2020年05月30日

釣竿制作

自粛状態の中、家の中でやることがないとストレスで死んでしまうので
少しずつ進めてきた釣竿の改造に着手し、作業に没頭するとあれよあれよと
形になってこらから夏だっていうのに、もう出来上がってしまいました。

そもそもは、昨年いい思いをした冬のスズキ釣りに、より濃厚な挑戦をしたいと
もともとあった中古のスピニングのオフショアロッドをベイト用に作り直す。
という目的でありました。
もともとの状態の竿のガイドを外し、全てのラッピングを剥がし、塗装も剥がす。
という工程の中、塗装はちょっと残してハゲハゲのも悪くはないな、と、ある程度
塗装を残してクリアでコーティングしました。

IMG_1773.JPG

竿自体はまあまあ古いものですが、このころのブランクのベリーまで曲がる粘りが好みで
しっかり曲げて投げられるものが欲しかったのです。
2ozまで背負えるので、大きいシャッド系のルアーを遠投してしっかり引いて
アクションさせられるパワーが欲しかった、っていうのが今回のテーマであります。

IMG_1776.jpg

こちらも初挑戦のダイアモンドラッピング。
イライラ作業は7回ほどやり直しましたが、まあなんとか形にはなりました。

IMG_1822.jpg

IMG_1823.jpg

IMG_1825.jpg

ブラック、ゴールドのスレッドを使い、ピン巻きはあえてバット側のみにしてみました。
飾り巻き部分は時間と労力さえあればなんでもできそうだなと、今後の可能性に
一人ニンマリやっておりました。

グリップ部もベイトのリールシートに変え、もともと真っ赤っかのEVAも外し
黒に統一。オフショア系の竿ってなんでああ派手派手だったんでしょうね??
趣味があんまりなので、コスメ部分は全部変えました。
でもやっぱりこの時代のブランクはいい。粘る竿はいい。

これにアブの6000あたりがバランス良さそうですが、今持っている5000Cを
組み合わせてテストしようかなと。

スーパーシャッドラップ、シャローマック、ボーマー17A、バグリーDB8、こうして
名前を打っている時点でウズウズしてくるビッグルアーばかり。。。。
取り回しが良さげなら、L&Sのビッグペンシルも。。。

投げ具合テスト〜すぐに実釣って流れになると思いますが、自粛のおかげか
いい副産物となった気がします。

釣りてい。
posted by sexysugi at 20:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする