2019年08月13日

弊社サイン着色

以前、大阪のソーラー師から、デッキを削ってこさえたbluth, Pushmasterの
弊社サインを頂いて
そのままの状態から悶々と考え抜いた結果、着色を決行しました。

FullSizeRender.jpg

プラモ屋へ行って塗料をゲットして準備開始。

FullSizeRender_1.jpg

まずは下地処理でペーパーがけをします。
もともとはスケートボードデッキですので、クリアの塗料と細かな傷を削り落とします。
切り出した断面も綺麗にサンディングします。

FullSizeRender_2.jpg

裏面に取っ手を付けて、クリアー塗料を吹きなおします。
デッキの断面も綺麗に見えるようにしっかりと全体に吹き付けます。

FullSizeRender_3.jpg

ではぬりぬり開始。
断面には塗装しないよう、表面のみ細かく筆で塗っていきます。
Pushmasterのマークはエナメル塗料のフラットレッドにしました。
筆塗りではどうしてもムラが起きやすいのでむしろその筆跡が残るようにわりと大胆に
塗りました。トーンの違う色目を何層かに塗っています。

FullSizeRender_4.jpg

bluthのロゴの方はゴールドリーフにセミグロスブラックのエナメル塗料を
少量まぜたものを塗りました。濃さを変えて何層かに塗ります。

IMG_1772.JPG

こちらもトーンを変えて、最後の面は混ざりきっていないゴールドとブラック
でシミみたいな感じて軽く塗りました。

そして最終的に細かいペーパーで表面を研いで、コンパウンドで磨きました。
この作業によって、表面は滑らかになり、塗料の層が削れ、下の層が出て来たり
まばらな色の変化が出てきます。

IMG_1777.JPG

IMG_1774.JPG

こんな感じです。
このテクスチャが気に入っています。
均一な色の面にはせず、ムラがあちこちが出る感じで古びた感がよく出ています。
オーバーに研いで、下地が見えている部分もあったりして雰囲気が出ています。

これで完成となりましたが、いずれ何かお披露目出来るときに登場する事でしょう。
やっと形になりました。
posted by sexysugi at 14:22| bluth skateboards | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする