2017年10月12日

JIMI HENDRIX MEMORIAL

IMG_4829.JPG

僕が16歳のときに初めて彼の音楽を聴き、それまでのギタープレイが一変し
過去の音楽にどっぷりハマったきっかけとなったのがJIMIでした。
それから彼についての興味は衰えることも無く今でも聴いていますし
まだまだ聴いていない音源もあります。
聴き始めた頃ですでに他界し、シアトルと言ったらジミヘンの墓。
くらいしかこの土地についての知識はありませんでした。
なので、時間を作って行ってみました。

IMG_4830.JPG

IMG_4831.JPG

この下に彼が眠っているのかは解りませんが、大きなモニュメントがそこに
ありました。

IMG_4832.JPG

大きなストラトの彫刻、ちゃんと逆さまさん。
これこそジミヘンです。
ポートランドからここまでの道中、車の中で彼の曲を聴き続けてやってきたのが
なんだか自分にとっての素直な彼への思いだった気がします。

初めて聴いてぶっ飛ばされた、海賊版のRADIO ONE
未だ練習中の名演、RED HOUSE LIVE AT WOOD STOCK
聴くたびにしんみりのんびりする、ELECTRIC LADY LANDの2枚目

これらを車中で流しながらやって来ました。

IMG_4833.JPG

来て細々見て回り一服し、そこにあったストラトのヘッドにタバコを一本お供えして
きました。

10分ほどの滞在時間でしたが
ギターという楽器(道具)を使って、唯一無二の音を出した天才に
敬意を表すことができたのが、今回の旅の大きなイベントだったと思います。
posted by sexysugi at 01:45| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする