2019年06月16日

リール完治

IMG_1263.jpg

大先輩から頂いた、LEW'S SPEED SPOOLの修理をしてみました。
写真一番奥の、スプールの大きいものです。

IMG_1268.jpg

ハンドルを外し、サイドカバーをあけると、中身が全部丸見え。
これはメンテしやすい。
ギア系は大まかにバラして洗浄してグリスアップ。
ドラグも綺麗だったのでドラグ用グリスを塗って復活。
中身はシマノだけあってドラグ性能はこの頃のモデルからいいですね。
問題のクラッチも錆がカバーに干渉していただけだったので
錆をヤスリで削り取って完了。
スプールにもアルミの錆があったのでペーパーを掛けてなめらかに。
やはり昔のリールは丈夫。ってか、シンプルで修理しやすい。
部品自体がダメならアウトですが。

では、元に戻そかな。。。
ふと、やっぱり、ブレーキが無い。。。
これは無いと困る。

IMG_1329.JPG

パーツ屋さんでアブ用のがあったので早速購入。
ハメて完成か??
そうは問屋が卸さない。
アブのブレーキブロックは内径が小さい。
ならば広げましょ。

IMG_1330.JPG

ピンバイス1.2ミリで穴を拡張し、無事におさまりました。
このちっこいブレーキはキャスティング時に不意な回転を起こして
バックラッシュを防止するための、ベイトリールにとって重要な部品のひとつ。
これが無いと安全にキャスティング出来ません。

IMG_1331.JPG

かくして。
頂いた時はこりゃ直らんだろーな。。
と半分いらんものもらった感じのリールでしたが無事復活出来ました。
よかったよかった!

では、ラインは何巻こうかな〜
ナイロンの12ポンドか16ポンド、ですかねえ〜
水色かゴールドがいいですねえ〜
シングルハンドルのミディアムくらいの竿に合わせたいですねえ〜
やっぱりフジグリップですかね〜
ふくらみますねえ〜

これ見て一緒に唸れる人、いませんか〜
あんたもすきねえ〜〜。。。
と、言う方も気持ちいもんです。
もちろん、言われる方も、ニンマリなのであります。
posted by sexysugi at 03:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする