2018年11月19日

bluth skateboards Stainless Cup -The Spot Drunker-

弊社はついに食器をリリースしました。

Spotdrunker-cup3 のコピー.JPG

ステンレス製のカップです。
なんと縮んで小さくなります。
これはスケート後のスポットで、または釣りやキャンプのスポットで
カシャっとだしてトクトクトク.....
って出来ちゃいます。
な、男の逸品であります。

サイズは
76mm × 32mm (カップが出ているとき 79mm × 74mm)
250ml

ロックに最高のサイズです。
アンティークショップに並んでそうな佇まい。
オリジナルの刻印がドシブでございます。

Spotdrunker-cup2 のコピー.JPG

蓋を裏返して、ナッツなどのおつまみを入れるのにもバッチリ。

※カップ部分を延ばす時は少し強めに引っ張って下さい。
でないと自動的に引っ込んで飲み物がこぼれてしまいます。
畳む時は手のひらでぺしゃっとやれば引っ込みます。
posted by sexysugi at 20:37| bluth skateboards | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

(スピニング)リールコレクター

金ブナ釣りを楽しんだあと、その足でとある釣具店へ行きました。
そこのオーナーさんはビンテージリールのコレクターだそうで
この師が凄いのはスピニングリールのコレクターだ、ということでした。

IMG_9062.JPG

いや〜ありますねえ、こんなショーケースが6個くらいあって
例のスエーデン製の有名なのからヨーロッパ、アメリカ、そして国産の無名なのまで
無いものは無いってくらいあります。
スピニングリールの起源は1902年に作られたものがそうなんだとかで、それも
ありました!
うおおお、まじかよ、ハンパねえ〜
この言葉しか出ません。
電動スピニングリールとかもあるんですよ。
想像出来ますか??

IMG_9063.JPG

IMG_9072.JPG

僕的にはスイス製のレコードとか、ボディがまるっこいのが可愛くて気に入りました。
それらを真似た日本製のリールとか、釣り道具の歴史がここで垣間みれました。
ハーフベイルもかっこいいですねえ。
ラインローラーなんか付いてないんですよね。
昔、上州屋で売っていた500円のパックロッドと350円のリールがありましたが
それを思い出しました。

ここにある以外に別に移動してしまった、より希少性の高いものもまだあるんだとかで
この師の変態っぷりに完全にぶっ飛ばされました。

IMG_9064.JPG

さらにこれがすげえ
日本の中小企業のリールで言うと大森製作所のマイコンくらいなら
僕が子供の頃存在してましたのでわかりますが

これはなんとカメラのミノルタ社製のリール。
全ラインナップ揃ってます!
このカクカクデザインといい、素材のクオリティといい、他社のそれとは
一線を画す存在感がすごかったです。
こんなものがあったのか。。。
ドゥフ、、、久しぶりに出ましたよ。

IMG_9073.JPG

マミヤ製のリールもありますが、ミノルタですよ、ミノルタ。
いや〜
ドゥフ。。。

アブねーもの、見ちゃいましたね。
本物の変態に会ってしまいました。

自転車で言うところのサンツアーとか極東あたりのリールってのもあるんですよ。
その辺もチェックしてみたいと思いますね。

ベイトリールなら世界あまねく沢山のコレクターがいますが
そこでスピニング専門ってとこがまじハンパねえ。
てかあらためてやっぱりカーディナル3はサイズデザイン共に秀逸であるのが
良く分かりました。
モダンデザインですね。
posted by sexysugi at 01:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金ブナ釣り

先日、久しぶりに千葉に行ってきまして、大先生のところで飲んで来ました。

IMG_9040.JPG

そろそろ20年くらい? のお付き合いをさせて頂いておりますので
来いよ、はい、土曜、泊まり、8時くらい
くらいのワードで全て完了。
行けば僕の好きそうなメニューが揃っております。
いつもお世話になっております。

IMG_9053.JPG

で、翌日。
田んぼの隅っこ、とある小さな水たまりのようなポイントへ。

IMG_9055.JPG

ここで、金ブナ釣りを楽しみました。
解る人には解るこのころころした魚体、なんともかわいい。
小物釣りの道具で、ちょこちょこやるのですがこれがまたたまらんのです。

ロケーションの里山の原風景といった感じで、段々になった畑の地形とぽつぽつ
建っている瓦屋根の民家がなんとも情緒的。
こういった日本の古い風景の中でやる野遊びの原点は今出来るうちにしか
チャンスはありません。
こんな小さな世界での小さな生命、でもちょっとエキサイティングな釣り。
釣れると、おお〜いたいた、よしよし!
やっぱりかわいいなあ〜うんうん。
と現存を確認して納得します。


そこで静かに暮らしている金ブナ達は現在では準絶滅危惧種と認定されていて
こうしたいずれは消え行く種族に我々敬意を感じながら釣り糸を垂れています。

自分にとってだけかもしれませんが、本来の本当に素晴らしく魅力のあるものとは
人々は気づくことも無くただ時間と共に風化し
消え行くものであると日々感じている次第であります。

気づいたらみ〜んな過ぎ去ってしまって
自分自身もただぼーっと生きて死んでゆくような人生
とはあまりにも悲しすぎる!
と思うわけです。

今年ももう終わりに近づきつつありますが
今年はいろいろなものが過ぎ去って行きました。
posted by sexysugi at 01:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大田フェスタ2018

しかしまあ、早いもんでもうこのシーズンです。
ってことは釣りもバッチリでいろいろ楽しみなことが始まる月でもあります。

IMG_9031.JPG

今年はミニランプは無いのですが、チョロッツアンコーナーが広々して
それぞれ燃えられるようになりました。
みなさん終始滑り続けられるのが印象的でした。
偏屈チョロコーナーも欲しいですぬ。

IMG_9032.JPG

ここにきたら次男棒バーガーを食べなきゃ始まりません。
それとコーヒー割り。

IMG_9033.JPG

今回のはローストビーフサンド。
これがまたニクニクしてて激烈うめい。
で、飲み食いしつつ久しぶりの皆さんとお喋りするのがこれまた楽しい。

IMG_9034.JPG

久しぶりに会う、例の弟の子供が大きくなってまして、ビックリしたことに
僕が彼くらいの歳の頃とソックリなんですよ。
まあ、例の弟が僕に似ていたから弟な訳でして、その子供も似てしまうのが
ウケますね。
しかし似過ぎていてびっくり。

IMG_9038.JPG

夜の部も燃えております。
てかこのセクションの形態ですと、長時間滑れちゃうんですよね。
みんなスケートゲームしたり、2台あるクオーターのキャニオン超えとか挑戦して
盛り上がっておりました。


草の根活動のスケートボードイベントの元祖、大田フェスタは今年でもう19年!
すでに来年に向けての計画もあるそうで、ダンナもニンマリしとりました。
posted by sexysugi at 01:10| sk8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マコちゃん原画展

お友達の画家が師の原画を集めた展覧会を行いました。

IMG_9024.JPG

師の作業机。
わざわざそのまんま家から持って来たのだとか。

IMG_9023.JPG

スケートボード関連の画が多く見受けられ。。。

IMG_9028.JPG

なんとスクリーミングハンドの30周年記念のアートプロジェクトにも参加
しとります。
和風の風味が良く生きた、素晴らしい逸品。
僕はポスターを持っています。

IMG_9026.JPG

さらにOJウイールまで!!
いやあ、NHSからオファーが来るって、ハンパないですよね。
龍のグラフィックがかなりイカしとります。

IMG_9027.JPG

さらにさらに、サンタクルーズのデッキも!!
こちらはライダーさんから直々にオファーが来たんだとか。
この師に目を付けるのが素晴らしい。

スケーターもそうですが日本人アーティストのこれからの活躍、目を見張るものが
ありますね。
ええ〜、こんな人が居たの!?
なんつって、びっくり仰天なデビュー、期待大でございます。
マコちゃんおめでとう!
posted by sexysugi at 00:58| sk8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フッコ釣りシーズン本番

最近、夜な夜な、海上パトロールに出かけておりますが
フッコ釣り最盛期のシーズンの到来を感じさせて頂いております。

FullSizeRender_1.jpg

場所を選定し、潮位と時間を見てポイントへ出撃。
するとバッチリいいサイズのフッコ(スズキクラスも)猛烈にルアーにアタックして
きます。

FullSizeRender.jpg

いつもどおり、お気に入りのアメリカンルアーをピンスポットに流してガッツリバイト。
MLクラスのベイトロッドがバットまでしなります。
丁寧にネットでランディングしました。

IMG_8945.JPG

う〜ん。。。
ホットタイガーいいですねえ。
こういったカラーリングのルアーで狙うのもまたこの釣りの楽しみ方。
今シーズン、寒冷前線が遅れてしっとりした夜風が続いてまして
まだまだ行けそうなので、時間を見てまた出撃っすね。

IMG_8951.JPG

帰りは健康食品を、撮った魚の写真を見ながら食べるのが流れです。
また趣味のルアーが増えそうな予感であります。
posted by sexysugi at 00:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SHOOT TO EAT

IMG_8995.PNG

ジビエ料理店をやられている、お友達の猟師さんが、VICEのウェブマガジンで
紹介されました。
このお方、御自身で狩りに行って、鹿とか猪とか熊とか獲って来ちゃいます。
そんで、お店で食べさせてくれちゃいます。

スクリーンショット 2018-11-07 0.30.51.png

師はいろんな経歴がありまして、いつもお話しさせて頂くとぶっ飛んでておもろいです。
食に対するこだわりはかなりのもので、動画を見て頂けると全て解ると思います。

IMG_8994.PNG

なんだか見覚えのあるお帽子をお召しになっておられますね。



是時ご覧下さい!!
posted by sexysugi at 00:37| bluth skateboards | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

bluth skateboards bluth Hand made studs leather belt custom order

tumblr_pdw3b65By51qa808co1_1280.jpg

IMG_8338.jpg

こちらの弊社スタッズベルトのご案内。
最近、ギタギタになった僕のベルトを見て急に注文が増えて嬉しい限りでございます。
インスタのメールやら、駒沢で口頭で注文が入っております。
そこで、遠方の方にもお気軽にご注文可能なウェブショップページを用意いたしました。


ベルトページのリンク
http://bombspender.com/?pid=135940285



IMG_8690.PNG

こちらで、注文後、ベルトの寸法を1センチ単位でご指定頂ければ1ヶ月ほどで
お手元に届きます。

IMG_8689.PNG

普段お使いのベルトのバックルから穴までの距離を計って頂き、その長さを
製品のバックルから5つある穴の真ん中に合わせて制作します。

IMG_8339.jpg

IMG_8340.jpg

IMG_8341.jpg

IMG_8337.jpg

以外と我々素人目にはこんなもんバックル付けて穴開けりゃベルトだべよ。
と、出来上がったものを見て喜んでいるだけで、簡単に考えておりましたが
こんな感じで職人さんがテストして行程を見せてくれました。
人間の目と手がいろいろな刃物を使って制作する革製品の作業は
木工にも通づると感じました。


コバ処理で端を丸く削り、さらに細かいヤスリで磨いて薬剤でツルツルに仕上げます。
193個ものスタッズを付ける為に位置を決めてひとつずつツメを手作業で曲げて固定します。
バックル付けも、革が重なる部分は薄く削いで、手縫いで止めます。
そして表面仕上げ。
と、沢山の行程があり、しかもどれも均一なクオリティで仕上がっています。
ヌメ革というのも、他の色の革より高価なものだったりします。


ちなみに僕が2年間スケートで汗まみれにしてコケて擦って、これほどギタギタになっても
むしろ柔らかくなって色もいい色に変わってゆく。
スタッズ、バックルもコーティングが禿げて中の真鍮が見えてきます。
使用後、太っても痩せても上下6センチのゆとりもあります。
そんな先のことも考慮し、厚さ4.5mmの牛革を使用し、かなりタフな仕様になっております。


こんないいものギタギタにしやがってもったいね〜
なんて思っているうちに自分の人生が終わっちゃいますから〜
posted by sexysugi at 00:56| bluth skateboards | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨコハマ

なんだか最近、久しぶりの方々によく再会する出来事が数多く起こっています。
先日のチョナルド師に続いて今度はバンコクのスケーターT師が駒沢にやって来て
ばったり!
おお〜ひさしぶりねえ〜
と、盛り上がってじゃあ明日横浜行こう!
と、ご案内。

IMG_8874.JPG

まずは黄金町のここ。
師はバンコクでコンクリートのパークを作ってらっしゃってて、普段えぐめのとこで
滑っているのでここはどうかと。

IMG_8883.jpg

これも凄かったです。
「歯が立たない」という言葉、久しぶりに使った気がします。

IMG_8886.jpg

からのこっち。
やっぱ新横は広いですね。しかも路面が速い!
あそこのラウンドコーナーでぐるりとやって行ったり来たりで楽しかったです。
ひとしきり滑ったら。

IMG_8887.jpg

こいつでしめました。


最近では海外から観光旅行しつつ滑りに来る諸外国人の方々が増えております。
英会話なんぞ、スマホで翻訳して単語が話せりゃいいんだから、気軽に話しかけて
お友達になっちゃいましょう。
posted by sexysugi at 00:34| sk8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チョナルド・マ 東京進出

大阪のハイパー溶接クリエイターのチョナルド・マさんが
ついに東京で個展をしました。

IMG_8854.jpg

全部鉄で出来ていて、溶接されています。
彼はあまり関西方面からでてこない方で、こっちではあまりなじみの無い方でしたが
このハンパない世界観は通常のツボでは抑えきれないセンスですので
我々に近い者たちにはズッポシきていたようです。

IMG_8856.jpg

これ、工場地帯のジオラマ。なんですが、ひとつひとつは香炉になっていまして
中にお香を仕込むことが出来ます。
ゲットーエリアのダークな感じがタマランですよね。

IMG_8853.jpg

でもたまに可愛らしいのも作ります。

IMG_8850.jpg

あとこれ。
これは師のインスタで拝見して、実物を見る日がついに来たのがブチ上がりました。
このフォルムといい、実際に錆びさせてるとことか、解る者には解るこの変態さかげん。

師の、誰にも理解されようとは全く思ってないこの潔さっぷりにいいパワーもらっています。

http://blogsugi.seesaa.net/article/223229025.html
http://blogsugi.seesaa.net/article/245590270.html

この記事も懐かしいですぬ。
posted by sexysugi at 00:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする