2016年08月30日

NHS MUSEUM

サンタクルズといえば、サンタクルズスケートボード。
サンタクルズスケートボードと言えば、NHS。
NHSと言えば、インディペンデントトラック。
ですよ!
てことで、NHSの会社内にある、NHS博物館へ行ってきました。

FullSizeRender.jpg

この博物館を観るには予約が必要で、ちゃんとスタッフがひとつひとつの展示品の
説明をしてくれます。

FullSizeRender_1.jpg

スタッフの方を待っている間、シールを頂きました。
どれでもどうぞ、って。

FullSizeRender_2.jpg

FullSizeRender_4.jpg

FullSizeRender_3.jpg

サンタクルズスケートボードのはじまり。グラスファイバーのデッキからウイールなど
いろいろ順番を追って観覧出来ます。
サーフィンのシェイパーの方がグラスファイバーのスケートボードをこさえて
ローラースケートの足回りを移植してスケートボードとして乗っていた。
ローラースケートのウイールは直にベアリングの玉がハマっている構造で
回転がよろしくなかったためベアリングをはめ込むタイプのウレタン製ウイールを
開発した。
そして今日にいたる。
といった内容です。
ダウンヒル直滑降スピードレコードのスケートボードのウイールなどは
110ミリもある大型です。
そんなスケートボードの歴史とあれこれが展示されていました。
posted by sexysugi at 15:56| sk8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする