2013年05月23日

bluth skateboards New Tshirt -IT WAS-

鞄屋に続いての、おニューコラボモデルテーシャツ
-IT WAS- と申します。

943075_367271583378423_143564346_n.jpg

おやまあ、イカボードみたいな形ですが、なにやらプリミティブなタッチの
グラフィックが施されとるではないですか?
これを見て、ああ、あの人が描いたでしょ?
と分かっちゃう人はかなりのツウですよ。

そもそも、彼はファインアート畑の人なので、アート史の話などで僕はいつも
会話を楽しませて頂いておるのですが
その歴史の文脈での自分なりの立脚点とその狙い所を説明したわけなんです。
するってーと、こんなんでました。

あれってこれね、これってあれね。紡がれた歴史と文脈の中に我々がいて
そこをちょいっと紐解いてここ落ち着くなあ〜
っていい場所見っけたら思考で整理され形になって生み出される。
「表現した」とか「落とし込んだ」とか言葉でいうのはタダなんで言いたい放題ですが
むしろその行為の重みをじっくり噛み締めて、客観的な土壌に立脚した思考こそが
ジコマンを凌駕した、ひとつの存在足りうるのではないか、と
しみじみ思います。

彼の協力を得て形になるものはこれが初めてのものですが発案から完成までのプロセスも含め
僕自身の印象としてはとても満足したものが出来ました。

まあ、先日のアートショーで盛り上がってんのをいいタイミングで乗っかりありまと
しようとしているのは内緒だよ。
posted by sexysugi at 16:20| bluth skateboards | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする