2018年11月07日

金ブナ釣り

先日、久しぶりに千葉に行ってきまして、大先生のところで飲んで来ました。

IMG_9040.JPG

そろそろ20年くらい? のお付き合いをさせて頂いておりますので
来いよ、はい、土曜、泊まり、8時くらい
くらいのワードで全て完了。
行けば僕の好きそうなメニューが揃っております。
いつもお世話になっております。

IMG_9053.JPG

で、翌日。
田んぼの隅っこ、とある小さな水たまりのようなポイントへ。

IMG_9055.JPG

ここで、金ブナ釣りを楽しみました。
解る人には解るこのころころした魚体、なんともかわいい。
小物釣りの道具で、ちょこちょこやるのですがこれがまたたまらんのです。

ロケーションの里山の原風景といった感じで、段々になった畑の地形とぽつぽつ
建っている瓦屋根の民家がなんとも情緒的。
こういった日本の古い風景の中でやる野遊びの原点は今出来るうちにしか
チャンスはありません。
こんな小さな世界での小さな生命、でもちょっとエキサイティングな釣り。
釣れると、おお〜いたいた、よしよし!
やっぱりかわいいなあ〜うんうん。
と現存を確認して納得します。


そこで静かに暮らしている金ブナ達は現在では準絶滅危惧種と認定されていて
こうしたいずれは消え行く種族に我々敬意を感じながら釣り糸を垂れています。

自分にとってだけかもしれませんが、本来の本当に素晴らしく魅力のあるものとは
人々は気づくことも無くただ時間と共に風化し
消え行くものであると日々感じている次第であります。

気づいたらみ〜んな過ぎ去ってしまって
自分自身もただぼーっと生きて死んでゆくような人生
とはあまりにも悲しすぎる!
と思うわけです。

今年ももう終わりに近づきつつありますが
今年はいろいろなものが過ぎ去って行きました。
posted by sexysugi at 01:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする