2020年04月30日

ヤゴコロナ危機

志村、グロッソ、そしてヤゴ??
もう勘弁してくれ。

ヤゴがコロ助の自粛によって閉店の危機に襲われています。
自粛によって利用者の激減、80パーセントマイナスだそうで、ギリギリやっても
3ヶ月持つか持たないか。。。
そんな虫の息になってしまいました。

IMG_1649.jpg

そこで、オーナー馬場ちゃんがオンライン募金を募集して、皆さんのお力を
お借りしたいとこんなページを立ち上げました。
すると、あれよあれよと二日程度で目標額の半分に到達しました。
流石の人気!
やはりインスタでも皆さんバンバン拡散してすぐに広まっておりました。
皆さんの反応は、やっぱりここを守りたい、存続してほしい思いが
ビシビシ伝わってきました。

IMG_0597.jpg

僕はそもそも、仲間と一緒にあちこちパークに通っている当時から
本人がパークをやりたいと常々言っていてそのころはババランドなんて
ふざけた名前を言っておりましたが、やっぱり現在の場所で自力でランプをこさえて
実現してしまったわけです。

http://blogsugi.seesaa.net/article/433338931.html?1588205544

そして今年で5年目。
個人経営のパークの経営、存続が難しいのは今まで通ってきたパークからして
あまり簡単では無いのはよく分かっています。
しかも都内ですよ。

ヤゴという場所は都内にあって、内容もミニランプが3つという、スケートパークの
条件としてはやや寂しいセクション構成であるのは皆わかると思います。
しかも近隣には城南島のパークもありますし、ちょいと足を伸ばせば駒澤も
あります。
いずれもミニランプはありますし、その他のセクションもあり、しかも無料。
でも、ヤゴは有料で値段的にも他の有料のパークからしては安いとは言えません。

しかしながらなぜこんなにも絶大な支持を受けているのか?
シャイで言葉少ないですが、スケートボードでその熱さを伝えます。
なんと500回以上来ているお客さんもいるそうです。
今日まで365日、1日も休むことなく営業し、イベントやスクール、
ヤゴ仮面の撮影、その他過労で死んでランプで寝る、など

ヤゴ = 馬場スケートボード人生

というのがいちいちほじくらなくても伝わってしまう。
で、滑って面白い、いつもいる人達も家族みたいな関係。
おもろい追加セクションを作ってみたりとか。
そんな、何だかわからんが居心地がいい。
だんだん通ううちにヤゴ病になってしまう。
そこなんだと思うわけです。
だから、無くなっては困る。いい気分で滑りてえ。
というのがみんなの想いなのです。
これを思い出にするのはまだ早すぎる。

スケートボードが好き、みんなも好き、それがだんだん愛に変化して
ズッポシ来ちゃった。
言うならば、ヤゴって言う一つのシーンができちゃっているわけなんですよ。
幼稚園児から60歳の初老まで、みんな好きなんですよ。


ちなみに目標の募金金額に達したら、現状をもっとより良くする計画も含まれて
いるそうなので、そこもまた楽しみなのであります。
ただの延命の目的だけじゃないところがさすが。
あともうちょっと、もちろんきっと叶うでしょう!

皆さんもこの件で、心のなにかが動いたと思います。



追伸

今日、とある人と電話で喋っていて、その方の業界もコロ助で色々煽りを食らって
大手企業などはかなりの大ダメージを食らっているのだとか。
製品を作っちゃったはいいが、売り先が終わっちゃったとか、どーすんのよ。って。
マジでシャレになってない状況だらけ。


いみじくもその人はこう言っていました。

「これからは本物と偽物がはっきり区別される世の中の基準となっていくから」
「本物が必ず残る」


うん、僕もそう思います。
これからは「人物」の世の中なのだと。
posted by sexysugi at 09:30| sk8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする