2013年12月26日

趣味の料理人 VS ラーメンの鬼 ホムパークリパー

先日、例のメキシコでたまたま居合わせたメンツが料理にわりと凝っている
という話から、じゃあ、みんなで食べたいからうちでやってください。
と、カジュアルな会話から叶った新企画。

IMGP2084.jpg

なんせメンツがやばい。
写真右から
ひとりは某アパレルメーカー勤務の料理はあくまで趣味にとどめて仕事にしたくない
と言っておきながら、しっかり名前が刻印されているマイナベを持参してくる
あっちゃん。
もうひとりは、一度見れば二度と忘れない風貌の、山手通りを右に曲がって数件先の
某百ラーメン屋のオーナー、ラーメンの鬼ですよ!!
しかも作れるのはラーメンとは限らない。
和食対決となりました。

先手、あっちゃん。

IMGP2086.jpg

まずは煮物。
あえて味でごまかさない、素材の風味を引き出した上品な味付け。
味の奥行きにダシが効いていて、繊細な仕事が伝わります。
日本酒と一緒に頂くと最高。

IMGP2088.jpg

鶏の甘辛煮。
生姜とニンニクが効いているのですが、これまた上品なお味。
軟骨までポリポリ美味しい最高のおつまみです。
ビール進むやつ。 でもとても上品。
この控えめな味加減がおつまみとして最適なのですね。
ゆっくりと楽しめるのがいいのです。

IMGP2090.jpg

K君が日本酒を飲めないのに持って来た、こんなゴージャスなお酒。
こいつあ進みますよ。
あー幸せ。。。

IMGP2093.jpg

例の山手通り沿いの家具屋のT君と歌手のAちゃんの自宅が会場となりまして
僕好みの素敵なお部屋でした。
実はT君は大の椅子好きで、かつては11個も椅子を持っていたのだそう。
音楽の趣味も僕の好みです。
素晴らしいお部屋でこの料理対決は最高のクリスマスプレゼントになりました。

IMGP2094.jpg

お次はラーメンの鬼。
朝からダシを仕込んできたそうで、さらにはこの家に集合の5時間前から
買い出しをして仕込みをしていました。
実は先日、お店でラーメンを注文せずにチャーシューご飯と餃子を食べて来ましたが
この組み合わせもかなりオススメっすよ。

IMGP2103.jpg

牡蠣の炊き込み御飯。
貝柱のダシを仕込んでおりまして、香がハンパ無いです。
牡蠣は火が通り過ぎてしまわぬよう、仕上がる少し前に入れるのがポイントだそうで
手順に対するこだわりを感じました。

IMGP2106.jpg

やべーっしょ!
やべーっしょ!
さらに、ブリのお吸い物もありまして、Aちゃんがそれを牡蠣ご飯にぶっかけて
反則していましたが、それがまじうまかったのです。

IMGP2101.jpg

そんな反則Aちゃんがみんなにオリジナルの歌を披露してくれました。
21歳のときに作った曲だそうで、とても21歳のときの曲とは思えぬ仕上がりっぷりに
みな感動です。
ブルージーでまじいいっすよ。
そのうち僕が食べ物の歌詞を作って曲に載せてもらいましょうかねえ。

全部で4品。
おつまみからご飯、汁物まで。
とても美味しくいい時間を過ごさせて頂きました。
これも皆さんの持ち味の結集があってこその、価値のある時間です。
年明け早々にでもまたお願いしたいですなあ。
次回は杉汁ぶち込んでみたいですぬ。
posted by sexysugi at 16:31| gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする