2016年04月02日

everything is connected to everything else.

見た事のあるタイトルですよねえ。
はい、このブログのタイトルなんです。

IMG_6278.JPG

おやおや
このステッカーにも同じ文言が。これはなんじゃらほい。。
実はこのステッカーは、僕が15年ほど前に作ったもので、お友達の事務所の
デスクの引き出しにいまだに貼ってあるんですよ。
このステッカーはかつて僕がやっていたブランド、ニューコンバインのもので

everything is connected to everything else.

と言う言葉は、このブランドのスローガンみたいなものだったんですね。

「あらゆるものは、あらゆるものと結びついている」

という翻訳になるのですが
歴史に残る革命的指導者のお言葉でして、それに感化されていた頃の気合いの
デザインでした。
写真になっている、散乱したプラモデルのバラバラになった部品が
どこかに組み合わされるパーツを求めているかのようなイメージで作った事を
記憶しています。

IMG_6277.JPG

もう一発。
ひだりがわの白地に黒文字のものは、僕が恵比寿でヘンテコな店をやっていた頃の
お店のステッカーで、こっちは

「人は自由に呪われている」

という標語でした。
これも同じくしてヨーロッパの歴史的哲学者が、20世紀初頭の大戦中に自身の
哲学書の中で綴った言葉です。
この頃の僕は実存主義に傾倒していたのですねえ。
今にも増して我が道のみを行く、頑固青年だった気がします。
ほんと、から回ってましたが、客観的にみてもいいもの作ってました。


そんな懐かしい僕の思い出をしげしげ眺めながら、その事務所のお友達に
bluthの製品の制作依頼をしてきました。
今度のは、大げさですが一生使える手作り品の逸品。
どんなものかは、またあらためてご報告いたします。

こう思うと、僕っていつだって活字が好きなんですねえ。
ステッカーを見ながら、あのときの僕が今の僕に叫んでいる。そんな気がしました。
気合いを入れて思索しているとき、僕の左目のまぶたがシャキーンと
シャープになるんですよ。
そのせいか分かりませんがいつからか左目だけ二重になっちゃいました。


そして現在の標語は、みなさんおなじみの

THE TRICK LESS WONDER

なのですよ。
それぞれの製品は、「活字とは異なった読み物のようなもの」
に、なれるよう目指しています。
それは昔から何ら変わりなくやっております。

ものづくり
って、決して物質的なものではないと確信しています。
posted by sexysugi at 06:58| bluth skateboards | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする