ上がる!

IMG_4739.JPG

表面がガタ付いている部分もあるのですが、以外と気にしなければ問題なく滑れます。
さらに、優しいラインもありまして、そこでスイスイやれば行ったり来たりは出来てしまう。
という、素晴らしい場所でした。

IMG_4740.JPG

ここであれか。
結構高いですよ。ここの上からテールをかけてオーリーインした某師はすげいですよ。
このバンクから、入り口の通りに向かってやや斜面になっているのでものすごい
スピードが出ます。

ローカルの方の中で、連日いた先輩風の主とも仲良くなり、さらに他のローカルに
良く来るんですかと訪ねると、とんでもねえ、あたしゃ26年来てるだよ。
と、このパークの歴史の凄まじさを実感しました。
でもって、そのローカルの方がビールを2箱持って来て、みんなでワイワイ。
ハロウイーンまでいるのか?と聞かれましたが、毎年ハロウイーン祭りを
ここでやっているそうです。

この日も爆竹ならしたり、ポンポン飛ぶ花火を滑っている人に向けて打ったりと
なかなか賑やかな場所でした。

ここはハマりますよ。
いろいろなルーティンが出来ます。
しかも、さすがローカル。
激烈うめい。

勉強になります。

IMG_4748.JPG

宿で食ういろいろを買い出しして、のんびりしました。
posted by sexysugi at 00:33| sk8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする