2018年12月07日

徳島ひとりたび4 焚き火のおやじ

鞄屋の自宅の前に、巻きとして使われる予定の木が15トントラックで運ばれてきたそうで
木がしこたまあります。
それをチェーンソーで短く切り、さらに斧で割って、所定に位置に積み上げてあります。

それを毎晩、火をおこし、薪ストーブであったまるということをしています。

IMG_9327.jpg

まあ、なんつうんすかね。。
焚き火の炎を眺めながら、いろいろ考えとるわけですよ。
やかんでお湯を沸かしていい近のお湯割りを作って飲んで。
つのる話もいろいろ、明日は6時起きね、と言いつつ。

IMG_9332.jpg

都会では家の前で焚き火なんて考えられないことですが
火遊びが大好きな鞄屋はこうして毎日火を起こしてはもの思いにふけっているのでしょう。
もしや寂しいの??
とんでもない!
しょっちゅうお客さんが出入りしているので忙しそうにしています。
むしろ僕がこうして遊びに行けるタイミングを作ってもらえているのがありがたい
ってくらいです。
縫製設備もバッチリ揃って、バンバン鞄もこさえております。

IMG_9334.JPG

網を置いて、カシラの塩を頂きました。
この串打ち、仕込みはM田さんからの伝授で、焼き具合も最高で、じつに美味しかった。
我々いい歳こいたおっさんは、残された時間、人生をもっと大切に使い
我々のいい思い出を作り上げて行くのが今後の課題だと思いながら
薪に、火をくべるのでした。

冬の空は透き通り、星が一段と綺麗に見えました。
とか言いながらベロベロで、鞄屋がいいの出しまくりで、ヤバかったです。
変わらずヤル気見せてもらったんでそろそろ東京へ戻ります。

この度もやりたい放題させて頂き、ありがとうございました。
次回は春のバス釣りですかね。
posted by sexysugi at 18:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳島ひとりたび3 たかし丸

IMG_9287.jpg

1年ほど間のあいた鞄屋との付き合いでしたが、行ってみればやはりヤル気出してまして。
ついに船長さん、は本当に船長さんになっていました。
僕も船舶免許を持っていますので、操船は代わりばんこね。
なんて言っておきながら、釣りがおもろすぎてほとんど船長さん任せでした。

IMG_9413.JPG

まずは網でイワシすくい。
名人のレクチャーどおりにやると、12-13センチほどのいい型のマイワシやウルメイワシが
おもしろいくらい獲れます。

IMG_9412.jpg

それをボートのいけすに保管して。

それを釣り針に引っ掛けて、泳がせて大きな魚を狙います。

IMG_9420.JPG

イワシが海底でなにかに追われていきなり暴れだすのが竿先に伝わってきます。
それがおさまると、こんどはぐぐぐ〜っと強い引きが。。。

IMG_9289.JPG

IMG_9418.JPG

で、こんなんが釣れました。
イワシの胴体丸かじりの。ヒラメもいるんですが、針掛かりが悪く、ノーゲット。
次回はマゴ針をセットしてリベンジします。
ほか、おそらくハマチなんでしょうけど、いきなり走り出してラインブレイクしてしまった
魚もありで、ここいらの魚影の濃さは水路なんですがまさに海です。
ハマチしゃぶしゃぶ食いたかったです。。。

ちなみに場所はパークの目の前。

IMG_9421.jpg

そんな自然豊かな釣り師には最高の場所がここにあります。
滞在中はほぼ毎日、朝夕の出船をしていただきました。
船長さん、ありがとう。
posted by sexysugi at 18:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳島ひとりたび2 鳴門のウズパ

でもって、鞄屋の自宅からバイクで5分の場所にスケートパークがこの度完成
いたしました。

IMG_9275.JPG

トランジション系コンクリパークで、それぞれのセクションが手頃サイズとなって
おります。
ボウルもありまして、低いですがちょっと変わった形をしているので攻めがいが
ありまして、なかなか手強い奴です。

IMG_9274.JPG

鞄屋、スクーター屋と三人で遊んで楽しいお滑り。
なんとこの三人、お互いを知らない中学生当時、三茶のLAクラブでやってたストーミーの
大会にエントリーしてたんですよ。
昔の友は今も友。

スクリーンショット 2018-12-07 4.10.44.png

鞄屋と。

IMG_9296.PNG

ここのチョロッツアンが最高におもれい。

IMG_9391.jpg

IMG_9394.jpg

IMG_9398.jpg

ヨダレ出ちゃうでしょ??
どなたでも楽しく出来る設計、芝生エリアも入れた全体のデザイン。
敷地内はコインシャワーまであり、なんとお隣はスーパー銭湯!!
夜は照明がついてナイターも可能で、ロケーションもバッチリ。
楽しいパークにうまい飯、そして風呂。
夜行バスのバス停も目の前なので、東京から直に行けます。
バスで来てレンタカーを借りてあちこち四国観光、な動きで充分にお楽しみ頂けます。

同じ場所でこんなにしっかり仕上りシステムが揃っている場所が他にあるでしょうか??
天国はここにあった。
posted by sexysugi at 18:10| sk8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳島ひとりたび1 進化し続ける鞄屋

例の鞄屋へ会いに徳島へ行ってきました。

IMG_9266.jpg

朝一番で到着したのですが、家に着いて荷物を降ろして、いきなりボートで出航。
サヨリの群れがハマチに追われるのを目撃し、いきなり人間の活性も上がり、しばし
ポイントを回りながら帰航しました。
なんせ、家の前に船が停まっているのですから、いつでも出航可能。
という素晴らしいシステムを導入しておりました。
素晴らしき徳島。

IMG_9270.JPG

なんと車もあるじゃあないですか!!
近所をドライブして、これ四駆だし、砂浜に入ろうぜ! と、鞄屋。
で、いきなり砂にハマってしまいました。
ヤル気出してます。

IMG_9283.jpg

愛犬サンボも元気です。
サンボはいいですね、いつ会っても変わらぬこの愛くるしさ。
そばに寄り添ってくれると癒されます。。。


なんつてのんきなことを言っている場合ではないのですよ。
潮回りに完全に合わせたこの釣りスケジュール。
さらにオープンしたてのウズパスケートパーク。
釣って滑って食って飲んでの1週間。
お世話になります。
こんな一方的旅人を迎えてくれる鞄屋に感謝であります。
posted by sexysugi at 05:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤゴエクステ

IMG_9218.jpg

組長がこさえた、例のエクステに挑戦してきました。

IMG_9220.jpg

これか。
反対側からドロップしてこいつにアタックするわけなんですが。。。

IMG_9221.jpg

結構むずかしいですよ。
プールコーピングも塗装がしてあるので良く滑ります。
そのうちこの塗装が剥げて来たらゴリゴリしてくるんでしょうね。
これからの季節、インドアパークが調子よいですので、また攻め込んでみたいと思います。

あと、こっちに来たらいい銭湯が帰り道に2軒あるので、その日の気分で風呂も攻めれます。

年末に向けてまだまだやりますよ!!
posted by sexysugi at 04:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜夜ルアーフッコ

横浜港のボート釣りに行ってきました。

IMG_8824.jpg

海外から取り寄せた、アメリカの80年代のリール。
これは未使用品でした!
この番手はあまり出回らないので、かなりアガりました。
コレクションにはしないので、そっこーで糸を巻いて実践投入!

IMG_9190.JPG

てなわけで現場。
11月の初頭、フッコ釣りの最盛期。
僕お好みの古いアメリカのルアーをいろいろと投げて、しっかり釣れました。

IMG_9200.JPG

最先端には無い、独自のルアーらしさ。
古い道具でちょいと不便かつ半信半疑の釣りもまた面白み倍増なわけです。

IMG_9199.JPG

こういったルアーでアタリを感じた時の高揚感ったら、、、
操ってるのを実感しながらの操作感といい、「おお〜キターーー!」ってマジ最高なんですよ。
出会った1匹の価値が違う。
それです。
posted by sexysugi at 04:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

bluth skateboards Stainless Cup -The Spot Drunker-

弊社はついに食器をリリースしました。

Spotdrunker-cup3 のコピー.JPG

ステンレス製のカップです。
なんと縮んで小さくなります。
これはスケート後のスポットで、または釣りやキャンプのスポットで
カシャっとだしてトクトクトク.....
って出来ちゃいます。
な、男の逸品であります。

サイズは
76mm × 32mm (カップが出ているとき 79mm × 74mm)
250ml

ロックに最高のサイズです。
アンティークショップに並んでそうな佇まい。
オリジナルの刻印がドシブでございます。

Spotdrunker-cup2 のコピー.JPG

蓋を裏返して、ナッツなどのおつまみを入れるのにもバッチリ。

※カップ部分を延ばす時は少し強めに引っ張って下さい。
でないと自動的に引っ込んで飲み物がこぼれてしまいます。
畳む時は手のひらでぺしゃっとやれば引っ込みます。
posted by sexysugi at 20:37| bluth skateboards | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

(スピニング)リールコレクター

金ブナ釣りを楽しんだあと、その足でとある釣具店へ行きました。
そこのオーナーさんはビンテージリールのコレクターだそうで
この師が凄いのはスピニングリールのコレクターだ、ということでした。

IMG_9062.JPG

いや〜ありますねえ、こんなショーケースが6個くらいあって
例のスエーデン製の有名なのからヨーロッパ、アメリカ、そして国産の無名なのまで
無いものは無いってくらいあります。
スピニングリールの起源は1902年に作られたものがそうなんだとかで、それも
ありました!
うおおお、まじかよ、ハンパねえ〜
この言葉しか出ません。
電動スピニングリールとかもあるんですよ。
想像出来ますか??

IMG_9063.JPG

IMG_9072.JPG

僕的にはスイス製のレコードとか、ボディがまるっこいのが可愛くて気に入りました。
それらを真似た日本製のリールとか、釣り道具の歴史がここで垣間みれました。
ハーフベイルもかっこいいですねえ。
ラインローラーなんか付いてないんですよね。
昔、上州屋で売っていた500円のパックロッドと350円のリールがありましたが
それを思い出しました。

ここにある以外に別に移動してしまった、より希少性の高いものもまだあるんだとかで
この師の変態っぷりに完全にぶっ飛ばされました。

IMG_9064.JPG

さらにこれがすげえ
日本の中小企業のリールで言うと大森製作所のマイコンくらいなら
僕が子供の頃存在してましたのでわかりますが

これはなんとカメラのミノルタ社製のリール。
全ラインナップ揃ってます!
このカクカクデザインといい、素材のクオリティといい、他社のそれとは
一線を画す存在感がすごかったです。
こんなものがあったのか。。。
ドゥフ、、、久しぶりに出ましたよ。

IMG_9073.JPG

マミヤ製のリールもありますが、ミノルタですよ、ミノルタ。
いや〜
ドゥフ。。。

アブねーもの、見ちゃいましたね。
本物の変態に会ってしまいました。

自転車で言うところのサンツアーとか極東あたりのリールってのもあるんですよ。
その辺もチェックしてみたいと思いますね。

ベイトリールなら世界あまねく沢山のコレクターがいますが
そこでスピニング専門ってとこがまじハンパねえ。
てかあらためてやっぱりカーディナル3はサイズデザイン共に秀逸であるのが
良く分かりました。
モダンデザインですね。
posted by sexysugi at 01:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金ブナ釣り

先日、久しぶりに千葉に行ってきまして、大先生のところで飲んで来ました。

IMG_9040.JPG

そろそろ20年くらい? のお付き合いをさせて頂いておりますので
来いよ、はい、土曜、泊まり、8時くらい
くらいのワードで全て完了。
行けば僕の好きそうなメニューが揃っております。
いつもお世話になっております。

IMG_9053.JPG

で、翌日。
田んぼの隅っこ、とある小さな水たまりのようなポイントへ。

IMG_9055.JPG

ここで、金ブナ釣りを楽しみました。
解る人には解るこのころころした魚体、なんともかわいい。
小物釣りの道具で、ちょこちょこやるのですがこれがまたたまらんのです。

ロケーションの里山の原風景といった感じで、段々になった畑の地形とぽつぽつ
建っている瓦屋根の民家がなんとも情緒的。
こういった日本の古い風景の中でやる野遊びの原点は今出来るうちにしか
チャンスはありません。
こんな小さな世界での小さな生命、でもちょっとエキサイティングな釣り。
釣れると、おお〜いたいた、よしよし!
やっぱりかわいいなあ〜うんうん。
と現存を確認して納得します。


そこで静かに暮らしている金ブナ達は現在では準絶滅危惧種と認定されていて
こうしたいずれは消え行く種族に我々敬意を感じながら釣り糸を垂れています。

自分にとってだけかもしれませんが、本来の本当に素晴らしく魅力のあるものとは
人々は気づくことも無くただ時間と共に風化し
消え行くものであると日々感じている次第であります。

気づいたらみ〜んな過ぎ去ってしまって
自分自身もただぼーっと生きて死んでゆくような人生
とはあまりにも悲しすぎる!
と思うわけです。

今年ももう終わりに近づきつつありますが
今年はいろいろなものが過ぎ去って行きました。
posted by sexysugi at 01:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大田フェスタ2018

しかしまあ、早いもんでもうこのシーズンです。
ってことは釣りもバッチリでいろいろ楽しみなことが始まる月でもあります。

IMG_9031.JPG

今年はミニランプは無いのですが、チョロッツアンコーナーが広々して
それぞれ燃えられるようになりました。
みなさん終始滑り続けられるのが印象的でした。
偏屈チョロコーナーも欲しいですぬ。

IMG_9032.JPG

ここにきたら次男棒バーガーを食べなきゃ始まりません。
それとコーヒー割り。

IMG_9033.JPG

今回のはローストビーフサンド。
これがまたニクニクしてて激烈うめい。
で、飲み食いしつつ久しぶりの皆さんとお喋りするのがこれまた楽しい。

IMG_9034.JPG

久しぶりに会う、例の弟の子供が大きくなってまして、ビックリしたことに
僕が彼くらいの歳の頃とソックリなんですよ。
まあ、例の弟が僕に似ていたから弟な訳でして、その子供も似てしまうのが
ウケますね。
しかし似過ぎていてびっくり。

IMG_9038.JPG

夜の部も燃えております。
てかこのセクションの形態ですと、長時間滑れちゃうんですよね。
みんなスケートゲームしたり、2台あるクオーターのキャニオン超えとか挑戦して
盛り上がっておりました。


草の根活動のスケートボードイベントの元祖、大田フェスタは今年でもう19年!
すでに来年に向けての計画もあるそうで、ダンナもニンマリしとりました。
posted by sexysugi at 01:10| sk8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする