2011年09月13日

こちら川向こう

マンハッタンからすると、ブルックリンという場所は川向こうとなりまして
いくつかの橋で繋がっております。
というのを昨日知り、そっちに渡る電車がお休みだそうなので船で渡る事にしました。

IMGP7676.jpg

と、その前に腹ごなし。
小さめのハンバーガーにフライドチキンビスケットサンド。
屋台村みたいなのを広場でやってまして、すかさずゲット。
川をみながらお昼を過ごしました。

IMGP7679.jpg

これでマンハッタンに渡るわけなんですが、なんとまさかの逆方向に乗ってしまった
ようなので、そのまま遊覧船気分で乗って行きます。

IMGP7687.jpg

これがブルックリンブリッジです。
古い造りのシブい橋ですヌ。
ちなみにこの向こう側に例のバンクがあるらしいのですが
現在はお滑り出来ないのだそうです。

IMGP7695.jpg

ブルックリン側は工場や倉庫が沢山あるそんな感じの場所なので
こっちのほうが僕的には落ち着きます。
いろいろな飲食店や洋服屋さん、スケートショップもあったりして
今後の発展がある場所らしいです。

IMGP7702.jpg

無事に用事を済ませ、ウロウロしているとこんな迷彩の車が。
軍用車が銀座に駐車しているような感じですか。なんだか不思議な光景です。
で、マンハッタン側から川向こうにまた戻るわけですが、また同じ船に乗り込んで
任務終了です。

やっている事と言いますと、例えばキンフォークバーの内装の一部をひとつひとつ
ここはスギプロジェクトね。と任せられて、アイデアを提案して動いています。
で、必要なものを買い出しに行って、戻っては作業します。
提案した内容に剥離作業があって、だいぶ手を焼きましたが、USAまで来て
紙ヤスリでしこっつあんするとは思わなかったです。

IMGP7704.jpg

疲れた気分もこの夜景を見てリフレッシュしてまた明日もがんばります。
って、帰りがけの川向こう岸からの写真ですけどね。


追伸

川向こうと言えば、例のボーカルにしろユンボ解体屋にしろ
みんな同じ自転車屋で出会いました。
もちろんみなさんも、自転車を通じていろいろな仲間が増えて当然その数以上の
思い出も出来たでしょう。
じつはその自転車屋が閉店してしまうのです。

閉店によってなにもかも消えてなくなるというわけではありませんが
何となく、僕にとってリアリティのある場所でしたので残念でなりません。
なんか、その場所そこの人、集まる仲間、そしてそこの空気が本物で
物質的なものを超えたなにかがあるんですよ!!

その場所がこのたび閉店すると言う知らせをトゥブヤキで知って、結構落ちました。
でも、思い出はいつまでも無くなりませんし、またおもしろい企画をたてて
さらに邁進して欲しいと思います。

いっそのこと地下街に引っ越しちゃえば?
なんてまた無茶なリクエストしたくなってしまいます。
無くなってからその魅力に気づくのってもうしたくないんですけどね....。



さらに追伸

最近組んだ、黒い自転車のリムはオメガVなんですが、それを堀切のお店で初めて
見たときのぶっ飛ばされ具合と、感動と、持っていない悔しさを今やっとぶつけた
っていう
そんな思い入れがあるのです。
posted by sexysugi at 12:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする