2017年10月12日

JIMI HENDRIX MEMORIAL

IMG_4829.JPG

僕が16歳のときに初めて彼の音楽を聴き、それまでのギタープレイが一変し
過去の音楽にどっぷりハマったきっかけとなったのがJIMIでした。
それから彼についての興味は衰えることも無く今でも聴いていますし
まだまだ聴いていない音源もあります。
聴き始めた頃ですでに他界し、シアトルと言ったらジミヘンの墓。
くらいしかこの土地についての知識はありませんでした。
なので、時間を作って行ってみました。

IMG_4830.JPG

IMG_4831.JPG

この下に彼が眠っているのかは解りませんが、大きなモニュメントがそこに
ありました。

IMG_4832.JPG

大きなストラトの彫刻、ちゃんと逆さまさん。
これこそジミヘンです。
ポートランドからここまでの道中、車の中で彼の曲を聴き続けてやってきたのが
なんだか自分にとっての素直な彼への思いだった気がします。

初めて聴いてぶっ飛ばされた、海賊版のRADIO ONE
未だ練習中の名演、RED HOUSE LIVE AT WOOD STOCK
聴くたびにしんみりのんびりする、ELECTRIC LADY LANDの2枚目

これらを車中で流しながらやって来ました。

IMG_4833.JPG

来て細々見て回り一服し、そこにあったストラトのヘッドにタバコを一本お供えして
きました。

10分ほどの滞在時間でしたが
ギターという楽器(道具)を使って、唯一無二の音を出した天才に
敬意を表すことができたのが、今回の旅の大きなイベントだったと思います。
posted by sexysugi at 01:45| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

FENDER STRATOCASTER

最近頑張っている僕ちゃんへ、ご褒美買っちゃいました。自分で。

DSCN0120.jpg

まあ、メイプルネックのストラトなんですが、見りゃあわかると思います。

DSCN0125.jpg

さて
ラージヘッド、CBSロゴ、トラスロッドが出ていない。
ってことはこれがなんなんだかわかりますか?
実物はリイシューなんですが、何年あたりのモデルであるかなと?
さらにフィンガーボードはラミネートメイプル。貼りメイプルってやつです。
ずーっと欲しかったのですが、ストラトに関してはいろいろ遠回りをしながら
やっとここにきてゲットしました。
かなり嬉しいです。

DSCN0119.jpg

んでもって、アンプがなきゃあ音も出せません。
やっぱしマーシャルですかねえ。。。。
いやー、静かに嬉しさ溢れかえっております。

Woodstock-promo-22-804x1024.jpg

やはり顔の仕上がり具合がちがいますぬ。
posted by sexysugi at 13:57| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

回転円盤シスコ

この日はちょいと用事がありまして、シスコの中心地へ行ってきました。

DSC04687.jpg

こっちは坂道が多く、ようやくそれらしい場所に来れたと実感しながらブラブラして
VANSのお店に行って靴下を買ったり、買い物を楽しみました。
で、なんの用事かと言いますと
なんと、まさかの、シスコで回転円盤師をやったのです。

DSC04694.jpg

ユニオンスクエアという広場を過ぎてちょい山側へ進むとトンネルがあり
そこの上へ階段で登ります。

DSC04701.jpg

すると読んで字のごとく、のトンネルトップというお店があります。
ここで回転しました。

DSC04705.jpg

とりあえず、出番まで一杯やっちゃいやすか!
スペシャルカクテル、うめい。

DSC04712.jpg

まあ、世界は大きいようで小さいのでしょうか、東京で知り合ったお友達がSFへ戻り
こっちでも回転活動を続けていて、いいタイミングでブッキング出来たという流れ
なわけです。

DSC04716.jpg

僕も含め4人でDJをしましたが、それぞれいい感じの選曲のバランスでいい時間が作れた
と思います。
店の雰囲気もいいですし、呼ぶ人が呼ぶ人なだけに僕の選曲がどんなかは分かっていますし
なんせ話が早い、のです。
自分の流れにノってくれて、次のDJも同じような流れで攻めてくるのが僕的にも
嬉しかったですし、言葉ではない対話が出来た気がしました。
帰り際、半年に一度来てくださいとナゾなオファーが入りましたが
こりゃまんざらでもなさそうかなと、調子こいております。
posted by sexysugi at 15:41| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

アンプ買うた

エレキの若大将もアンプが無ければ困ったちゃんであります。
マーシャルを手放して以来アンプが無く、スタジオの個人練習でしか
アンプを鳴らしていなかったので、うっかりポチっと買ってしまいました。

IMGP0557.jpg

LINE6のちっこいやつ。
電池を入れれば、コンセント無しで野外でも出来ちゃうスグレモノ。
近頃のアンプってよく出来ております。
プリセットされた音も4種類くらいあって、アコースティックからクランチ
ディストーションまで、いろいろな音を楽しめます。
コーラス、リバーブまで付いているという、アンプシュミレーターが得意なメーカー
ならではの欲張り機能満載。

IMGP0553.jpg

しかもなんとギターだけではなく、iPhoneも繋げて音が出せてしまうのです!
こりゃすげい。
iPhone用のスピーカーにもなりますし、この音をバックに一緒に演奏出来てしまう。
ってことは自分でオケを作って流せば、それに乗せて一人ライブも出来るって!
こりゃすげいすげい。

IMGP0556.jpg

これでしばらくは引きこもりでも全く問題ないです。
薄めのクランチセッティングで、Castles Made of Sandを猛練習しておりまして
なかなかいい感じのピッキングアタックが出せて、一人悦に入っておめでたい状態に
なっております。
いいの買うたでえ。
posted by sexysugi at 03:34| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

男気1ハム

いったいアンタ、何回ギター買い替えれば気がすむねん?
ってまたニューギターゲットしてご機嫌でございます。

IMGP9152.jpg

リバースバナナヘッドがぶいしーです。
最近はもっぱらアコギばかりで、風をあつめてとか弾きながら、例の自転車屋で独り夜中に歌ったり
しておりましたが
たまにはディストーションサウンドでピロリロギャリーンとか
バッキングでズジャジャジャとか
なんつうのもたまにはやりたいなあ、と思っていたんです。

IMGP9151.jpg

スラントマウントの1ハム1ヴォリュームという、ヴァン某みたいですヌ。
でも、コイルタップとか、配線の切り替えスイッチが増設してありまして
シングルサウンドも出せるという、多機能なやつで嬉しい限りです。
以前、鞄屋の事務所でバッドフィーリングのカッティングについて
5弦の解放と空ピックが大事だとか鞄屋に力説されましたが
これならちょっと負けずに練習出来そうです。
カマボコシェイプのネックにフラットな指板で弾きやすいです。

IMGP9150.jpg

前のオーナーが塗装を剥がしてクリヤーフィニッシュに変えたそうですが
これも気に入ったポイントのひとつ。
なかなかカッケーじゃあないですか!
まだアンプから音を出しておりませんので、鞄屋から借りっ放しのディストーションも
一緒に持っていって、スタジオにでも行ってみましょかね。

そうだ、久々マタンキメンバーで音合わせでもしますか!
自転車ブームと共に自然消滅したバンドだって?
んなこたあないですよ。
気持ちは変わっていないハズ。

好きよ、でもね、たぶん、きっと。
posted by sexysugi at 00:45| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

グラコアLIVE

グラインドコアのことですヌ。
近所のライブハウスに行ってきました。

IMGP8481.jpg

これまた治安があまりよろしくない地域でして、もともとは倉庫工場しか無い
寂しいところです。
こんなカヌーが道ばたに置かれております。

IMGP8468.jpg

全部で4バンドほどでしょうか。全部かっこ良かったです。
皆さん大暴れで喧嘩になって表に出ちゃったりと、エキサイト全開でございます。
全員身体が大きいので、一人が吹っ飛んで来るとみんな吹っ飛んでしまいます。

IMGP8474.jpg

IMGP8477.jpg

ここのライブハウスの立地は周りに何も無いのですが、両隣がカフェとバーが
それぞれありまして、途中で外出して1杯やっちゃうことも可能なのです。

IMGP8470.jpg

すごいピクルスてんこもりで辛いブラッディメアリーを注文しました。
ちなみにバーのBGMは全てメタル。
酒は辛いし、うめいし、とても気に入りました。

IMGP8478.jpg

ライブハウス内の売店ではTシャツが売られていたり

IMGP8479.jpg

台所を改装しただけのバーがあったりと
なかなかイケております。
バンドもいいし、店はコキタナイし、みんな風呂に入っていないのか体臭が臭いし
楽しい時間を過ごしました。
いいなあ〜マタンキも出してもらって、USAツアーが出来るといいですね。

「オヤスミトキヨー」
posted by sexysugi at 09:07| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

ギーターキター

どうも最近、指先が寂しいと思っていたら、ギターを弾いていなかったことに
気づきました。
ってかずーっとアコースティックギターを探していまして
ひょっこりいいのが出たので飛びついたのです。

DSC01947.jpg

ね、いいでしょう。このハードケース。
からっぽですやん、ってまあまあ、話を聞いて!
これはまたカッコいいケースなんですよ。
この時点で結構アガります。
まあ、これかついで駅前で演奏してお賽銭ありまとスタイル出来るって
ことッスよ!

DSC01951.jpg

説明によりますとサイドとバックにはハカランダという木材が使用されとりまして
現在ではワシントン条約により伐採が規制された高級材なのだそう。
これでズドンと鳴りが良くなるという半ば信仰的な話が出回っていますが
いかんせんアコースティック初心者の僕にはまだこの良さが生かせていない
気もします。
見た目はいい感じの木目でカッチョイイです。まずはそれでよし。
ネックもしっかりしてますし、持った重みや太めのネックなど
雰囲気が、先日新大久保で試奏したギルドに似ていたので
まあ僕的に好みってことで当たりでしょう。
と、納得してます。

弦は死んだ方がいい音が出るギターもあるんだぜ。
なんて、パトロールで知り合ったメタル早弾きから転向したという
アコースティック師のウンチクなどを思い出しながら
いろいろ試してみたいと思います。

DSC01950.jpg

いい感じに褪色した飴色のトップがドシブです。
チョリチョリしてないマイルドで厚みのある低音が好みですヌ。
鈴鳴りってよりはまったりドシーンって感じなんすかねえ?


そんなドシブちゃん、僕と製造年が同じ。
タメなんですよ。
posted by sexysugi at 00:27| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

MATANKI CRUE GIG 仮装スペシャル

ライブ、やってきました。
無事終了しました。
ああ、またひとつ終わるたびに気が抜けて放心状態になるのはいつものこと。
熱狂のライブを観た人も、そうでない人も今一度回想しちゃってください。

img_405331_34670539_0.jpeg

これが当日の我々なのですがどうですか?
すごいでしょう?
ここまでやれば誰が誰だか分かりません。


では特別にメイキングオブマタンキクルーをお見せしちゃいます。

IMGP5833.gif

当日、その場にいた某師の奥様に、無理矢理メイクさんをお願いして、出番に向けて変身します。
ベースケがいつになく真剣な表情。

IMGP5831.gif

途中の段階で皆さんかなり気に入っている様子です。
真ん中ほおホリはこのまま志村で出るという案もありましたが完成に向けメイク続行。
左セント君もイナズマが入るのを待ちながらやや興奮状態です。

みんな、はじめは半信半疑
どうする?本当にやるの?
で、誰やるのよ?

みたいな煮え切らない感じでしたが、白塗り一発入れたところでやる気全開。
むしろハマってしまって出来上がりの手直しを鏡を見ながら
自分でやってしまうメンバーもいたりと、まんざらではない様子でした。

で、90%完成の時点ですがこんな感じです。

5126967914_e93575da46_o.jpg

ほとんど、本物か偽物か区別がつかない状態だと思います。
何を本物としているのかも分かりませんが。

これで、ライブに挑んだ。
といういきさつでした。

ライブ本番の様子はあいにく写真がないので、誰かさんのブログにアップされるまで
しばしお待ちを。


ウハハハハハハ〜
諸君、また会おう!!
posted by sexysugi at 01:10| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

アンプップ〜

先日からどうもジャックの接触不良か、ブッチブチノイズが出ているので
勢い余ってアンプを分解してやりました。

いわゆる、ハンダ付けの劣化で基盤が接触不良を起こしている事を触診で発見。

DSC00503.gif

このインプットジャックがくっ付いているとこが怪しかったのです。

DSC00500.gif

ポットのナットを全部外して、基盤ごとごっそり外れます。
心臓部だけに、意外と重いのです、これまた。

DSC00501.gif

このなかで、ダメな場所を見つけて、こってりとハンダ付けしてやりました。
これでばっつす。

DSC00502.gif

僕ってわりと人にはぶっきらぼうだと思っていたのですが
こうして、めんどくさいものが好きな性格って、実は世話好きなのではないかと
思い始めました。
アホですよ。
夜中にこんなもん分解してたかだかちっぽけな部分をハンダ付けて
復活させて喜んでるんですから。

人に対して、もっとお世話した方が良いのかもしれませんね。

「貴女の心の接触不良、治します」

ご相談はスギフォークでどうぞ。



こういう単純な構造をしたアナログなものって、手をかけると
喜んでいるのかのごとく、良い仕事するようになるんですよ。

あと、自転車とか、ギターとか、持ち主に大事にされているものって
いい雰囲気っていうか、輝くオーラみたいなものを感じたりします。
道具といわれるものは特に。

たかがモノ
なのに不思議ですヌ。


もしかしたら、こころのケア、人も同じかもしれませんね。

「ああ、綺麗だ....」
「ああ、素敵だ....」

こんな感じっすかね。


ドゥフ
posted by sexysugi at 19:19| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

スギデンキ

先日より、ドシブシット続きで興奮冷めやまぬ状況ですが
もう一発出来上がっちゃったりなんかしちゃったりして、またまた感無量でございます。

スクリーンショット(2010-10.gif

これ、ストラトの配線図なのですが、これを参考にピックガードまるごと作り直す事にしました。

DSC00531.gif

上がもともとのもので、下が新しく作るもの。
リンディフレーリンのピックアップにスプラグのVITAMIN-Qコンデンサ、CTSのヴィンテージポット
配線材はオールドフェンダー風にクロスワイヤーを使用しました。

ピックアップ、セレクターのネジがインチで、たかだかネジごときで右往左往するのは
自転車と一緒。
コツコツ、少しずつ集めて来た部品たちです。

DSC00532.gif

それらをハンダでチコチコくっつけていきます。
結線箇所を間違わぬように、慎重にやっていきます。
あんまりハンダコテで熱を加えすぎて壊れてしまう部品もあるので、これまた神経使います。

DSC00533.gif

このギターは80年代初頭に作られた、57年モデルの復刻版です。
そろそろ30年目を迎えるこのギターも、ヴィンテージと呼べるほど
随所にヤレっぷりが出ております。

DSC00534.gif

だいぶそれらしくなってきました。
アンプをつなげて、ピックアップをドライバーなどの金属で触れると
コチコチ音が鳴ります。3つとも確認がとれたので、配線は完成です。
あとはピックガードをねじ止めして、各部ノブをつけて、弦を張ったらできあがり!!
この作業がかなりアガります。
どんな音が出るのでしょうか??

DSC00535.gif

実際、音を出してみたところ、メイプルネックの乾いたチャラーンといった音から
アンプで少し歪ませて、フロントピックアップでトーンを絞ったクランチサウンドまで
いい感じに出ております。
僕的には後者の音がズッポリきてしまいまして、ドシブチョロッツアンフレーズを
弾きまくってしまいました。
これ見てるとまた、ローズネックも欲しくなっちゃうんですよね。
恐ろしや我が物欲。


秋の夜長に一杯やりながら、チョロリと弾くあたらしいカワイコちゃん、誕生でごぜーやす。
posted by sexysugi at 01:37| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

やっぱり

バンド練習の件は裏講習という新たな練習法を取り入れたところ、メンバー全員が演奏できた気分になり
安心しきって堕落してしまい、結果全く何の効果もなかったという、今更ながらかなり焦りを隠せぬ事態に陥りました。
あと、1回しかスタジオがありません。
大丈夫でしょうか?
まさかの台風による出航中止とか、願わずに要られぬ状況です。



まあまあ。
ここでまた嬉しい話。
こいつがどうしても試したくて、先日弊社にやってきました。

DSC00490.gif

いや、それ、もう見たんスけどそのデッキ....。まだ何か言いたいんスか?

いえいえ。
今回は奥のやつね。

DSC00492.gif

これは80年代初頭に作られた、57年のリイシューなんですが、そろそろ生誕30年を迎え、いい感じにヤレております。
オリジナルですと、とんでもない値段になってしまいますし、僕ごときにはむしろこれがちょうど良いのです。

まず、これを触るうえで、一番にチェックしたいのが裏面のトレモロスプリング。

DSC00484.gif

並んでいるスプリングを見れば分かるでしょう。上が新品、下が中古品。
ストラトキャスター独自のトーンはまさにここがキモであると、とある文献で確認したことがありまして
盲目な信者はすぐに実行してしまいます。 無視されがちですが、確かにここはだいじなトコです。
なので、ヴィンテージスタイルの0.8mm太いというものに全て交換。


そして、今回は電気系をすべて交換するために、いろいろ時間をかけて用意しました。

DSC00491.gif

PUは55年モデルを忠実に再現しているという、某マニアックなメーカーのものに。
D弦のボールピースが少し高めにセットされているそうです。
コンデンサーはヴィンテージのビタミンQ、ポットもヴィンテージのCTS、電材はベルデンを使用します。
コスメティックは全部真っ黒けにして、例のデッキの雰囲気に近づけようかと思います。
まあ、あのタバコサンバーストは実は'59Lespaul Jr.の配色を例にしているんすけどね。


部品がすべてそろい次第、早速制作にとりかかりたいと思います。
どんなトーンになるか楽しみでしょうがありません。
デッキといい、ギターといい、最近は嬉し楽しいことばかり。

かなり、充実しとります。
posted by sexysugi at 15:14| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

スギ電気

先日の回転円盤師で、モニターが取りずらく、おかしいと思ったらジャックの接触不良のようでした。

では早速スギ電気で直しちゃいましょう。

DSC04893.jpg

このしゃもじスタイルのヘッドホンはお気に入りなんですが、いい加減なジャックが付いています。
それを下の金属製に交換するのです。

チコチコハンダ作業ですが、こんなもんカッターで銅線ひん剥いてチコチコやるだけなので
お茶の子さいさい!!

DSC04894.jpg

はい、出来上がり。
配線が分からなければ、元のをブッ壊せばすぐに分かります。
暇を見て、スピーカーも新しいのに交換してしまいましょう。

DSC04895.jpg

テストもバッチリ。
変換アダプターを使って、iphoneでも聴くことが出来ます。
御陰さまで回転円盤師のオファーもちらほら出てきまして、気合いは増すばかりでございます。


ついでにギターのシールドも自作したいと思います。こっちはモノラルなので配線は2本
こっちは失敗知らずです。

マニアックな部品が欲しいので
近々、ラジオ会館を攻めに行ってきます。

無いのなら、作ってみせよう、スギ電気

電気屋っつったらここ。
ビッグリスペクト!!
posted by sexysugi at 00:09| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

例のバンド

こんな夢をみました。
僕がサッカー選手でワールドカップでスペインとの試合に臨時で参加します。
僕が蹴ったボールを他の選手がうまいことゴールさせるが、しかしながら13対3で負け。
でもゴールしたからいいじゃん。っていう内容でした。
だから何だって訳ではありませんが3点の「3」がやたら印象的でした。
明日新橋場外車券場で、男の3連単!!
攻めてきますかな....。



いつもお世話になっておりますとある師より、お誘い頂きまして例のバンドがライブをやることになった
という噂はある程度広まっておりますことと存じますが

まだ練習しておりません。

というわけで空いた時間を利用して、次回のライブに向けてのバンドイメージ的な素材を集めてみました。


4-1393.jpg

ピスト → メッセンジャー → 配達 → 長距離トラック運輸
というイメージを元にこんなのはどうでしょうか?
最近釣り好きのトゥブヤキも多いことと存じますので、ブリを掲げて大漁祈願です。
※服装から考えますと、冬の装いとお見受け致しますので脂の乗った寒ブリでしょう。
やっぱ、由美かおるさんはいつ見ても美人ですヌ。


4-211.jpg

エレキギター → 早弾き崇拝 → スーパーカー世代
やっぱりスーパーカーチョコレートのステッカーを集めていた僕としましてはここんとこはずせません。
911のボンネットにハーケンクロイツっていう、ハイプなセンスが泣かせます。
ドイツ重戦車のエンジンがポルシェ社製だったというのは渋谷のギャルに間ではもっぱらの噂だとか。
ディーノってエンツォの息子の愛称だったという逸話、知ってますか?
エンジンは12気筒はなく6気筒なのです。
ちなみに鞄屋はマセラティメラクが好きだそうです。
ボーラじゃなかったんですね。
僕ですか?
やっぱりアレですかね、ロータスヨーロッパ。
実車のペタンコ加減はかなり凄いですよ。
視界はかなりのローアングルなので、歩道橋の下によく駐車してあるらしいです。
あと、ファンネルから吹き出たガソリンがFRPボディに染み込んで、たまに炎上するそうです。


0239307449.jpg

街乗りピスタ(ピスター?) → カフェレーサー → 速いすぐ到着 → 1曲2分台
かなりシブい車両だと思います。
ドカの900SSは永遠の憧れですが、ノートンコマンドなどの英車もすぐぶっ壊れそうで惹かれますヌ。
スピットファイアというとトラを連想しますがそれは車でした。


DSC04643.jpg

蕎麦にやくみは入れねえぜ。山葵をチコっとつけてズルっとやるだけでぇ!
おっと兄さん、つゆの浸け過ぎは野暮ってもんだぜ。
機材はこれだけです。
だいたいどんな音かは想像に難くないと思います。
ジャジャジャー〜〜 ジャキッ! 終わり



本番にならないと分かりませんがこれで大筋はご理解頂けたかと思います。
あと、オフィシャルグッズも作ろうかと思っております。

ピクチャ-1.jpg

なんて読むか分かりますか?

これ、一枚一枚手作業で切らないといけないんですよ。
作るのめんどくさいので制作スタッフ募集します。
posted by sexysugi at 21:47| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

ザ・チョロッツアン

一目会ったその日から、ズッポシハマることもある。

実はずっとずーっと好きなギターがありまして、長い歳月を経て、僕の手にこれが届きました。

DSC02761.jpg

箱です。
なにこれ?ものすごくボロボロなんですけど。
とってなんか取れてしまって革ひもで代用されています。


そろり、ゆっくり箱を開けると...

DSC02762.jpg

なんスかこれ?
ヘッドにはフェンダーロゴがありますが。


はい。
説明致します。
これは1956年にデビューした、フェンダーのミュージックマスターと呼ばれるギターで
手の小さい人でも弾きやすいように、22.5inchショートスケールネックの仕様となっております。
工程を減らし、塗装も薄くなくてはならない為、木目が目立たぬように考慮された
サンドベージュという配色や、シンプル設計で部品の簡素化を図った1ピックアップ
そして1トーン1ボリュームという
いわば今日からギター始めちゃうのよチョロッツアンスチューデントモデルなわけです。

all-top2.jpg

ボディも薄く、ネックも短く、ストラトを一回り小さくしたデザインはとっても可愛いでしょ?
このなんとも言えないオモチャみたいな感じがたまらんのです。

以前、1978年製のものを持っておりましたが、やはり50年代のみにしかなかった
メイプルネックのモデルは憧れの一本だったのです。

今回入手したものは1958年製のもので、あちこちキズはありますが、全く問題ありません。
音は素晴らしいチョロッツアンサウンド。

ピックアップが2つ搭載されたデュオソニックというモデルもありましたが
僕はシンプルなこちらの方が断然好みでした。


これでチョロチョロシュッポリ弾くのです。
ジャラ〜ン!とか、ギャイ〜ン!じゃなくて
チョロチョロ....

おちょこでチビチビスタイルね。

ちなみに以前登場したストラトのゴールドアノダイズドピックガードは
まさにこれへのオマージュでした。
これが本家です。

なんでこんなのが好きなんですかねえ?
ストラトが高いから?
いえいえ、こういうチョロっとしたものを誠心誠意向き合って付き合うのが良いのかもしれません。

クルーザーデッキで最高にカッコいいプッシュで街を流す!!
みたいなイメージでしょうか?
一見、大した事なさそうに見えても、本気で可愛がってやれば心に大輪の花が咲く。

そんなクサい夢みたいな事に付き合っているのが僕らしい生き様なのかなと
最近つくづく思ってみたりします。
ただのひねくれ者なんですかね。
ガバメントじゃなくてデトニクス。
GSX-RじゃなくてGAG。

そんな比喩、みたいな...。


まさにベストチョロ!
また新たなパートナーが出来ました。

DSC02763.jpg

かなりうれP。
posted by sexysugi at 16:02| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

いちまい〜いちまい

週末のナゾなイベント、「ハケ水車」に向けて、ちょいとネタを引っ張り出しては
選曲について色々検討しています。

DSC02167.jpg

かれこれ、15年以上前から集めていたものですが、たまに見てみると
「こんなんもあったなあ」って懐かしくも新鮮な気分に浸れます。
古いブラックミュージックが中心ですが、これをこんな風に繋げてとか
新たなアイデアで妄想を膨らしてるのが楽しいんですヌ。

特に7インチって、DJしてると一曲の重みが違うというか、一発入魂的な特別な想いが宿ります。
そして収集癖魂に火をつけてくれる魔の魅力があります。
あれもこれも欲しくなります。今は全然ですけど。

レコードのミゾも深いですし、録音レベルが高いので、音域も広く、いい感じなのです。
ターンテーブルにちょこんと小さい7インチが回ってる姿も、観てて酒が進みます。


最近ではCDで横着してますので
重いアナログをガラガラで引っ張ってなんてことはしなくなりましたねえ
CDJもヴァイナルモードっていうのがありますし、便利に超した事無いです。

色々なネタをデジタルでごっそり用意して、様々な音楽を織り交ぜて、長い1曲を作り上げる
って言うような、セレクターなりの感じ方って、以前とは正反対ってくらい変わりました。

デジタル音源って、よほど捻くれていないかぎりはだいたい入手可能ですし
その音源の存在を知っているという前提で、欲しいと思えば、デジタル音源で入手可能なんですね。
アナログからデータ化する事も出来ますし。
可能性が飛躍的に広がったわけです。

アナログオンリーなんて過去の価値観に縋るわけではないのですが、むしろ今のほうが
色々有りすぎるだけに、選び方、掛け方、繋げ方、考える事が増えちゃって
それまた楽しさ倍増な気がしています。
音楽が無形である現実を改めて認識させられます。
センス、かなり問われます。

DSC02168.jpg

まあ、こういうモノとしての存在感っていうか魅力も捨てがたいですけど。
いちまいいちまい、思い入れ、あります。


そうそう、昨日納車式をやっておりまして、主からお礼にと素敵なベルト、頂きました。
この方、手作りでこさえてまして、始めっから皮が柔らかいんです。
始めに手作業でオイルド加工して、柔らかくするそうで
さらにこれまたいっこいっこ、鋲を手作業で付けているのです。

DSC02169.jpg

実物は確かに重いですが、やはり質量とは異なった「ズッシリ感」が
あるのです。

その想いっていうか、重みを感じ合えるって、とーっても理想的な事だと、思いません?


大事に使わせて頂きます。
posted by sexysugi at 05:19| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

チコチコ

はあー
また腹汁メイクでシャワー生活に戻りました。正直落ちます。
ちょこっと、5ミリ程度のキズなんですが、ずううう〜ん
って重い痛みです。
ちょこっとなんですけどね。もう70日以上経っているのに。
医者も「様子観てまた来てねー」みたいな。

いよいよ完全に禁煙したほうが良いのかもしれません。


ちょこっと?
ちょっとして?
しちゃったら?

こんなちっこいパーツが届きました。

DSC01721.jpg

これ、コンデンサーといって、電荷(電気エネルギー)を蓄えたり、放出したりする受動素子で
ギターの音のトーン(音色)が変わるみたいなので、修理ついでにこいつも取っ替えるか
という算段なのです。

これはビンテージのもので、高音域を押さえめにする番手を選びました。
ストラトのトーンはチャラリ〜ンというよりはボイ〜ンって感じが好きなので。
おお、これでうまく行ったらセンターとフロントで弾き倒してやりますわ!

DSC01722.jpg

それをこの辺の中に組み込むわけです。

今まで気にはなっていましたが、どんだけ音が変わるのか楽しみです。
以外となんにも変わらなかったりして。


はたして理想的なシュッポリーヌサウンドになってくれるのでしょうか?
体調悪いなら悪いなりに事務所で一人遊びが出来るので、僕って非常に便利な性格なのです。


フフフ.....


宣伝

禁不奥がGQ JAPANに取り上げられています。
かなり的を得た的確なテキストです。
なかなかアダルティかつしゃれおつな自転車特集ですので
宜しかったら、書店にて一読を。
posted by sexysugi at 16:54| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

バンドについてのバンド

4199176605_dfbbe3c4f7_.jpg

えー、先日ガンズアンドローゼスのライブにご招待いただき、マタンキクルーは東京ドームへ
行ってきました。

僕は回転石楽団の演奏以来のドームでしたので冬の寒空の下、心躍る気持ちを抑えきる事は出来ませんでした。

まてよ、
ご招待?
また大見栄っぱりのコンコンチキめ。どうせちゃんとチケット買って入場したんだろ?

ひがみやっかみ先生、ちょっと待ってください。
我々はちゃーんとご招待されたのですよ。
正面玄関の1フロア下に、ゲスト用の入場口があるのです。

ネットの世界は恐ろしいくらい情報が早いのです。
マタンキクルーも世界のロックバンドの一員として認められたのかもしれません。
WE ARE THE WORLDをみんなで熱唱する日もそれほど遠くない気もしてきました。

4199926330_cae4b1d46c_.jpg

金額を見てください、我々はこんな大金自腹で払いたくありません。


我々のようなオッサン世代なら、誰しも知ってるガンズ。
しかし、現在はボーカル以外のオリジナルメンバーはおりません。

嬉しいような悲しいような。
新しいアルバムの発売記念も兼ねているのですが、どうも昔とは様子が違います。

昔の曲が始まるとみんな大喜び。
ガンズファンは狂ったように叫んでいます。

バンマスも盛り上がって、うっかり原選手と一緒に記念撮影。

4199931046_10b27d106a_.jpg

僕は野球に関しては王選手しか知りませんが、かつては野球少年であったバンマスにとっては
神様的存在らしいのです。
スラッシュに会えなかった分、嬉しさもひときわだったように思えます。

そう、ガンズと言えば、ギターヒーローのスラッシュにアクセルのボーカル。好きな人から言わせるとスラッシュの雑な弾き方が現在在籍のギターには無く
うまいんだけど、つまんない的な、気の抜けたコーラみたいな印象があったようでした。

そうこう観ているうちに、バンマスと僕は
(本物を観て)「これなら俺らでもイケるな」
というナゾの自信が湧いて来て、お互いうなづいておりました。


要はアクセルしか居なくなった現在のガンズは、もはやガンズではなく
ガンズのコピーバンドをバックにアクセルが唄っている。
(ガンズの音、演奏のクオリティは当然素晴らしいのは言うまでもないのです)

という認識に変わったのでした。
ラーメン屋の店員によって同じ店でも味が違う、みたいなもんすかねえ。

コピーって仮説をたてれば、条件としてはマタンキクルーも同じ。
やってるメンバーがこんだけ盛り上がってるんだから、むしろ俺らが出たほうが盛りあがんじゃねえの?
なんなんですかね。この感覚。
あくまで客観的な視点で論じているだけで、別に自分たちを褒めているわけでもないんですが。

メンバーが不良で、雑多な感じと何かが起きそうな期待感。
かつてのガンズはどこにいってしまったのか?

ナゾな社会派となったアクセルの中国民主主義ツアー。
ともあれ、3時間半に及ぶビッグステージ。このパワーはハンパありません。
ご招待して頂きありがとうございました。
みんないい勉強ができたと思います。


やはり僕たちに必要なものは「らしさ」なのだと痛感したわけであります。
「似て非なり」の「非」は、
先進的、そしてより高度な美学を用いるがための「非」であるということ。
もはやそれは必然と言って過言ではないでしょう。
チンポンテラリーだかコンテンポラリーだか知りませんが、G3とそのような話をしたとき
ふと、ポストモダン以降の世界に有る我々の立脚点を垣間みるような、そんな感覚を覚えました。


自画自賛的な言葉ばかりで恐縮ですが、
マタンキクルーは何の臆面も無くやってるコピーバンドであることは間違いありません。
しかし、活動という土台が出来た以上、活動そのものを対象に自己批判し、消費し、
完全なる自律を目指して成長し続けるバンドなのです。そこが今風なのかもしれません。
この概念は画期的で、アホなら誰でも出来るところが素晴らしいのです。

そしていつか俺らも。と、ドームでライブする姿を想像しちゃうくらい、アホなんです。

4194077365_a024c9302.jpg

次回のライブはちょっと違ったマタンキクルーを体験出来ると思います。
コッ恥ずかしい事だって何のその。へっちゃらです。


追伸

80年代後半以降からの現代美術の作品で、
作家自身の「身体」を用いた作品をもう一度観てみたくなりました。
ギルバート&ジョージとか、あらためてじっくり観たいですヌ。
森村泰昌の「薬師丸ひろ子」観て爆笑したいです。

あと、メンバー全員の彫刻を、ジョージシーガルに石工で作って欲しいなあ、と思いました。
これ、かなりイケてると思います。

言い出すとキリが無いですが、キンタマ繋がりでマシューバーニーのクレマスターシリーズに
出演させてもらう。というのもアリですかね。


ドゥフ....
posted by sexysugi at 23:06| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

機材研究

年内、ちゃんとスタジオに入っておきましょう。
と、ライブ後の気の緩みもつかの間、マタンキクルーはまじめに練習しています。

DSC00969.jpg

今回、ボカールとG3はバックれましたが、バックバンドとしてのまとまりを再認識するため
息を合わせます。
恋愛でいう、倦怠気になってしまわぬよう、ちょっと、私の事真剣に想っているの!?
といった、気持ちの確認でもあります。

まあ、メタメタでしたが....

この日は、G1が新調したギターのピックアップ(マイク)の交換記念サウンドチェックも兼ねて
彼はマーシャルスタックでガンガン鳴らしていきました。

すると、豹変したサウンドに僕も圧倒され、すっかりG1の独壇場となったスタジオ内で
内心スーパー嫉妬しまくってしまいました。

そして、帰り際ちゃんとスタジオの打ち上げもします。
池尻の全て500円以下という、安い居酒屋を発見し、僕はG1の音のよさが悔しくて
やけ酒ビールを飲んでしまいました。


あとからG3も新調したギターを持って、みんなで弊社に戻ってまたまたサウンドチェックの開始です。

DSC00989.jpg

うおーなんじゃこの音!!
すげー!!
すげー!!

同じギターでも、年式や造りで全く音が違いますし、先のピックアップの交換で
これほどまで音が変わるとはビックラこきまくりでございます。
弾いてて、つもついい〜のです。10倍うまくなった気がします。

DSC00997.jpg

こんな感じで機材を並べてギター見酒というのも今後流行りそうですヌ。
キングオブエレクトリックギター、レスポールはやっぱしキングでしたわ。

結果、おかげさまで僕のギター病は再発し、またまた欲しい1本との新たな出会いの旅に
出なくてはなりません....。
ギターって自転車同様、歴史が永い分、奥が深いのです。
そしてそのサウンドは奏でる弾き手によっても変わるものなのでこれまた迷宮ズッポシスタイルなのは
言うまでもありません。

父がブルーズマンである僕の友達は、かつて父が彼に

「アメリカはどうしようもない国だが、唯一ギターを生み出したのは素晴らしい」

と感慨深い事をおっしゃっていたそうですが、確かにその通りなのかもしれません。




そうそう、
お忍び台湾スタイルのベースからの土産話。
このスニーカー、世界的に有名みたいですよ。台湾でも会う人会う人みんな知ってるみたいです。
それよりその反響でベースがG3に対して凄い凄い言い出してたのがウケました。

DSC00974.jpg

てぃなみに僕は紐無しで履いていますがなかなかいい感じです。
ニューユークから来た友達も僕が履いているのを見て欲しがっていました。買えと言っときました。

そろそろお店で見れると思います。
posted by sexysugi at 20:07| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

先日のアレの打ち上げ

先日のアレ、アバラ黄金の骨折をメイクし、更にブチアガリのマタンキクルーは
ギタ−3の新居引っ越し祝いもかねて、ギタ−3宅にて、打ち上げをしっぽり行いました。
とてもいいお家で、ちょっとどころか、嫉妬する程良いご家庭っぷりを披露しておりまして

かなり一軒家の魅力に取り付かれた次第であります。



お料理が出てくる間
お友達のI君に、ブロックの遊び方を習って、しばし造形のセンスについての抗議を受けます。

ギタ−1もこのとおり、真剣にブロックでなにやらこさえています。

SC04965.jpg

「この人は怒ると緑色になっちゃうんだよお」と言われ、半信半疑でギタ−1を眺める
I君がおもろかったです。

次第にメンバーが揃って、鍋が出てきます。
こちらのお宅のスタイルは肉に片栗粉をまぶし、トゥルトゥルに仕上がっております。
とてもおいしい鍋でした。
鍋は肉も野菜も同時にとれるので、現在の僕にはとても有り難い食べ物なのです。
あと、オレンジジュースね。
黄色くなっちゃうくらい、毎日飲んでいます。

SC04973.jpg

ヤマイモの漬け物。
遠回しに「今夜は寝かさないわよ」というメッセージが隠っているんですかねえ?
ちょっと勘ぐり過ぎですかね?
牡蛎が食べたい。と女性から言われると完全に告白されているとしか考えられないのですが
それもまた、勘違いでしょうか。

人んちのご飯って、マジうまいですよね。
あまり家に帰りたくなかった僕は子供の頃から大好きなのです。


今後のマタンキクルーの活動方針、あのレスポールが欲しいとか、買ったとか、ギャラ出たのか?
ボカールはどうした?
とか色々談義しているあいだに

このお宅の主のI君がこんな作品を即興で作ってくれました。

SC04976.jpg

どうですか?
なかなか上手でしょ?
彼はとうの昔から補助輪無しの自転車を運転し、最近はカメラまでいじって
なかなかいい写真を撮っています。

sexy亭の称号を与えられるのもそれほど先ではなさそうです。
彼には防水カメラを与えて
お母様との入浴時の記録を押さえてもらう仕事からやってもらえると素晴らしい気がします。


いやあ、家庭っていいなあ。
しみじみ思ってしまいました。

ごちそうさまでした!!!!!
また近日お邪魔します。

僕は相変わらずオレンジジュースですよ。
明日、ラストの診察がありますが、ドクターにキッチリ僕の容態を聞いてみたいと思います。


早く治して、忘年会でガッツリ行きたいですヌ.....
催し事も今月は各地であるみたいですし、月中過ぎまではシラフでブチアガリますぜよ!!

そうそう、ココのライブ写真、いい感じです!!
posted by sexysugi at 04:57| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

お〜し〜ら〜せ〜

ツイッターってご存知ですか?
ツウな人はトゥイッターって言うみたいです。

マタンキクルーは
MATANKI7374という名前で登録して、メンバーがランダムにとぅぶやいています。
今、サイコーにホットなメッセージが届きますので、宜しければ是非フォローをお願いします。
かなり笑えますよ。
とぅぶやきがしつこすぎて抜けてしまった方もおりましたが...。

なんか「とぅぶやき」って、網で焼いた貝みたいな名前のフレーズですヌ。

http://twitter.com/MATANKI7374

ピクチ 1.jpg

4.jpg

9838.jpg

これやばいでしょ?
某メタル誌のカバーフォト。


はたしてマタンキクルーにこんな奇跡、起こるのでしょうか?
posted by sexysugi at 17:51| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする