2017年10月18日

LAKE CUSHMAN

M師の地元にある湖へ行ってきました。
ここも原生林が残っていて、非常に素晴らしい景観と空気を味わいました。
歳食ってくると、あんまりものを欲しくならないんですね。
こういう、自然のある場所でリフレッシュするのを欲しております。

IMG_4889.JPG

ここはリザーバーで、もともとあった森を伐採して作った為、減水するとこういった切り株が
顔を出します。
水もとてもきれいで師が若い頃はキャンプなどして楽しんだそうです。

IMG_4906.JPG

しばしハイキングコースを歩きます。
デカい木々や岩がそこらじゅうにあって、その中を歩いて行くと。。。

IMG_4893.JPG

IMG_4898.JPG

こんな川が。
サーモンも遡上してくるそうで、5〜60センチくらいの魚影を見ました。

IMG_4912.JPG

岩を登ったり降りたり、、、ランボーに出てくるロケーションを思わせ
ランボーチャレンジなんっつって、しばし2人でゲラゲラ笑いながら2時間ほどの
ハイキングを楽しみました。

吸い込まれそうな、緑が深い、圧倒的な自然の力を感じました。
山もいいもんですぬ。
posted by sexysugi at 19:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

ポートタウンゼント

IMG_4855.JPG

シアトルのフィッシュマーケットのある港から、フェリーで20分程度で対岸へ。
そこから車で30分ほどで岬の先端に着きます。
そこがポートタウンゼントという、M師の故郷があります。
M師の結婚パーティに参加させて頂いて、さらに師の故郷まで行ってしまうという
完全M師祭りの今回の旅。
じつに充実しております。
車とフェリーならこうして行き来出来ますが、M師は子供の頃プッシュでシアトルまで
行ったことがあるそうで、なんと8時間もかかったとか。

IMG_4877.JPG

海に囲まれた半島のここは自然が豊かで、鯨も見れるそうです。
湿気を帯びたひんやりとした冷たい風がここの自然環境を豊かにして
珍しい木々が生えているんですって。

IMG_4863.JPG

古い港町って感じで、オールドスクールなヨットや漁船などもいろいろありました。

IMG_4868.JPG

でもって宿がこれ。
ドシブホテルに泊まることにしました。

IMG_4860.JPG

かなり素敵なお部屋で、非常に落ち着きます。
老後の余生を過ごすには最高の場所かと思いました。
posted by sexysugi at 21:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

シアトルご案内

無事空港でM師をピックアップし、シアトルの街を観光しました。
まずはお友達のブティックへ。

IMG_4845.JPG

先週開店したてのホヤホヤで、奥にはカフェスペースも出来るそう。
ちなみに弊社の製品もおいて頂けそうな雰囲気が。。。
シアトルにも今後用事が増えそうです。

IMG_4848.JPG

そこからフィッシュマーケットへ。
かなり賑やかなところで、沢山のお店がひしめいています。

IMG_4847.JPG

オススメのフィッシュアンドチップスのお店。
ハリバットのフライが激烈うめい。
カレイの仲間なんですが肉食で2メートルぐらいの大型になるんですよ。
ザブトンどころか、フトンサイズですよ!

IMG_4850.JPG

アメ横っぽくて楽しい場所です。
シアトルはこういった魚介類が名物で、生活もしやすそうで気に入りました。

IMG_4854.JPG

でもって、M師の故郷へ行くんですが、フェリーに乗って対岸のポートタウンゼント
というところへ行きました。
そこがまた自然が沢山あってのんびりしていて、ものすごくいいんですよ。
posted by sexysugi at 08:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シアトルへ

IMG_4816.PNG

ポートランドから2時間半ほど車で北上すればシアトルへ行けます。
そこは先日結婚したM師の故郷で、師が僕を地元案内しにわざわざニューヨークから
来てくれる予定になってまして、僕がシアトルの空港へ迎えに行くという流れで
車で向かったわけです。

IMG_4819.JPG

アメリカでの車の運転は基本的に、右側通行左ハンドルにさえ慣れてしまえば
簡単です。道は広いし、だいたい縦横なんで。しかも、グーグルマップの案内で
カーナビが出来ますし、迷わずどこでも行けます。

IMG_4823.JPG

家だってそのまま運びます。
キャンプのトレーラーハウスにさらにSUV車を繋げて引っ張ったりしています。
アメリカはどこえでもなんでも運びます。

IMG_4824.JPG

ほどなくして到着。
到着時間も早いので朝ご飯ですが、いきなりメヒコ料理屋でプレート。
これまたうめい。

IMG_4825.JPG

ちょいと早めに到着して行きたかったのがここ。
シアトルの丘の上にある墓地です。
posted by sexysugi at 01:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釣り TILLAMOOK BAY

ここポートランドに、お友達がお仕事で移住しておりまして、師も釣りやられるので
是非! と、連れてってもらいました。
ティラムーク湾という川の河口部に出来た大きな湾で、そこでキングサーモンが釣れる
との言葉に自分が釣られて行ってきました。

ポートランドから2時間くらい。やっぱアメリカはデカいですよ。
こんなのは全然余裕の距離です。

IMG_4785.JPG

着きました。朝まずめ狙いでいきます。

IMG_4786.JPG

相模川くらいの広さの河口で、ゴロタ場になっています。
ゴロタ周りには根魚がいるとのことで、早速バイブレーションを投げると

IMG_4790.JPG

はいキタ!
これは希少種だそうですぐリリース。

IMG_4791.JPG

IMG_4811.JPG

時合いだったのか、ぽんぽん釣れます。
これはブラックロックフィッシュという魚だそうで、速攻シメてキープ。

それからサーモン狙いでしばらく粘りましたがなんもなし。
目の前をレイクトローリングをやっている船が何杯かいたのですが、反応は無さげな
感じでした。

IMG_4809.JPG

湾の内部へ移動すると、このくらいのベビーサーモンがスプーンでぽつぽつ釣れました。
ルアーが届くくらいの沖にいたレイクトローリングの師が90センチくらいの
ブリブリ太ったキングサーモンを釣っていてこっちの活性が上がりましたが
居るは居るってことだけは分かりました。
やはりやつらはボトムらしいです。

てなわけでロックフィッシュのお土産が出来ましたし、小さいけどサーモンも10匹
くらいキャッチしたので、これでオッケーと言うことで終了しました。

帰り道、ポートランドのダウンタウンにある南部料理の店で食事をして解散。

IMG_4813.JPG

ガンボ乗せライス

FullSizeRender.jpg

アメリカン健康食品セット。
バーベキューがでかいしうまい。
かなり大満足でした、

初のノースウエスト、楽しませて頂いております。
posted by sexysugi at 01:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

ポートランド

IMG_4727.JPG

10日ちょいの滞在で、ニューヨークをあとにしまして
ポートランドへやって来ました。

IMG_4729.JPG

サンフランシスコ以北、ポートランドを含めオレゴンは初の滞在になります。
なんか、のんびりした街って感じです。
でもやっぱり広いです。車は必需品。

IMG_4731.JPG

てなわけでレンタカーをゲット。
17年式フォード社製。こういった高年式の車両は機能が満載なのですが
扱い方がいまいち解りません。
イスの調整も電気で行われるのですが、イスを前に出すのがどうやるのか解らず
しばし混乱しました。

IMG_4733.JPG

宿泊先の近所にたまたまあった中東料理。
って思いきや、こっちのは南アフリカと地中海系だそうな。
これまた激烈うめい。

IMG_4755.JPG

スーパーでいろいろ買い込んで外食しない日もあります。
日に当たる頻度が多いせいか、果物は欲しくなりますぬ。
ポートランドは短期間の滞在ですが、ガッツリ攻め込みたいと思います。

ポートランドっつったら。。。
アレですよ、アレ!!
posted by sexysugi at 10:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

釣りックリン

今回はお友達にお願いして、ボートガイド付きのストライパーフィッシングへ
連れてって頂きました。

IMG_4632.JPG

朝6時。このボートで出かけます。
ロングアイランドまわりからマンハッタンの南あたりのハドソン川河口エリアを
くまなく攻めて頂きました。
6時間ほどの釣りでしたが、船も大きくて速いですし、ポイントのエリアをクイックに
次から次へと移動しまくるのでかなり満足出来ます。

IMG_4655.JPG

IMG_4638.JPG

はじめのポイントで70〜90センチクラスのストライパーが立て続けに釣れ
こんどは別の場所でブルーフィッシュが釣れました。
魚種によってポイントを分けて釣らせてくれます。
僕もメータークラスのブルーフィッシュを掛けて、目の前でラインブレイクしましたが
その魚が今回の最大魚でした。
リーダーは60ポンドだったのですが、ブルーフィッシュの歯でやられたようで
100ポンドでも切られることがあるし、指も食いちぎられる。
とクルーの方から聞きました。
跳ねはしないんですが、青物系のダッシュがハンパ無かったです。
船の反対側に走られましたが、今までやっていた相模湾のシイラ釣りの応用で
周りの方のタックルをかわしてファイト出来ました。
サイドプレッシャーをかけつつリーリングし、ギャフを打ちやすい場所に魚を寄せる
といった、大型魚を掛けたときの作法はこのときに見て頂けたかと思います。
すっかり獲った気分ですけども。。

IMG_4668.JPG

これがニューヨークのボートでの釣りです。
釣った魚は船頭さんとクルーの方が捌いてくれて、欲しい切り身をお持ち帰り出来ます。
レンタルタックルもありますし、クーラーボックスと氷を用意して手ぶらでも
楽しめてしまいます。
この至れり尽くせりが、ニューヨークもフロリダも同じでした。

IMG_4665.JPG

一緒に同船したお仲間達が着ていたテーシャツがなかなかカッコいいじゃないか。。
と思っていたら、誘ってくれた方も他の皆さんもこの釣りクラブのメンバーだったようで
今回の釣りはそのクラブがチャーターしたボートにゲストで入れてもらった。
という流れだったのですね。
しかもそこ、結構ちゃんとしてて大きなクラブだったのです。
てなわけで、これもご縁ですし、誘われるがままにメンバー登録だけはさせて頂きました。
いきなり釣り仲間がものすごく増えたも同然。

またひとつ、こっちに来る理由が増えてしまいましたね。
次回はフルタックルでしょうか。。。。
どうぞ一緒にやっていいよ。
ってなれば、僕なりに攻めたい魚、やりかた、かなりいろいろあるので
夢が現実にかなり近づきました。

こりゃすげいことになりそうだ。
posted by sexysugi at 14:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釣りックイーンズ

またまたマップを見ては良さげなポイントを見定めて借りた自転車でちょこまか
釣りに出かけています。

今回はクイーンズのほうへ行ってみました。
毎度同じくイーストリバーなんですが、ブルックリンよりやや上流部にある
クイーンズにあるルーズベルトアイランドをチェックしてみました。
川の真ん中にある細長い島で、妙見島をイメージしてもらえれば解ると思います。

そこを渡る橋の橋脚周りを攻めてみました。

IMG_4618.JPG

さながら隅田川っぽい感じなんですが、下げ潮効果も重なって流れが凄く速いんですよ。

IMG_4619.JPG

そこの橋脚周りがちょっと岸がへこんでいたりなんだりで
いい感じで水が巻いていました。

IMG_4615.JPG

そしたらいきなり立て続けにバイトがあり、フッコクラスのストライパーをキャッチ。

IMG_4616.JPG

数匹キャッチの後、バイトが無くなり、今度は下流側のストラクチャー脇から。
ラトリンラップのサイレント改が画になります。
この場所だけでも10バイト6キャッチくらいできて
さながら湾奥運河筋の釣りでした。

いい濁りも入っていまして、ロングAの金黒が反応が良く、アメリカンルアーの
実力は現地で知ることが出来ました。

さらに場所を移動して下流方向の船着き場や、島の反対岸も試しましたが反応はなく
またもとの場所に戻ったら、ベイトはごっちゃり、投げれば連続バイトという
いきなりいい場所を見つけてしまった。
という結果になりました。

ありがとう、イーストリバー。

2、3時間、いい思いをしたので納竿して帰りがけに中華料理店で夜ご飯を。

IMG_4621.JPG

チャーハンなんですが3人分はありますよこれ。
食べきれない分はお持ち帰りにしてもらいます。
posted by sexysugi at 13:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

中東情勢

ニューヨークというところには、様々な民族が集まっておりまして、様々な国家の
街が点在しております。
しかも、それらの飲食店がその国の方々が営んでいる為、その国のそのままの状態で
提供されています。

IMG_4512.JPG

なかでも、僕が以前ニューヨークに来たとき、食べて完全にやられちゃったのが中東料理で
ニューヨークに来たら必ず攻めております。
なんていうのか、、食べたことが無いのになんでこんなに美味いのか??
それに僕は、プレート料理が好きなんですよね。
お子様ランチ系。

IMG_4515.JPG

結構本気のやつ。
ラム肉とご飯。何味か全く説明出来ません。言うなれば中東味。
激烈うめい。しかもでけい。

IMG_4552.JPG

IMG_4553.JPG

こっちのはわりと見た目が安心のやつ。
チキン、ご飯、サラダ、フムス、ピタブレッド。
ピタブレッドに全部ブチ込んで頂くのですが、うますぎてブチ込む前に別々に食って
しまいます。口の中でミックスするスタイル。

日本ではあまり無さげな料理店を攻めておりまして、今後は南部系、南米系、そっちけいを
攻めようかと思っております。

キューバンチャイニーズなんてのもあるんですよ。
食べ物が好きだったらニューヨークはまずまちがいないと思います。
posted by sexysugi at 21:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KINFOLK × GAP × GQ ローンチパーテー

IMG_4507.JPG

ニューヨークに戻って早々に、パーテーに誘われました。
GQという雑誌の企画で、この世で一番いけてるブランド?みたいな特集に
キンフォークアパレルが選ばれまして、GAPとのコラボアイテムを企画し、販売する
という、ビッグニュースがありました。

IMG_4503.JPG

これ、お店ではないんですよ。このパーテーの為に特別に作られたブース?みたいなもの。
ここにずらりとKINFOLK × GAPの商品が並んでいました。

IMG_4504.JPG

IMG_4505.JPG

帽子からマフラー、Tシャツスエットパンツジャケット、フルアイテムあります。
しかもお値段据え置き。
世界中のGAPの店舗で展開されるそうで、250店舗あるそうです。
もちろん、日本でもお買い求め頂けます。
いったい何枚作ったんでしょうね??

IMG_4560.JPG

こっちはブルックリンの実店舗。
あいかわらず、賑わっております。
弊社の帽子も売り切れたそうで、無いなら持ってくるのに来る前に言ってくれよ!
って思っちゃいました。
てなわけでどれもこれも売れて〼。
posted by sexysugi at 21:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニューヨークへ

ではニューヨークへ帰りましょうかねえ。。
って前に、とりあえず近所のレストランで名物を食べましょう。

IMG_4464.JPG

パーテー会場でかなり仕上がって運転するもんだから大変ですよ。
てか爆笑しながらレストランへ。
ケープコッドは海の街なので、ロブスターロールや生牡蠣、クラムチャウダーが
美味しかったです。

IMG_4467.JPG

生バンド演奏をやっているレストランで、みんな動画を撮ったり笑いながら話しかけたり
馬鹿にしてんのかなんなのか解らないコミュニケーションがおもろかったです。

IMG_4493.JPG

ニューヨーク行きは3人で運転をかわりばんこで帰りました。
5時間ってまあまあ遠いですが、皆さんはこの距離感は慣れたもんで
なぜならば27時間かけて行くロードトリップもこなす距離感麻痺人間だからです!
すごいですよね。

IMG_4499.JPG

てなわけで、無事到着。
これからいつもの生活が始まります。


補足

じつは、ケープコッドにいる間、みんなが会場で飲み食いを楽しんでいる間
釣りしたんですよ。
下げっぱな、夕まずめ、外洋に面した家の前のサーフ。
なんああるかなとタックルをセットして向かってみると、鳥がベイトをついばんでいました。
ほどなくして鳥がいなくなると、今度は下から魚がベイトを追い始めました。
すかさずシンキングペンシルを投げて3投目くらいでバイト。
フッキングして寄せるとストライパーでした。
そこからナブラが出たらその場所に投げることで、入れ食い状態が続き
トップも試したところ

IMG_4462.JPG

バッチリ出ました。
バレてもまた追い食いするくらいの活性で、1時間くらいの間に15バイト
10キャッチくらいできました。

アメリカに来て早々の、いい釣りが出来ました。
posted by sexysugi at 13:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

ボートセイリング

IMG_4422.JPG

朝ご飯を頂きました。
ベーグルにサーモンとクリームチーズを挟んで。

IMG_4424.JPG

それからプライベートビーチで海水浴。
しかしながら僕は海パンを持って来ていなかったので、ワインを頂きながら
ビーチでのんびり。
モントークでもそうでしたが、こっちにはカブトガニがいるんですよ。
死骸でしたがそこらじゅうにころがっていました。

では桟橋へ行ってみんべ。

IMG_4438.JPG

別荘の近所にある桟橋からヨットでクルージング出来るようになっていまして
ご夫婦と3人で乗りました。
実はヨットに乗るのが生まれて初めてで、これがまたじつに良かったのです。

IMG_4454.JPG

僕が乗ったことがあるのは動力付きの船ばかりなので当たり前に必ず
エンジンの音がします。
しかしこれは帆船、全く無音で風の力でスイスイ進みます。
これが優雅というもの。
乗ったら何かしたい! ルアー投げたい!
なんて気分も無くなるのが不思議です。

もちろん外洋に出てとんでもない冒険が可能だそうですが、24時間態勢でクルーは
かわりばんこに寝て船を操作したり障害物が無いか見張るそうです。

IMG_4458.JPG

これが船室。これまたいいでしょ。
至る所が木製のインテリアになっているのですがかなりかっこいい。
このヨットは70年代のものらしいのですがものすごくイケてるんですよね。

総FRP船には全く無い、この存在感。
やべい。じつにやべい。。。
posted by sexysugi at 23:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハッピーウエディング

いよいよ、結婚パーテーが始まります。

FullSizeRender.jpg

新郎新婦それぞれの大事なお友達が集まってお祝いしました。
新郎新婦がお互いにプランした内容はとても素晴らしい内容でした。

IMG_4405.JPG

IMG_4406.JPG

この日の為に僕はスーツを購入し、普段見慣れない格好ながらも、いい感じで着こなせて
いた気がします。靴はバンズですけども。。。

FullSizeRender_1.jpg

パーテーの場所も宿も食事も全部2人の企画でした。
やっぱしセンスがいいのでなんでもが素敵になります。
パーテーのコース料理に出て来たストライパーのソテー。
やはりスズキですので白身で美味しい。味付けもシャレオツです。
アペタイザーでピタブレッドとフムスが出てきましたが、きっと僕が中東料理が
好きなのを知っている新郎からの計らいだったと勝手に思い込んでおります。

IMG_4415.JPG

いきなりのメチャぶりで僕もスピーチをさせて頂きました。
英語半分日本語半分でもはや宇宙語。
逆にこれがまた良かったみたいで、皆さんからお褒めの言葉を多数頂きました。
気持ちがこもっていれば、言語を超えたぶっ刺さり具合があると実感しました。

ベッツィー、メシオ、
結婚おめでとう!!
いつまでもお幸せに。。。

今回の旅の大事な予定がこの結婚式でした。
ではあともう少し、ここケープコッドでのんびりさせて頂きます。
posted by sexysugi at 23:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケープコッド

今、ブルックリンにおりまして、撮った写真を整理しつつブログを更新しています。
インスタでは日本と昼夜逆ですが、毎日上げてますので見た通りの動きをしています。
相変わらず、ニューヨークは人との出会いがいろいろありまして、楽しい場所です。

IMG_4355.JPG

とりあえず、ケープコッドに到着して一晩寝まして明るくなってから近所を
ウロウロしてみました。
ケープコッドはニューヨークから車で5時間ほど北へ離れた場所で、海っぺりの
田舎町なんです。
さらにここはガードマンのいるゲートから入る、管理された別荘地で
別荘と海以外、見事に何もありません。
泊めて頂いたお家はとても素敵なお屋敷です。
ベッドも風呂もキッチンもなにもかもがでけい。

IMG_4337.JPG

家も激烈でけい。裏の水路には自家用ボートも。

IMG_4375.JPG

で、この水路は湾に繋がっています。
魚の気配はバッチリ。

IMG_4391.JPG

結婚パーテーの会場です。
とても素敵なお屋敷。
とても寝間着でウロウロ出来る場所ではないですぬ。

ではドレスアップしてまいります。
posted by sexysugi at 08:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

USAにおります

先日より、USAに来ております。
現在はニューヨークなんですが、はじめに滞在した場所はボストンのほうにある
ケープコッドという地続きの島へ行きました。
そこで友達のM師の結婚パーティがありました。
メインの用事はそれでして、今はのんびり旅気分でやっております。
とりあえずその道中からご紹介いたします。

FullSizeRender.jpg

出発日、羽田に行くと、M師の古くからのお知り合いのS師がなんと偶然同じ飛行機を
予約されておりまして、航空会社のカウンターで隣同士の席に変えてもらい
同じくバスフィッシングが趣味の師と、長々釣り談義をしながらのフライト。

FullSizeRender_3.jpg

乗り継ぎのミネアポリス空港でS師とお別れして僕はニューヨークへ。
クイーンズにあるLGA空港につきました。
さらにケープコッド行きは翌日の朝なので、ここでクソ安いホテルで一泊しました。

FullSizeRender_1.jpg

翌日、空港が変わり、JFKからのフライトなので、せっせと地下鉄に乗りJFKへ。
そこからケープコッドへ行けば1時間ほどで到着。。。
という予定だったのですが。

FullSizeRender_2.jpg

ハリケーンの為、いくら待っても飛行機は飛びません。
そんでまた、たまたま同じ飛行機を予約していたM師の古いお友達のM師が声をかけて
くれて、久しぶりの再会を果たしました。

でもって、出発予定から6時間は経過したでしょうか。もう、違う便にチケットを変えて
ボストンへ行ってそこからケープコッドまでは車で行くルートに変更し
チケットを取り直しました。
ここではM師がその手続きを全部やってくれたので、師がいなければ途方に暮れて
あやうく空港の床で寝て翌日の飛行機に乗るハメになりそうだったので大変助かりました。

FullSizeRender_4.jpg

でやっとこさボストンに到着。
お迎えの車も来ていてさらにそこからケープコッドまで2時間ちょい。
いやー、かなりの長旅でしたよ。余裕でブラジルへ行けます。

自宅のドア トゥ 目的地のドアでおよそ40時間はかかっています。
かなり疲れましたがすげー冒険でした。
到着し、パーティ参列者が集まっている場所でワインを頂いて、シャワーを浴びて
3秒で寝ました。

とにかく着けたのがよかった。
posted by sexysugi at 06:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

本物の駄物

先日、例の社長から解体現場で拾って来た竿を頂きまして、その中に東作のものが
ありました。
それはフライロッドだったのですが、改造してベイトロッドに出来ないものかと
いつもの師匠のとこに相談に行ってきました。

IMG_4264.jpg

いつもどおり、こんなアテで飲んでおりました。

IMG_4281.jpg

持って来たものを見せると、これは戦後の進駐軍向けに作られた大量生産品で
いわば兵隊向けの日本のお土産だった品だそう。
あつらえ品の竿ではなく、沢山作らされていたものらしいのです。
要は作った店が東作だとしても、これは駄物だ。という判断でした。

な〜んだ。。。とちょいがっかりだったのですが、大先生はこの手のものを持って
いらっしゃいました。

IMG_4271.jpg

これはキラク製の進駐軍向けのバンブーロッド。
やはりこれも大量生産されたものでグリップが透明の樹脂製で出来ており
中に、いい加減な毛針が数個入って売られていたものだそう。
これもまた、駄物に分類されるのですが、なにげにこれはこれでイカす魅力があります。
持って行った東作も、そんな観点から見ると、イケてきます。

ほっほお〜〜〜

IMG_4279.jpg

さらにこれ。日満特許と書いてある、日本が満州国を統治していたころのリール。
まんま舶来品のパクリなんですが、これもこれでなんか雰囲気がありました。
何の役にも立たねえ。そうですが。
なんかいいなあ日満特許。

IMG_4275.jpg

さらにこれ。
A&F、そうですアバクロが出していた、PASSPORT RODという、箱がパスポートサイズの
パックロッド。こんなもの何に使うんだ?トラウトかな?
ってほどのものなんですが、これもこれでなんかいいんですよ。
何とも言えない駄物感っていいますか、それはそれである、存在感。
小継ぎのパックロッドって、チョロッツアンな雰囲気でいいんですよ。
なんか集めたくなります。

駄物といえど、それを作り出すものの熱意と情熱が50年以上もの時を得て
本物の駄物になってしまっているところがニクいわけでして、僕はこういうのが
大好きなのです。
本物って言うのは本物としての威厳と、その世界をリードして来た頂点の偉大さは
もちろん素晴らしいと思いますが、それを目指すどころか違うベクトルで形になった
結果、これはこれで、独特の世界観が生まれている。
そんな経緯がなんだか夢があっていいなあ、と。

本来であれば(常識であれば)、東作でバンブーベイトロッドをあつらえてもらって
使うこともいいのですが
こうした、たまさか社長が現場で拾って来て事務所にころがしてあったあったこいつを
よりかっこ良く化粧直しして使うのが、自分らしい生き様、釣り様、
なのだと思った次第です。

本物の駄物

響きますね。
好きな言葉です。
やはり駄菓子育ちの我々的には「駄」なものに安心感を覚えるのでしょうか。

駄物の「駄」
駄菓子の「駄」
あと、駄目の「駄」

なんかいいなあ〜「駄」笑


むしろ自分が東作であつらえてもらうなら、ハゼ竿と小物竿かな。
でも使う釣り師が「駄」だから、結局「駄」なんでしょうね。
posted by sexysugi at 01:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

ハゼ釣り

もう秋ですね。空がだんだん高くなってまいりました。
秋と言えば、、、てか秋になったらワクワクするのは釣り師の面々。
東京湾の水辺方面に気持ちが向いてまいります。

FullSizeRender_1.jpg

朝っぱらから、友達のJ師と共にハゼ釣りに出かけました。
師が持って来た、特製のエサを使用し、ぽんぽん釣っていきます。
ウキを集中しながら見て、サッと合わせるこの動作がたまらんのです。

FullSizeRender.jpg

秋になると、ハゼさんも越冬に向けてサイズが大きくなってきます。
プルプルしたアタリがじつにいい。

FullSizeRender_2.jpg

3時間くらいでざっと3、40匹くらい釣れました。
中指サイズ以下はリリースして、のこりのいいサイズのはその場で下処理をします。

FullSizeRender_3.jpg

帰りの道中に氷を買ってジップロックに魚と一緒にブチ込めば鮮度を保てます。

FullSizeRender_4.jpg

後は唐揚げにして頂きました。
たかだかハゼ釣り。
これがまさに釣りの基本でして最高におもろいのです。
素朴かつエキサイティングなこんな遊びが10月くらいまで楽しめます。
posted by sexysugi at 14:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

新、俺のマシン 250cc

実は、チョビ3段シートの俺のマシンは処分いたしまして、現在は新しく買い替えた
俺のマシンに乗っているのですが、そいつの排気量が250ccなんですよ。
前回のと同じくらいの年代の89年製のもの。
ビッグでもない中途半端な大きさのスクーター。
高速道路も乗れる!
メットインで物も入りますし結構気に入っています。

で、そのスクーターなんですが、安く買ったのはいいのですがかなりぼろい。
納車時、葛飾まで取りに行って、バイク屋さんにまともに走って帰れるか解らない
とまで言われましたが、ちょっとコツをつかめば乗れるっていう感じの
エンジンのコンディションでした。

思いのたけを胸に秘め、やっぱりちょこっとくらいいじりたいですし
不安なく快適に乗りたい。
そんなお悩みは八街で解消しましょう。
と、高速に乗って千葉は八街市のお友達のスクーターチューニングガレージ
「ソニッククラフティ」まで行ってきました。
徳島の鞄屋の地元のお仲間です。スケーターです。
ラジカル某の雑誌にも載っています。

FullSizeRender_1.jpg

ここか。
所狭しと、イジイジされたスクーターが並んでいます。

FullSizeRender_2.jpg

これは僕のよりぼろいと思いましたが、かなり調子よく動きます。
ちゃんと整備された旧車は今でも元気に動くのです。

FullSizeRender.jpg

お〜かわいいなこれ!ってよくみてみると。。。

FullSizeRender_3.jpg

イグニッションキーに弊社のピックがぶら下がっていました。
嬉しいです。
とりあえず、俺のマシンなんですが、どの辺が悪くてどう直してどうすっかね〜
と打ち合せをして、ガレージを後に。
ここからの帰路は電車になります。
京成線が走っているそうで、京成線ということは? 時間もまだ早いし?


青砥途中下車パトロール決定。

IMG_3728.JPG

とりあえず、青砥に着きました。
目黒インターから八街までの1時間半の高速道路走行で汚れた身体を
風呂で流したいと思い案内人と合流前に銭湯でキレイキレイしました。
東関東自動車道路を北上して90〜100キロ巡航で走っていると
強風とか砂とか結構身体に受けます。
タンクトップに半ズボンだからなおさらですよね。

FullSizeRender_1.jpg

風呂を出て案内人と合流し立石まで歩いていきます。
もつ焼き屋で焼き物を食べずにもずく酢とかさっぱりした物を食べて疲れをいやします。

FullSizeRender_2.jpg

天ぷら屋なんですが刺身を食べたり。

FullSizeRender_3.jpg

案内人がいまだに使い続けている元取った弊社コインケースを眺めて
結構仕上がって帰りました。


さてさて、俺のマシンのできあがりをたのしみにしつつ、しばらくは運動の為に
自転車公道に励みたいと思います。
結構贅肉が取れて来て、お腹の肉もビヨーンって伸びるようになってきました。
スケートも調子よくなって来ています。
まだお腹は1パックですが、最低でも2パック目指して
有酸素運動を頑張りたいと思います。
posted by sexysugi at 16:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

誕生日

IMG_3097.jpg

毎年5月は僕の誕生日なんですよ。
今年も皆さんからお祝いして頂きました。
こうしてリクエストした焼き肉屋さんにて、お友達がサプライズしてくれたり。
照れくさいってのもありますが、素直に嬉しいですね。
今後はなんでも嬉しがることにします。

IMG_3103.jpg

にくにく最高!!

IMG_3184.JPG

次第に人が集まって来て、次々とお祝いが。
さらに、喉を開けにカラオケへ。

IMG_3183.JPG

要所要所、歌詞を「杉爺」に変えて、歌って頂きました。

IMG_3181.jpg

これはまた別日。
今週一杯お誕生日気分で行かせて頂きます。

現在に歳になって、余裕で倍の歳は生きられないだろうと思いながら
特になーんにも危機感とか考えずに生きておりますが
やっぱりお滑りの方は継続して楽しみたいんですよね。
腹の出っ張りは結構自分的には深刻なメタボ具合であると認識しておりますので
もうすでに始まっている余生はダイエットと筋力アップで健康的に
スケートボードを楽しみ続ける方向で。
と考えております。
あとは「やるなら今しかねえ」主義で
あんなこといいな、できたらいいな
なんてのんきな考えを捨て、なにごとも速攻で手を付ける。
そんな脳みそで望んでみようと思います。

てなわけで、沢山の皆さんからのお祝いのお言葉、しっかり受け止めて
いい1年にしたいと思います。

ありがとうございます!
posted by sexysugi at 03:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

たなご釣り

先日、千葉のとある池へたなご釣りに行ってきました。
ここは初めての場所だったのですが、近年生息が減りつつあるたなごが沢山いる
とのことで先生方に付いて行ってきました。

IMG_2903.JPG

場所はこんな池。
そこにはキラキラと煌めく、小さなたなごが沢山いました。

IMG_2898.JPG

こんな感じで、池の縁で小さなウキを凝視していると。

IMG_2922.JPG

はい釣れた。
小さな針に小さくエサを付けて、微細なアタリを短い竿でピシッと合わせます。
この「ピシッ」がたまらんのです。

IMG_2942.JPG

ざっと150匹ほどでしょうか。
釣っている最中もタナを合わせて3センチくらいの小さいのから5センチ弱くらいの
サイズを釣り分けたり、小さな世界で結構エキサイティングな釣りなのです。

50年ほど前は小さな池や田んぼの用水路など、どこでもいた。
と言われていますが、環境の悪化と水生生物の生息環境が限られていく事実を
かみしめると、これもまた贅沢な遊びなんだなと感慨深い思いです。

IMG_2945.JPG

知り合いの家(定食屋さん)にもどり、宴タイム。
春の千葉の産物を頂きます。大多喜のたけのこに、木更津のマテ貝。
毎年やっている四季の食材。
これらをアテにキンミヤに炭酸、レモンでやります。
これもまた楽しみのひとつです。

IMG_2954.JPG

たなご釣りの仕掛けはとても小さく、そしてとても凝っています。
美しい仕掛けに竹製の出来た小さな竿。
箱や竿袋、全て日本のもの。
江戸時代から伝わる遊び人の為の古典釣法の道楽です。

IMG_2952.JPG

ひとつひとつが粋なんですよ。

IMG_2950.JPG

小さなたなごのサイズを狙う時はこのような手で針先を研いだ特製のたなご針も
ありまして、これなら1円玉に乗るくらいの極小サイズのたなごも釣ることが出来ます。
世界にただひとつ、日本ならではのこの釣りの美学。
時間が止まります。
その過去を経験したことはありませんが、タイムスリップした気分です。



かつて広尾の有栖川公園で、僕が小学生の頃の時分にグラスのヘラ竿に練りエサで
コイ釣りをやっていて、そこでたまたま小さな竿と仕掛けでクチボソを釣っている爺さんを
見かけました。
その爺さんの手返しとその小さな魚を釣るテクニカルな姿に一発で感化されて
7尺くらいの渓流竿に小さな唐辛子浮き、そしてたなご針にアカムシエサで
僕もクチボソ師に転向する。という経緯がありました。
道具の全てがコンパクトで、バックパックに全部入れて自転車で出かけるのも
用意だったのもお気に入りの理由でした。
で、釣るとなると、これまたアワセが難しく、なかなかキャッチ出来ないのも
のめり込む原因になってました。

まあ、子供の頃から背伸びなんで爺さんレベルの遊びがカッケーと憧れて
やったわけなんですが。。。

そんな、僕がのめり込んだ、そしていわゆる外道としてのレッテルのあったクチボソも
今や見かけなくなった、という話を聞きました。
なんだか35年くらい前の話ですが、時間と共に何か失われていく、そんな気がしました。
もちろん、人間の食用でもなんでもなく、いようがいまいが何の利害も無い魚ですが
もともとは存在していた魚や水生動物が人の記憶にも残らないまま種族が消滅していく
というのが、ちょっと切ない気分にさせられます。


たなごはその当時から有栖川公園には生息していませんでした。
池の底は実際に入ったことがあるのでヘドロだったと記憶しています。
誰かがそこに放流したとしても、恐らくそこに生きることすら出来なかったのでしょう。

それが僕の釣りの原点です。
posted by sexysugi at 03:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする