2018年11月07日

(スピニング)リールコレクター

金ブナ釣りを楽しんだあと、その足でとある釣具店へ行きました。
そこのオーナーさんはビンテージリールのコレクターだそうで
この師が凄いのはスピニングリールのコレクターだ、ということでした。

IMG_9062.JPG

いや〜ありますねえ、こんなショーケースが6個くらいあって
例のスエーデン製の有名なのからヨーロッパ、アメリカ、そして国産の無名なのまで
無いものは無いってくらいあります。
スピニングリールの起源は1902年に作られたものがそうなんだとかで、それも
ありました!
うおおお、まじかよ、ハンパねえ〜
この言葉しか出ません。
電動スピニングリールとかもあるんですよ。
想像出来ますか??

IMG_9063.JPG

IMG_9072.JPG

僕的にはスイス製のレコードとか、ボディがまるっこいのが可愛くて気に入りました。
それらを真似た日本製のリールとか、釣り道具の歴史がここで垣間みれました。
ハーフベイルもかっこいいですねえ。
ラインローラーなんか付いてないんですよね。
昔、上州屋で売っていた500円のパックロッドと350円のリールがありましたが
それを思い出しました。

ここにある以外に別に移動してしまった、より希少性の高いものもまだあるんだとかで
この師の変態っぷりに完全にぶっ飛ばされました。

IMG_9064.JPG

さらにこれがすげえ
日本の中小企業のリールで言うと大森製作所のマイコンくらいなら
僕が子供の頃存在してましたのでわかりますが

これはなんとカメラのミノルタ社製のリール。
全ラインナップ揃ってます!
このカクカクデザインといい、素材のクオリティといい、他社のそれとは
一線を画す存在感がすごかったです。
こんなものがあったのか。。。
ドゥフ、、、久しぶりに出ましたよ。

IMG_9073.JPG

マミヤ製のリールもありますが、ミノルタですよ、ミノルタ。
いや〜
ドゥフ。。。

アブねーもの、見ちゃいましたね。
本物の変態に会ってしまいました。

自転車で言うところのサンツアーとか極東あたりのリールってのもあるんですよ。
その辺もチェックしてみたいと思いますね。

ベイトリールなら世界あまねく沢山のコレクターがいますが
そこでスピニング専門ってとこがまじハンパねえ。
てかあらためてやっぱりカーディナル3はサイズデザイン共に秀逸であるのが
良く分かりました。
モダンデザインですね。
posted by sexysugi at 01:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする